ガイダンス 行政書士試験

伊藤塾長×志水講師対談~合格発表までの過ごし方~

【こんな方にオススメ】

  • すでに学習中の方
  • 社会人の方


令和2年(2020年)度 行政書士試験を受験された皆さま。

本試験、お疲れ様でした。

本試験を受けて、現在、さまざまな状況の方がおられると思います。

すべての方に共通すること。

それは、

「次の一歩をどう踏み出していけばよいのか」

です。

今回のイベントでは、伊藤真塾長と志水晋介講師が合格発表までの過ごし方」をお伝えいたします。

ぜひ、当イベントを有効にご活用いただければと思います。


担当講師

  • 伊藤 真 塾長

    弁護士・日弁連 憲法問題対策本部 副本部長。
    1981年東京大学法学部在学中に司法試験に合格。以後司法試験受験指導を開始。大学卒業後司法研修所入所。司法修習修了と同時に弁護士登録。1995年、司法試験指導のキャリアを活かし「伊藤真の司法試験塾(現 伊藤塾)」を開塾。「合格後を考える」という独自の指導理念は多くの受験生の賛同を得ている。
    2009年から一人一票実現国民会議 の発起人として、議員定数不均衡問題に取り組んでいる。また、2014年5月、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に反対する憲法学者や元政府関係者らとともに「国民安保法制懇」を立ち上げる。2015年9月には、参議院「平和安全法制特別委員会」の参考人として意見陳述をする。
    NHK「日曜討論」や「仕事学のすすめ」、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」などにも出演。様々な媒体を通じて多くの方に向けたメッセージを日々発信している。

  • 志水 晋介

    受験指導歴10年以上の実績!! 講義にこめる教育者魂!

    ある日、志水晋介講師がポツリと言いました。「今年こそは受講生全員を合格させたい」
    合格率が10%を下回るような試験で、何百人と受講生を担当する講師が本気で言っているのか?と疑問を持ちそうなところですが、この言葉が本気であることは講義を受ければ分かります。
    講義の際の受験生を後押しするメッセージや情熱はハンパではありません。

    2001年 行政書士試験合格
    現 特定行政書士、海事代理士、ビジネス法務エグゼクティブ(ビジネス実務法務検定1級合格)、マンション管理士、宅地建物取引士
    指導歴: 2001年から行政書士試験の受験指導を始める。大学の非常勤講師としても2015年から教壇に立つ。


  • このイベントを共有する

イベントの種類

  • ガイダンス

    入塾を検討している方向けのイベントです。 担当講師が、講義の進め方、合格の秘訣、試験情報などを詳しく説明します。 また、参加者には様々な特典もご用意しています。

  • 無料体験受講

    実際に開講している講義を無料で体験することができます。 講義の内容や雰囲気などを知っていただく好機です。

  • 無料公開講座

    試験分析や対策、学習方法など、その時々に必要な情報を講義形式でお伝えします。 校舎での受講またはインターネット受講を、ご都合に応じて選択できます。

  • 合格後を考えた取り組み

    “どんな法律家になりたいのか”をイメージすることは、学びの強い動機づけになります。 そこで伊藤塾では、活躍中の法律家の方々の話を伺う「明日の法律家講座」「明日の司法書士 講座」「明日の行政書士講座」など、様々な企画やイベントを実施しています。