11職務質問

12.所持品検査

13.自動車検問

14.検 視

15.告 訴

16.告 発

17請 求

18.自 首

19.被害届

20.逮 捕








20.被疑者に対して最初に行われる強制的な身体拘束処分であり、法に定められた短時間の留置という効果を伴うもの(目次へ<< >>次ページへ



19.犯罪の被害者が、犯罪による被害の事実を公務員に申告するために提出する書面(



18.犯罪事実又は犯人がだれであるかが捜査機関に発覚する前に、犯人自ら捜査官に対して、犯罪事実を申告し、訴追を求めること(



17.一定の機関が犯罪事実を申告してその訴追を求める意思表示(



16.第三者(告訴権者及び犯人以外の者)が、捜査機関に対し、犯罪事実を申告し、その訴追を求める意思表示(



15.犯罪の被害者その他一定の者(告訴権者)が、捜査機関に対し、犯罪事実を申告し、犯人の訴追を求める意思表示(



14.変死又はその疑いのある死体について、その状況を五官の作用で見分すること(



13.犯罪の予防・検挙のため警察官が、進行中の自動車を停止させ、必要な事項を質問すること(



12.所持品の外部を観察して質問する行為、・所持品の開示を要求し開示されたらこれを検査する行為、・所持人の承諾のないときに、所持品の外部に触れる行為、・所持人の承諾のないときに、内容物を取り出し、検査する行為(という4段階の態様)(



11.挙動不審者・被害者・これらに関係する第三者に対する、警察官の(1)停止、(2)質問、(3)任意同行の総称(狭義では(1)(2)、広義では(1)〜(3))(