ガイダンス 司法試験(司法試験予備試験/法科大学院)

親子で学ぶ!大学1年生のための進路セミナー~1年生の今「知っておくべきこと」「やっておくべきこと」~【第2部】司法試験編

【こんな方にオススメ】

  • はじめて学習する方
  • 大学1年生の方
  • 保護者の方

★ガイダンスは、2部制で実施致します。
 どちらかのご参加、両方のご参加も可能です。

 【第1部】公務員試験編 11:00~12:30
 【第2部】司法試験編 14:00~15:30


★保護者様同伴はもちろん、ご本人のみ・
 保護者様のみのご参加でも可能です。

★それぞれ予約は不要です。

大学生活をスタートさせた今だからこそ、将来の自分にできることを考えよう。

法律家(弁護士・検察官・裁判官)や公務員が将来の進路として気になっている、大学1年生のためのガイダンスです。
どんな学習でも、試験制度や学習方法への正しい情報収集がまずはその第一歩。

これまで多くの合格者を出して続けてきた伊藤塾だからこそ伝えられる、
大学1年生の今「知っておくべきこと」「やっておくべきこと」を学びます。


難関資格と言われる司法試験。
そのイメージから自分には到底無理なのでは、と躊躇してしまう1年生が多くいらっしゃるようです。
 
しかしながら現在の司法試験は「これまででもっと受かりやすい時代」と言われ、難関というイメージを払拭するかのごとく、年齢や学歴、文系・理系を問わず、近年多くの合格者が誕生しています。
 
 このガイダンスではこれまで多くの合格者を見続けてきた伊藤塾長が、予備試験ルート・法科大学院ルートにおいて、大学1年生の今知るべきこと・やるべきことを余すことなくお伝えします。


第1部からの参加をご希望の方は、以下をご覧ください。
 https://www.itojuku.co.jp/event/detail.php?shiken_B&eid=1422


担当講師

  • 伊藤 真 塾長

    弁護士・日弁連 憲法問題対策本部 副本部長。
    1981年東京大学法学部在学中に司法試験に合格。以後司法試験受験指導を開始。大学卒業後司法研修所入所。司法修習修了と同時に弁護士登録。1995年、司法試験指導のキャリアを活かし「伊藤真の司法試験塾(現 伊藤塾)」を開塾。「合格後を考える」という独自の指導理念は多くの受験生の賛同を得ている。
    2009年から一人一票実現国民会議 の発起人として、議員定数不均衡問題に取り組んでいる。また、2014年5月、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に反対する憲法学者や元政府関係者らとともに「国民安保法制懇」を立ち上げる。2015年9月には、参議院「平和安全法制特別委員会」の参考人として意見陳述をする。
    NHK「日曜討論」や「仕事学のすすめ」、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」などにも出演。様々な媒体を通じて多くの方に向けたメッセージを日々発信している。


  • このイベントを共有する

イベントの種類

  • ガイダンス

    入塾を検討している方向けのイベントです。 担当講師が、講義の進め方、合格の秘訣、試験情報などを詳しく説明します。 また、参加者には様々な特典もご用意しています。

  • 無料体験受講

    実際に開講している講義を無料で体験することができます。 講義の内容や雰囲気などを知っていただく好機です。

  • 無料公開講座

    試験分析や対策、学習方法など、その時々に必要な情報を講義形式でお伝えします。 校舎での受講またはインターネット受講を、ご都合に応じて選択できます。

  • 合格後を考えた取り組み

    “どんな法律家になりたいのか”をイメージすることは、学びの強い動機づけになります。 そこで伊藤塾では、活躍中の法律家の方々の話を伺う「明日の法律家講座」「明日の司法書士 講座」「明日の行政書士講座」など、様々な企画やイベントを実施しています。