熱血!森先生のモリエール

あなたの合格を森がズバッと支えます!!

※写真をクリックいただくと呉講師のプロフィールページをご覧いただけます。

森 広志講師

2004年 平成15年度行政書士試験合格(合格率2.89%)
      宅地建物取引主任者資格試験合格
2008年  埼玉県行政書士会登録

【指導歴】
2000年 大手学習塾にて大学受験指導を務める。
2005年 行政書士試験の講師を務め、現在に至る。

現在、伊藤塾 行政書士試験科講師として、「合格講座」をはじめ、「短期集中講座」、「夏期・直前対策講座」etc、多数の講義を担当。また、行政書士試験科メールマガジン「かなえ~る」では、人気コーナー「熱血!森先生の「モリエール」」を執筆し、You Tubeにおいては「うかる!行政書士過去問解法パワフル実況中継!」シリーズを含めた数多くの企画を担当するなど、マルチな活躍を見せている。


今年は中級コースであなたの合格をがっちりサポートします!!~11/30(土)まで最大50%OFF!!~
 
今年は全国の皆さんの合格をよりサポート!!~今なら最大90,000円OFF+先行配信特典付き!!~
 

第129回 無理はなさらないでください。でも…

2018.11.21

 
 
皆さん、こんにちは。
あなたのお側にモリエールのお時間です。
 
 
本試験が終わり、行っていただきたいのは
自己採点なのですが
 
 
でも、
 
 
「やっぱり恐くて自己採点できない・・」
 
 
そういう方も多くお出でいらっしゃいますよね。
 
 
 
そんな方に、モリエールから一言。
 
 
「無理はなさらないでください。」
 
 
色々あった中で、
本試験を受けることができただけでも
すごいことだとモリエールは思います。
 
 
ですのて、無理のしすぎは禁物です。
 
 
 
ただ、この先どう進むべきか
は考えなきゃですよね?
 
 
お一人で考えすぎると
不安ばかりが募ってしまうでしょう。
 
 
そんなあなたにモリエール。
 
 
「一緒に考えませんか?」
 
 
伊藤塾では、東京校(TEL:03-3780-1717)に
ご予約のお電話をいただければ
 
 
全国どなたでも対面・お電話での
カウンセリングができます。
(カウンセリング枠には限りがありますのでご予約はお早めに)
 
 
「思い立ったらカウンセリング」
 
 
きっとあなたに合った次の一歩が見つかるはずです。
 
 
あなたのお電話、お待ちしてます。
 
 
では、また!
 
 
 
 


第128回 NO MORE 諦め

2018.10.31

 
 
皆さん、こんにちは。
 
 
「好きな言葉は〜ポジティブです!」
でおなじみ、モリエールのお時間です。
 
 
さっ、いよいよ本試験まで限られた時間と
なってきました。
 
 
これまで、なかなか思うように
学習が進まなかった方。
 
 
結構おられると思います。
 
 
まさか、もう諦めてないですよね⁈
 
 
 
心が折れそうなあなたへ
モリエールから一言。
 
 
 
 
「アレ、押しちゃいましょう!」
 
 
 
はい、最後の「リセットボタン」です。
 
 
 
今までのわだかまりは
 
 
ここで一気に
 
 
Let'sリセット」です。
 
 
 
今から、新たな気持ちで、
いよいよラストスパートといきましょう!
 
 
 
明日から本試験前日まで、
まだ時間があります
 
 
「○日しかない」ではなく
 
 
「○日もある」です。
 
 
 
本試験までまだある時間の中では、
まだまだやれることがたくさんありますよ。
 
 
 
・答練、模試の復習
・苦手分野の確認
・判例、条文のチェック
・テキストの総ざらい
・モリエールの読み直し(コレは、いらないか・・)等々。
 
 
 
ねっ、結構色々できますでしょ?
 
 
 
お仕事をしながらの方は、
スキマ時間を何とか見つけながらの
学習になりますが
 
 
諦めるのだけはもったいない。
 
 
 
NO MORE 泥・・』
 
 
 
もとい
NO MORE 諦め』です!
 
 
 
試験日までの残り時間。
走り切るのにちょうどいい期間だと
モリエールは思います。
 
 
 
「3ヶ月間、全力で走り続けてください。」
と言われても
 
「え〜、ちょっと長いよ・・」となりますが
 
 
ここまでくれば、あとは
何とかいける気がしませんか?
 
 
 
いや、皆さんならいけます!
 
 
 
もう一回。
 
 
『皆さんなら、いけます!』
 
 
 
さあ、いよいよ今ここからです。
 
 
 
やれるだけのことはやって
最後まで走り抜けましょう!
 
 
ポジティブマスター モリエールでした。
 
 
 
 


第127回 ガンバルあなたへ モリからの応援メッセージ

2019.8.27

 
 
皆さん、こんにちは。
 
 
 
モリエール、実は「書」を
ちょっとだけたしなんでおりまして
 
 
 
がんばる皆様に「書」で
メッセージを書いてみました。
 
 
 
受け取っていただけたら
モリエール、とてもうれしく思います。
 
 
 
あなたのために
 
 

 
 
 
いろいろ、今は大変な時期と思いますが
学習は「継続」が合格を生みます。
 
 
 
 
 
Let's 継続!
 
 
 
 
 
さあ皆さん、
一緒に気合い入れていきましょう!!
 
 
 
 

第126回 何卒、凹まないでください!

2018.10.24

 
 
皆さん、こんにちは。
 
 
「モリエールの半分は、優しさでできています」
・・はい、モリエールのお時間です。
 
 
あっ、残りの半分は「情熱」でできています。
(聞いてないですね・・)
 
 
 
皆さん、模試お疲れ様でした。
 
 
どうでしたか?
 
 
ふむふむ・・
 
 
ですよね〜
 
 
うまくいかなかった方・・
 
 
 
『何卒、凹まないでください!』
 
 
 
「模試では取れなくても、覚えられそうなところは覚えて、
 本番に持っていこー」
 
 
と切り換えていきましょう!
 
 
・・はい、ですよね。
そんなに都合よくは切り換えられないですよね〜(泣)
 
 
凹むなと言われても、凹みますよね〜(泣)
 
 
ところで、これご存知の方結構いるんですけど、
受験時代の森T、(ちょっと先ですが)最後の模試の
結果はどうだったか?
 
 
はい、一般知識等で基準点以下で
記述式も採点されませんでした。
 
 
おまけに行政法も半分しか
取れませんでした。
 
 
そりゃ、凹みますよ。かなり(悲)。
今までやってきたのに、この有様ですから。
 
 
でも、ずっと凹んでいても、
いいことは何もないので、
頑張ってこう気持ちを切り換えました。
 
 
 
『あっ、やっぱりこの試験、ナメちゃいけないんだな!』
 
 
と。
 
 
凹みながらも、歯を食いしばって、
間違えた問題をコツコツ覚えていたのを
昨日のことのように思い出します。
 
 
結果、気持ちを再度引き締めて、
最後の追い込みをかけることができました。
 
 
今になって思うと、この「凹んでからの引き締め」
が合格の要因だったのではないかと思います。
 
 
何事も捉え方次第です!
 
 
もはやモリエールのスローガンになりつつ
ありますが、
 
 
Let's ポジティブ!』
 
 
です。
 
 
模試の結果が思わしくなかった方。
 
 
大丈夫!
 
 
油断せずに、気持ちを引き締めるきっかけ
になって良かったと捉えてください。
 
 
そして、『Let's 前進!』です。
 
 
まだまだ、これからです!
 
 
さあ皆さん、
一緒に気合い入れていきましょう!!
 
 
 
 


第125回 森T版 気合いの入れ方

2018.10.10

 
 
皆さん、こんにちは。
 
 
「目・肩・腰にモリエール!」のお時間です。
今日もスッキリといきましょう!
 
 

先日、モリエール読者の方から
「モリエールの内容をメモに書き写して参考にしてます!」
とのお言葉をいただきました。
 
 
 
「恐縮です‼︎」m(._.)m
まさか、こんな有難いお言葉をいただけるとは(涙)
 
 
これからも、頑張って連載していきますねっ!

さて、今回も、前回に続き、「直前期、お悩みあるある」のコーナーでいきましょう!
 
 

今回は、こちら。
 
 
「森T〜、直前期なのに気合いが入りません。
 どうすれば、気合いが入りますか?」
 
 
です。
 
 

ふむ、直前期あるあるですね。
 

では、タイトルコール!
『教えて〜森T〜!』
 
 
今回のテーマは、
森T版『気合いの入れ方』です。
 
 
やはり、森T流気合いの入れ方は、
ちょっと変わってますので、あくまでも参考程度に。
 
 
森Tも、受験時代、な〜んか
気合いの入らない日がありました。
 
 
朝起きて、洗面台に向かうと、
鏡に映る顔からして、なんか気合いが入ってないんですよ・・(悲)
 

そこで、森T、鏡の中の自分に
声を掛けることにしました。
 

いろいろ、試してみました。
 
 
例えば、
「ファイト、頑張れ!」とか
「お前ならできる!」とか
「リーテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール」とか。
(最後のは、分かる方だけですみません・・)
 

その結果、1番スッと入ってきたのが、
 
 

「リーテ・ラトバリタ・・」
ではなくて
 
 

『大丈夫!』
 

というフレーズでした。
 

森T的には、シンプルなものが良かったようです。
 
 
朝いちばん、鏡に向かって「大丈夫!」。
 

なんか、大丈夫な気になっちゃうんですよ、これが。
 
 
以来、どうも気合いがイマイチの時や
勝負の時のお決まりになってます。
 
 

人間、「行動」を変えるには、
まず「意識」を変えねばなりません。
 
 
意識は、変えようと「思った」だけでは
なかなか変わらないものです。
 

「思い」は「形」に。
「鏡の自分にエール」
 

もしよろしければ、試してみてください。
 
 
 


第124回 森T版 不安との付き合い方

2018.10.03

 
 
皆さん、こんにちは。
 
 
一家に一台モリエールの
お時間がやってまいりました。
 
 
 
全国の隠れモリエールファンの皆さん
今日もブイブイいきましょう!
 
 
 
まっ、そもそも隠れなくてもいいんですけどね・・
 
 
 
さて、これからの直前期
よくお受けするお悩みで多いのが、
 
 
 
「試験が近づくにつれ、
 不安で不安でしょうがないです。助けて森T〜」
 
 
的なお悩みです。
 
 
では、タイトルコールまいりましょう!
『教えて〜森T〜!』
 
 
 
今回のテーマは
『不安との付き合い方』です。
 
 
 
一見、不安って、いやですよね〜
 
 
できれば
 
 
「不安をゼロにしたい」
 
 
って思いますよね〜。
 
 
 
でも、森T流の不安の捉え方は
ちょっと違います。
 
 
 
むしろ「不安をゼロにしちゃいけない」
というのが、森T流の持論です。
 
 
 
森Tが思うに
 
 
不安とは
 
 
「理想の自分と
 今の自分との間に差がある時」
 
 
に生ずるものです。
 
 
ってことは、裏を返せば
今の自分よりさらに進歩した自分を思い描いている
ってことですよね?
 
 
これって、いいことじゃないですか?
 
 
逆に、「不安がない状態」とは
今の現状で満足してしまって向上心がない状態
 
 
だと森Tは考えます。
 
 
これって、よろしくないですよね?
 
 
 
さっ、皆さんどうです?
不安の捉え方、
ちょっと変わったんじゃないですか?
 
 
 
「不安は、むしろ、あって良い」
 
 
 
ものです。
 
 
Come on!不安」
 
 
不安を味方にして、乗り切っていきましょう!
 
 
以上、ポジティブマスター
モリエールでした。 
 
 
 


第123回 問題を解く順番は、どうするのが一番いいですか?

2018.9.12

 
 
皆さん、こんにちは。
 
 
今日は第2弾ということで、
 
 
「教えて〜森T
 〜模試の効果的な受け方編その2
 
 
です。 
 
 
 
最近よく聞かれるのが、
 
 
「問題を解く順番は、どうするのが一番いいですか?」
 
 
です。
 
 
 
ん〜、答えは、やはり、
 
 
「ご自身が、一番解きやすい順番が良いです。」
 
 
となります。
 
 
 
?!答えになってない?
 
 
 
はい、確かに絶対にコレ!
っという正解がないのが現実です。
 
 
 
となると、こう聞かれます。
 
 
 
「森Tは、受験時代、どんな順番で解きましたか?」
 
 
 
ということで、
ここからは森T流の解き順ですので、
前回同様、参考にできるとこだけ
持っていって下さい。
 
 
 
T流は、「順番通り」です。
 
 
 
まずは、問題140まで、
前回の記事のように23問は後回しにして
解いていきます。
 
 
 
次に、多肢選択式。
あまり時間をかけ過ぎないように
意識しながら解きます。
 
 
 
そして、記述式。
ここは、いきなり解かずに
まず問題文を3題立て続けに見ます。
 
 
 
そうすると、あることが見えてきます。
 
 
もし、3題立て続けに見ただけで
書くべきキーワードが浮かんできた場合。
 
 
その年の記述式は、
そんなに時間をかけなくても大丈夫!
ということになります。
 
 
 
逆に、全然キーワードが出てこない場合。
これは、そこそこ時間をかけなければなりません。
 
 
この2パターンの場合分けにより、
 
 
その後の一般知識等を
 
「じっくり解くか」
「テキパキ解くか」
 
変えていきます。
 
 
 
といった具合です。
あくまでも参考程度にしてくださいね。
 
 
 
やはり、ご自身がしっくりくる解き方が一番ですので、
それを確立するのも『模試の効果的な受け方』であります。
 
 
 
さあ、いよいよ来月はハーフ模試!
 
いろいろ試して、
はっちゃけていきましょう!
 
 
 
 


第122回 教えて~森T『模試の効果的な受け方編』

2018.9.5

 
 
来月になれば
いよいよ「アレ」が始まりますよね。
 
 
そう、『模試』です。
 

では、早速タイトルコールいきますかっ!
 

教えて〜森T!
 
 
今回は
「模試の効果的な受け方編」です。
 

いろいろあるのですが
今回はそのうちの1つ。
 
 
 
模試最大の特徴は
 
「時間制限の中で解く」
 
です。
 
 
もちろん、これまで答練等も
時間制限の中で解いてきましたが
 
 
やはり複数の科目を同時に解くのは
模試ならではです。
 
 
 
ここからは、森Tが受験時代に試した
やり方ですので、参考にできるとこだけ
持っていって下さい。
 
 
 
模試では、とにかく
いろいろなことを試してみました。
 
 
その中で一番重要視したのが
 
 
「自分は解くのが
 速いのか?遅いのか?」
 
 
です。
 
 
 
そのために、各まとまりごとに
結構細かく時間を記していきました。
 
 
 
例えば、各科目が解き終わった
経過時間をどんどん記していきます。
 
 
多肢選択式、記述式、一般知識等も
同様です。
 
 
そうすることで
 
 
「あっ、自分は民法や多肢選択式に
 時間をかけすぎだな」
 
 
とか
 
 
「文章理解にもうちょっと時間を
 割いてもいいな」
 
 
とかいろんなことが見えてきます。
 

また、法令択一式の問題は
 
 
「全部がっつり解こう」
 
 
とはしませんでした。
 
 
全部がっつり解くと
どうしても時間が足りなかったのです。
 

自分の苦手な論点の問題
 
 
1問解くのにやたらと時間が
掛かりそうな問題
 
 
など、大体3〜4問は、とりあえず
置いておいて
 
 
最終的に時間が余ったら
戻ってやるようにしました。
 
 
「どっから取っても1問4点」
 
 
と割り切って、相当メリハリを
つけました。
 
 
皆さんも
いろいろ試してみてくださいね。
 
 
 
以上、「教えて!森T!」でした。
See you !
 
 


第121回 『やる気がおきないとき』~森T流対処法~

2018.8.29

 
暑い日が続きますねぇ。
 
 
『一に水分、二に睡眠、三四がなくて
 五にモリエール』
で乗り切っていきましょう!
 
 
さて、これからの時期、
よく受ける相談にこんなのがあります。
 
 

「森T、やる気が全然起きないんですけど
 どうすればいいですか?」
 
 
です。
 

その気持ち、分かります。
 
 
森Tも受験時代、全くやる気が起きない!
時が、ちょこちょこありました。
 
 
さあ、どうすれば、やる気が起きるか?
 

『教えて〜森T〜』
はい、いつものタイトルコールです(汗)
 

ここからは、森T流のやる気の出し方です。
 
 
参考程度に聞いてやってください。
(以前、同じような記事を書いたかもしれ
 ませんが、今一度お付き合いくださいませ)
 
 

森T思うに
 
 
「自分のために頑張る」
 
 
だけでは、やる気って
そんなに出ないと思うんです。
 
 
 
確かに、受験勉強は、自分との勝負
ですし
 
 
自分の人生のステップアップ
でもあります。
 
 
 

でも、ふと周りに想いを馳せると
そんな自分を応援してくれている人
がいるはずです。
 
 
友人
 
 
仕事仲間
 
 
大切なパートナー
 
 
そして
 
 
家族。
 
 
 

「そんな応援に少しでも応えたい!」
 
 
 

これが、森Tが思う
やる気の出し方です。
 
 
 

森Tの場合は、母親でした。

(ここから掘り下げると、めちゃめちゃ
 長くなるので、今回は割愛しますね)
 


「いつも応援してくれている母に
 何とか応えたい」
 
 

この想いが、無限のパワーを
引き出してくれました。
 
 
想像以上に、パワー出ます。
 

今、モリエールを読んでいる方の中で、
やる気が出ずに、行き詰まっている人
がもしいたら、
 
 
まずは、大切な人の顔を
思い出してみてください。
 
 
 
次に、あなたの合格の報告を聞いた
その大切な人の顔を想像してください。
 
 

はい。
まだまだ、これからです!
 

大丈夫!
 

もう一回言わせてください。
 
 
『大丈夫!』
 
 
一緒に頑張っていきましょう!
 
 


第120回 『森の合格道場』~合宿編~

2018.8.8

 
皆さん、こんにちは。
モリエールです。
 
 
今日も熱くお伝えしていきますよー。
 
 
さて、今日は、前にやった憲法の復習を
してみましょう。
 

ということで、押忍!
森の合格道場〜合宿編〜です。
 
 
 
憲法を振り返る一機会にしてください。
 
 

【問題】
「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、その意に反する苦役に服させられない。」
 
 

○か×か?
 
 

もちろん答えは「×」ですよね。
 
 

聞きたいのはこっからです。
 
 
上記の問題では、ある文言が
ごっそり抜けています。その文言とは?
 
 

さあ、正解は・・
 
 

憲法第18条をチェック!
 
 
是非、条文に戻るきっかけに
してください。
 
 
 
今日は、もう1個いきましょう。
 
 
【問題】
「何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命、自由若しくは財産を奪われ、又はその他の刑罰を科せられない。」
 
 

○か×か?
 
 

答えは、なんと「×」です。
 
 
どこが、×なんでしょうか?
 
 

正解は・・
 

憲法第31条をチェック!
 
 
余分な文言が入っちゃってますよね。
 
 

このように、憲法の条文は、
「統治」の分野だけでなく、
 
 
「人権」の分野も
意外に大事だったりします。
 
 
これを機に、憲法の全条文を
チェックしちゃいましょう!
 

『Let's 条文!』
 
 
ではまた次回に!!
 
 


第119回 『森の合格道場』~民法総則編~

2018.7.25

 
皆さん、こんにちは。
移動性高気圧モリエールです。
 
今日も熱くお伝えしていきますよー。
 

ということで、またいきましょうか。
 

『森の合格道場』(民法総則編)です。
 
 

「見せてもらおうか、君の民法力とやらを」
 
 
・・はい、一応分からない人にお伝えですが、森T、ガンダム世代です。
 
 

では【問題】。
 

「強迫と取消前の第三者」において、強迫された者をA、強迫した者をB、Bから物を譲渡された取消前の善意の第三者をCとしますね。
 

Aは、Cに対して、取り消しを対抗できるでしょうか?
 

秒殺でお答えください。
 
 

チクタ・・はい。
 
 
【答え】は、
 
 
「対抗できる」でしたね。
 
 

もちろん、聞きたいのはこっからです!
 
 

【問題】
このように、善意の第三者にも対抗できる場面は、他にどんな場面があるでしょうか。
2場面お答えください。
 
 

こちらは、そうですねぇ。
 
 

「40秒で支度しな!」
はい、今や、国民的名ゼリフですねー。
 
 

さっ、皆さん。森Tがジブリってる間に、答えは出たでしょうか?
 
 

【答え】は、
「制限行為能力を理由とする取消し」の場面と「錯誤無効」の場面でした。
 
 

是非、該当箇所に戻るきっかけにしていただけると幸いです。
 

このように、「問題(アウトプット)をきっかけに該当のテキスト(インプット)に戻る」。
これ、まさしく法律学習の王道ってやつです。
 
 

しっかり水分摂って、精のつくもの食べて、森T動画見て(あっ、これはいらないか・・)、乗りきっていきましょう!
 
 
押忍!
 
 


第118回 「森の合格道場」〜見せてもらおうか、君の憲法力とやらを〜

2018.7.18

 
みなさん、こんにちは。
久々にアレやりましょうか。
 

題して「森の合格道場」
〜見せてもらおうか、君の憲法力とやらを〜
 
 
・・・(⁈)
 
 
あっ、最近モリエールを始めた皆さん、
 
森T、こんなキャラ設定で
昔からやっておりますので、
 
びっくりしないでください。
 
 
師範代森が、
皆さんに様々な問題を出し、
段位を勝手に認定するというコーナー⁈です。
 
 

では、【問題】。
 

予算について、参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて30日以内に、議決しないときは、両議院の協議会を開き、意見が一致しないとき、衆議院の議決を国会の議決とする。
 
 
○か×か?
 
 

チクタクチクタク・・
はい、シンキングタイムですよ〜
 

はい、では正解は・・
・・今回も次回に引っ張りません。
 
 

【正解】は『×』ですよね。
 
 

さて、聞きたいのは、こっからです。
 

【問題】
予算について、両院協議会が開かれるのは、どのような場合でしょうか?
 
 

さあ、どうでしょう?
 
 

【正解】は・・
これまた、次回に引っ張りませんよ。
 
 

【正解】は、
「参議院で衆議院と異なつた議決をした場合」でした。
 
 

ですので「議決をしないとき」は、両院協議会はやらないんですよ。
これ、意外と盲点なんです。
 
 

さて、全て答えることができた方には、なんと「森の合格道場 二段」を認定いたします!
これは、みんなに自慢できますねっ!
 
 
ではまた次回に!
 
 


第117回 超短期合格を果たすために、1番大切なことは何か?

2018.7.11

 
皆さん、こんにちは。
「やればできる 必ずできる モリエール」のお時間です。
 
 
 
今回のテーマはこちら。
「超短期合格を果たすために、1番大切なことは何か?」です。
 
 
さあ、なんでしょう。
 
 
 
「記憶力?」
 
 
いや違います。
 
 
 
「気合い?」
 
 
ん〜、それも大切ですけど、1番ではないです。
 
 
 
Tが思う1番、
 
 
それは
 
 
 
『メリハリ』
 
 
 
です。
 
 
・・はい。月並みな言葉かもしれませんが、意外と奥が深いんです。
 
 
 
『メリハリ』を森T流に言い換えるとしたら、『全部覚えようとしないこと』となります。
 
 
我々、機械ではないので、全部覚えるなんて至難の技です。
 
 
しかも、超短期合格を目指す場合は尚更です。
 
 
 
テキストも問題集も、
 
 
 『6割押さえて、4割置いておく』
 
 
 これでいきましょう!
 
 
 
でも、これ、実践するのには相当抵抗があるはずです。
 
 
例えば、問題を解いていて、「これは置いておいていい」と言われても、「もしかしたら今年出るかも?」って思ったら、置いておけないですよね・・
 
 
 
でも、この調子でテキストも問題集も全部やろうとしたら、時間がいくらあっても足りないですし、結局11個がうすーくなってしまいます。
 
 
 
以前のモリエールでもお伝えしたかもしれませんが、置いておくには「勇気を持って」置いておく必要があります。
 
 
 
では、どんな知識・項目は、頭に入れる6割で、どんな項目は置いておく4割なのか?
 
 
 
これこそ、講師の腕の見せどころになるわけです。
バッサバッサと斬っていきます。
 
 
 
その名も『メリハリ斬り』。
・・すみません、夜中の3時に執筆中ですと、こんなネーミングが限界です(泣)
 
 
モリエールご愛読の皆様にも、可能な限り『メリハリ斬り』お見せしていきますからね。
今後とも御贔屓の程、よろしくお願いいたします。
 
 
 
以上、森T侍でした。
では、また来週でござる。
 
 


第116回 ちょっとした引っ掛けに、ひっかからないために

2018.7.4

 
皆さん、こんにちは。
「梅雨も明け 夏本番だ モリエール」
 
・・はい、今日もカラッといきましょう!
 
 
前回のテーマが、「ちょっとした引っ掛けに、ひっかかってしまう」でした。
これにまつわる問題を出していましたね。
 
 
【問題】
「国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない。但し、これがため、訴追の権利は、害されない。」(日本国憲法第75条)
 
 
「上記の条文、もし×の肢にするとしたら、どんな引っ掛けパターンがあるでしょうか?」
2パターンお答え下さい。
 
 
回答といきましょう。
 
「教えて〜森T〜」
 
 
【回答】
パターン1
「内閣総理大臣」を「内閣」に替えてくる。
 
 
パターン2
訴追されない間、「公訴時効停止しない」と出題してくる。
 
 
さあ、どうでしたか?
 
 
ともに×の肢になります。
 
 
特に、パターン1の引っ掛けは有名ですよね。
 
 
出題者の頭の中は、「内閣総理大臣の権能」と「内閣の権能」とで分類されています。
ゆえに、引っ掛けの文言は、「内閣」で引っ掛けてくる場合が多くなります。
 
 
このように、引っ掛け方には『クセ・パターン』があるのです。
 
この『クセ・パターン』を意識した上で、インプットをしていくことが、ちょっとした引っ掛けに引っ掛からないための対処法となります。
 
 
また、パターン2は、以前お伝えした『ちょっと聞き方を変えられると、戸惑ってしまう』にも該当します。
 
 
国務大臣が訴追されない間、公訴時効が停止せずそのまま進んでしまったら、大臣は無罪放免になってしまいますからね。
 
 
よって、訴追されない間は、「公訴時効は停止する。」これが、条文上「訴追の権利は、害されない」のちょっと聞き方を変えたバージョンとなります。
 
 
パターン2は、合格テキストに記載がありますので、パターン1をテキストに一元化しておくと、試験直前にテキストを見返す際、プラスになると思います。
 
 
いよいよ、夏本番。
ここからが勝負の時です!
 
 
暑さに負けず、一緒に頑張りましょう!
水分補給はこまめにね!
 
 


第115回 教えて森T!〜あなたのお悩みズバっと解決〜

2018.6.27

 
皆さん、こんにちは。
 
 
先ずは、御礼から。
先日行われました、森ガイダンス。通常の5倍以上の方々にお越しいただきました⁈
誰でも使える合格テクニックをバンバンお伝えしましたが、少しでもお役に立てたなら幸いです。
「来てくださった皆さん、本当にありがとうございました m(._.)m
 
 
では、今日もいきましょう!
 
 
 
『教えて森T!〜あなたのお悩みズバっと解決〜』
 
 
 
今回のお悩みは、こちら。
「ちょっとした引っ掛けに、ひっかかってしまう」
 
 
 
こんな経験ありますよね。
例えば、とある憲法の択一式の問題を解く際、「確かテキストに何となく同じようなことが書いてあったゾ」と思ってその肢を⚪としますよね。
 
 
 
ところが、絶妙に文言が入れ替えられていて、答えは×だった。これ、受験生あるあるですよね。
 
 
これ、やっぱり原因があります。
 
 
 
その原因とは、何か・・・
『教えて〜森T〜』
 
 
 
はい、今回は次回に引っ張りませんよ。
 
 
 
最大の原因は、「確か」「何となく」でインプットを完了してしまうことです。
 
ただ、このレベルでインプットを完了してしまう方が、全国の受験生の方にはたくさんおります。
 
 
 
さあ、皆さんのインプットレベルは、どうでしょうか?
ひとつ変わったお試し問題を出してみましょう。
 
 
【問題】
「国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない。但し、これがため、訴追の権利は、害されない。」(日本国憲法第75条)
 
 
 
⚪か×かではありません。
これ、条文のまんまですので、もちろん⚪です。
 
 
お聞きしたいのは、こっからです。
 
 
「上記の条文、もし×の肢にするとしたら、どんな引っ掛けパターンがあるでしょうか?」
 
 
2パターンお答え下さい。
 
 
 
さあ、どうでしょう?
 
 
1パターンは、すぐ思いつくかなと思います。
気になる答えは〜。
 
 
 
次回予告『森T 半端ないって!』でお会いしましょう。
 
 
 


第114回 教えて森T!〜あなたのお悩みズバっと解決〜

2018.6.20

 
皆さん、こんにちは。
「疲れても 頑張るあなたに モリエール」の時間がやってまいりました。
今日もモリモリいきましょう!
 
 
前々回から始めました『教えて森T!〜あなたのお悩みズバっと解決〜』。
なんと早速ご好評の声を頂いております。
大変恐縮でございます。
 
 
ということで、今日もやっていいでしょうか。
『教えて〜森T〜』
 
 
これまで13年以上行政書士試験の講師をしていく中で
ちょうどこの時期に聞かれる質問・お悩みがあります。
 
 
それは、「今から始めて、今年の試験に間に合いますか?」です。
この質問・お悩みをお持ちの方は、2パターンに分かれるでしょう。
 
 
 
1パターン目が、文字通り今まで全く法律の学習をしたことのない初学者の方。
 
 
2パターン目が、これまで学習はしてきたが、なかなか思うようにいかず、
 心機一転これから本腰を入れて取り組みたいとお考えの方。
 
 
さあ、今から始めて間に合うのでしょうか?
『教えて〜森T〜』
 
 
ズバっと結論から。
はい、どちらの方も「間に合います!」
 
 
ただ、ひとつだけ条件が。
 
 
それが前々回からお伝えした、「単なる」知識を「本試験で使える」知識に
しなきゃならないということです。
 
 
言い方を変えると、「ただ」テキストを読む・「ただ」問題を解くだけでは
ダメなんですね。
 
 
「本試験で使える」知識にするためには、「受かる」テキストの読み方・
「受かる」問題の解き方なるものがあるんです。
 
 
前回からお伝えしている「一元化のテクニック」もそのひとつです。
 
 
多くの合格者の方(特に森クラス出身の)が使っているテクニックですので、
是非、前回のモリエールをチェックしてみてください。
 
 
超短期合格法の伝道師 モリエールでした。
See you~~!!
 


第113回 ちょっと聞き方を変えられると、戸惑ってしまう…

2018.6.13

 
皆さん、こんにちは。
 
 
「本試験あるある〜早く言いたい〜」
 
 
「本試験あるある〜早く言うよ〜」
 
 
・・はい、分かる方だけビミョーに分かるネタで今日もスタートです。
チャンネルはそのままでお願いします。
 
 
前回、受験生のお悩みあるあるが、「ちょっと聞き方を変えられると、戸惑ってしまう」でした。
 
 
対処法をお伝えする前提として、こんな問題を出しておりましたね。
 
 
【問題】
主たる債務には、「違約金についての定め」はないが、保証債務についてだけ「違約金の定め」を設けることができるか答えよ。
 
 
答えは〜。
保証債務についてだけ「違約金」の定めを設けることは「できる」でした。
 
 
保証人は通常どおり債務を履行すれば、違約金は発生しませんので、主たる債務より重たくなってはいないのです。
 
 
ご存じでなかった皆さん、「へぇ〜」って思いましたよね。
 
 
「ズバっとポイント!!」
あっ、効果音です。
 
 
「へぇ〜」という『思い』は、1日経ったら消えてなくなってしまうもんです。
 
『思いは、形に』
 
これ、鉄則です!
 
 
皆さんのテキストには、「保証債務は、主債務より重くなってはいけない」旨の記載がありますよね。
そこに上記の問題で得た知識をちょこっと書き込んでおきましょう!
いわゆる「一元化」ってやつです。
 
 
このように、「ちょっと聞かれ方を変えてきた場合」を意識して、インプットの学習をしていく。
この積み重ねが、対処法のひとつといえます。
 
 
皆さんも、これから「へぇ〜」と思える問題に出会ったら、テキストに一元化してみてはどうでしょうか。
きっと「単なる知識」が「本試験で使える知識」になるはずです。
 
 
おや、そろそろお時間となってしまいました。
 
もし、好評でしたら、ちょくちょく『教えて森T!〜あなたのお悩みズバっと解決〜』をやっていこうと思いますので、皆さまのお声をお待ちしております。
 
 
では、 See you next T.
 
 


第112回 教えて森T!〜あなたのお悩みズバっと解決〜

2018.6.6

 
皆さん、こんにちは。
 
講師を15年程やっておりますと、皆さんから、いろんなお悩みをよく受けます。
 
 
というわけで、新コーナーを作ってみました。
題して『教えて森T!〜あなたのお悩みズバっと解決〜』。
 
 
ん〜・・勢いでネーミングを作ってみました(汗)
皆さん、いろいろツッコミたいでしょうが、グッと堪えていただいて、早速いってみましょうか。
 
 
 
まず、よく聞くお悩みがこちらです。
 
 
 
「知識はあるんだけども、模試や本試験で得点できない・・」
 
 
 
ん〜、永遠の課題ですよね(困)
 
 
 
いろいろ原因はあると思いますが、やはり最大の原因は、「単なる」知識止まりで、「本試験で使える」知識になっていない。
 
 
 
これだと思います。
 
 
 
「本試験で使える」知識になっていないとどうなってしまうか?
 
 
 
典型的なのが、「ちょっと聞き方を変えられると、戸惑ってしまう」です。
 
 
 
皆さんにも、経験があるのではないでしょうか。
では、「ちょっと聞き方を変えてきた場合」、どのように対処すればよいのでしょうか?
 
 
『教えて〜森T〜!』
 
 
あっ、すみません。
タイトルコール挟んでみました。
 
 
では、対処をお伝えする前提として、この問題を解いていただきましょう。
ちと、難しいですゾ。
 
 
 
「保証債務」は、その内容や態様において、主たる債務より重くなってはいけないですよね。
これは、どのテキストにも書いてあることです。
 
 
 
では、【問題】。
主たる債務には、「違約金についての定め」はないが、保証債務についてだけ「違約金の定め」を設けることができるか答えよ。
 
 
 
さあ、どうでしょう。
 
 
気になる答えは〜・・
はい、次回予告「本試験あるある早く言いたい」でお会いしましょう!
 
 


第111回 森の合格道場〜似て非なる編〜

2018.5.30

 
皆さん、こんにちは。
三度の飯より「講義」が好き〜のモリエールです。
 
 
今日もモリモリ行きますよ。
まずは、前回の答え合わせから。
 
 
【問題1】
債務不履行に関して債権者にも過失があったとき、裁判所がおこなう過失相殺は、「必要的」か「任意的」かどちらでしょうか。
 
 
 答えは、「必要的」でした。
また、不法行為における過失相殺は、「必要的」か「任意的」かどちらでしょうか。
 
 
こちらの答えは、「任意的」でしたね。
 
 
そしてそして【問題2】。
 
この「債務不履行」と「不法行為」の過失相殺の場面では、他にどんな~似て非なる~問題が考えられるでしょうか?
 
 
答えは、
 
 
「債務不履行」:賠償額の減額のほか、免除まで認められる。
 
「不法行為」: 賠償額の減額のみ
 
 
でした。
 
 
皆さん、できましたか?
 
 
この森の合格道場〜似て非なる編〜も、そこそこ回数を重ねてきました。
皆さんも、だんだん「似て非なる」論点のパターンが身についてきたのではないでしょうか。
 
 
片方の知識だけ知っていても、「単なる知識」で終わってしまっています。
このように2つでワンセットで覚えることで、時間・労力の短縮にもなりますし、こうして横断的に押さえた知識が、「本試験で使える知識」となるのです。
 
 
このような似て非なる論点は、憲法・民法・行政法・商法等でまだまだあります。
可能な限り、皆さんにお伝えしていきますので、これからもモリエールをよろしくお願いいたします。
 
 
では、今日はここまでといたしましょう。
以上、日高屋行って満腹のモリエールでした・・・あっ(汗)
 
 


第110回 森の合格道場~似て非なる編~

2018.5.23

 
皆さん、こんにちは。
モリエールです。
 
 
では、次回またお会いしましょう!
 
ってコラ!
・・・(ノリツッコミってやつです)
 
 
はい、今回はいろいろ混み合っておりますが、気にせずいってみましょうか。
 
 
「森の合格道場~似て非なる編~」
 
 
今回のテーマは「過失相殺」です。
 
 
では【問題1】
債務不履行に関して債権者にも過失があったとき、裁判所がおこなう過失相殺は、「必要的」か「任意的」かどちらでしょうか。
 
 
また、不法行為における過失相殺は、「必要的」か「任意的」かどちらでしょうか。
 
 
 
さあ、皆さんどうでしょうか。
 
 
更に、今回はちょっと変わった問題も出してみますね。森の合格道場生である皆さんであれば、きっといけると思います。
 
 
【問題2】
この「債務不履行」と「不法行為」の過失相殺の場面では、他にどんな~似て非なる~問題が考えられるでしょうか?
 
 
さあ、どうでしょう。
 
 
自分で問題を作るパターンです。
これ、かなりの民法力が求められますからね。
 
 
是非、上記問題をきっかけに該当のテキストに戻っていただけたら幸いです。
 
 
こういう問題を解いた時でないと、普段の生活の中で「そうだ!過失相殺を見よう!」とは、なかなかならないですからね。「そうだ 京都、行こう。」みたいなもんです。
 
 
・・・違うか(汗)
 
 
はい、オチもついたところで、次回、答え合わせでまたお会いしましょう!
 


第109回 オラにパワーを!湧き出せ 強い意志!

2018.5.16

 
皆さん、こんにちは。
いや、もとい。
「おっす!オラ モリエール」。
 

前回の次回予告、分かる人には分かる口調でのお届けでしたが、ドラゴンボール世代以外の方には伝わったでしょうか。
・・はい、微妙でしたね、すみません。
 

では、前回予告のテーマいきましょう。
「オラにパワーを!湧き出せ 強い意志!」
 

さて、やる気やモチベーションを維持するには「強い意志」が必要です。
じゃあ、「強い意志」はどうすれば湧き出てくれるのか。
 

なかなか湧き出てくれないですよね・・(泣)
 

巷でよく見るフレーズとしては、
 

「この勉強をやったら、自分にご褒美を」とか
「予定していた学習を終わらせれば、自分はまた一歩成長できる」とか
 

見ますが、受験時代のモリエールは、これではダメでした(悲)
何故か?
 

おそらく、『自分のため』だったからだと思います。
 

もちろん『自分のために』でもパワーは出るとは思うんですよ。
でも、なんかイマイチ・・・限界があるんですね。
 

モリエールが考える無限のパワーの源は、『周りの人』への想い・感謝だと思います。
『自分への』ではありません。
 

友人、仕事仲間、そして家族。
 

皆さんの周りには、皆さんの勉強そして合格を願い、応援して下さる方々がいますよね。
そんな『周りの大切な人々の応援に応えよう!』
これです!!
 

この想いが、無限のパワーを生み出してくれると思うんです。
なかなかやる気が出ないとき、モチベーションが上がらないとき、やっぱりあると思うんです。
 

そんな時には、皆さんの大切な人の顔を浮かべてみてください。
きっと次の一歩を踏み出す力が出るはずです。
 

ちなみにモリエールは、「早く母親に楽させてあげたい」でした。
モリエール、大分すねかじりっ子でしたからね・・
 

皆さんの大切な人は誰ですか?
 


第108回 Let's ポジティブ

2018.5.9

 
「Let's ポジティブ!」
 
これ、モリエールのモットーです。

 
人間、なかなか思ったように計画どおりにいかないものです。
そもそも、計画を立てることも大変だったりします。
 

モリエール思うに、ここでは「強い意志」が必要だと考えます。
ではどうすれば、「強い意志」が湧き出てくるのか?
 

次回予告!
 
「オラにパワーを!湧き出せ 強い意志!」
次も、ぜって~見てくれよなっ!
 

・・・いやいや
あやうく終わっちゃうとこでした(汗)
 

前回の答え合わせまだでしたね。
あぶない、あぶない。
 

【問題】
「占有者がその占有を妨害されたときは、どのような訴えにより、何を請求することができるでしょうか?」40字程度でお答え下さい。
 

【回答】
占有保持の訴えにより、その妨害の停止及び損害の賠償を請求することができる。
 

ポイントは「停止」です。条文上は「排除」でなく「停止」なんですね。
 

【問題】
「占有者がその占有を妨害されるおそれがあるときは、どのような訴えにより、何を請求することができるでしょうか?」40字程度でお答え下さい。
 

【回答】
占有保全の訴えにより、その妨害の予防又は損害賠償の担保を請求することができる。
 

こちらのポイントは、「又は」「損害賠償の担保」です。
妨害される“おそれ”なのでまだ実損害が出ていません。ゆえに「及び」ではなく、「損害賠償」でもありません。
 

さあ、皆さん。これらのポイントをクリアーして見事「二段」をゲットできたでしょうか。

では、次回「オラにパワーを!湧き出せ 強い意志!」でお会いしましょう!
 


第107回 押忍!森の合格道場〜似て非なるの巻〜

2018.5.2

 
皆さん、こんにちは。モリエールです。
 

モリエールのモットーは、「やる時やって、抜くとき抜く」です。

人間、年がら年中全速力では走れないですからね。
いわゆるひとつのメリハリで、頑張っていきましょう!
 

さっ、今日は何をお届けしましょうかね〜。
 

はい、ここからの足掛かりとして、アレいっときましょう!
「押忍!森の合格道場〜似て非なるの巻〜」
 

ではさっそく【問題】。
 

「占有者がその占有を妨害されたときは、どのような訴えにより、何を請求することができるでしょうか?」40字程度でお答え下さい。
 

さあどうでしょう。
 

いきなり記述問題ですみませんね。
後半戦への足掛かりとしては、これくらいヘビーでないとと思いまして。
 

皆さん、まだ考え中だと思いますが、さらに【問題】。
 

「占有者がその占有を妨害されるおそれがあるときは、どのような訴えにより、何を請求することができるでしょうか?」40字程度でお答え下さい。
 

さあ、エンジンはかかりましたか〜?
これできた方には、森の合格道場、初の「二段」を認定いたします。
 
 
モリエールでした。押忍!
では、また次回に!
 


第106回 激突!一般知識等vsモリエール

2018.4.25

 
皆さん、こんにちは。
久々に散髪屋さんに行けて、気分もサッパリモリエールです。
 
 
さあ、今日もチョキチョキいきましょう!
前回、お約束で引っ張ってしまいましたが、早速いきましょう!
 
 
「激突!一般知識等vsモリエール」
 
 
今回は、ちょっと長いのでご覚悟を。
 
 
一般知識等科目で6問をクリアーするために、まず攻略すべきは、「文章理解」と「情報通信・個人情報保護」です。
 
 
文章理解は、最近では「文章整序」や「空欄補充」が主流となっています。
ここは指示語や接続詞、空欄の前後の言葉に着目し、3問中2問は取りたいところです。
 
 
そして、情報通信・個人情報保護の核は、やはり「個人情報保護法」「行政機関個人情報保護法」です。
 
 
これらは、法律からの出題ですので、対策をバッチリ立てることができます。ここで4問出たとしたら、3問を取りたいのが理想です。
 
 
!?
 
 
年度によっては、3問獲得が難しいときがあるんですよ(泣)
 
 
そんな時、身を助けるのが「政治・経済・社会」です!
 
 
しかし、ご存知の方も多いと思いますが、最近の政・経・社、変な問題が多いんですよ(困)
 
 
昨年の本試験問題で衝撃的だったのが、「作家 山崎豊子」の著作は何か?です。
 
 
・・・知らんがな!!
 
 
正直、対策の立てようがありません・・
 
 
しかし、皆さん、希望を捨ててはいけません!!
 
 
こんな政・経・社でも対策を立てることができるんです。
 
 
それが・・・
 
 
はい、今回は引っ張りませんよ。
 
 
それが、「過去出題された重要テーマ」の焼き直しです。
 
 
「選挙制度」や「財政」「地球環境問題」など繰り返し出題されるテーマがあります。
まずは、これらの重要テーマを押さえることが、政・経・社で1問でも多く取るための突破口になります。
 
 
本試験直前期は、模試の復習やら記述対策やら、てんやわんやになると思いますので、今の時期から、コツコツと政・経・社の重要テーマを押さえていってください!
 
 
ただモリエール、自分だけでやれる自信がないんだけど……
 
 
大丈夫です!お任せください!!
モリエール、ゴールデンウィーク返上で皆様のために企画をたてました。
 
 
「これだけは押さえておきたい!政治・経済・社会 ~最重要項目をズバッと厳選~」です!
 
 
ちょっと頑張って長いタイトルになってしまいましたが、講義は、ズバッとわずか6時間で“政治・経済・社会”の最重要項目についてインプットからアウトプットまで行い、なんとしても基準点をクリアーする力を身につけます!
 
 
ぜひ、一緒に今年の一般知識等科目はやっつけてやりましょう!!
以上、ミスター 一般知識モリエールでした。
 
 


第105回 行政書士試験に合格するために、避けては通れない関門とは何でしょう?

2018.4.18

 
皆さん、こんにちは。まだまだ花粉症真っ盛り、鼻グズモリエールです。
今日もティッシュ片手にブイブイいきましょう!
 
 
では、「森の合格道場~ズバっとセレクト編~」。
 
 
先ずは、前回の答え合わせから。
 
 
【問題1
「取得時効」において、「無過失」は推定されるでしょうか?
 
 
答えは、「推定されない」です。
したがって、取得時効を主張する者は、無過失の証明責任を負うことになります。
 
 
【問題2
「即時取得」において、「無過失」は推定されるでしょうか?
 
 
こちらは・・・「推定される」でした。
 
 
今回正解した皆さん・・・
 
「やりますねぇ」
 
かなり自信持っちゃって下さい。
 
 
さて、今回のモリエールは少々趣を変えていきますね。
 
 
早速ですが、皆さんに問題です。
 
 
「行政書士試験に合格するために、避けては通れない関門とは何でしょう?」
 
 
民法、行政法、記述式etc・・・色々あると思いますが、間違いなく言えるのは、
 
 
「一般知識等科目での基準点クリアー」です。
 
 
いかに法令等科目で満点を取っても、一般知識等科目で6問取れないと合格させてくれないのが、この行政書士試験の大きな特徴です。
毎年、この関門のため、涙を呑まれる方が少なからずおられるのが現状です。
 
 
では、いかにして一般知識等科目で6問を獲得していけばよいのでしょうか?
 
 
その答えは・・・
 
 
次回、予告!
「激突!一般知識等VSモリエール」、チャンネルはそのまま。
  


第104回 似て非なるシリーズ!難しめ版

2018.4.11

皆さん、こんにちは。
心はいつでもフレッシュマン。元気ハツラツ、モリエールです。
 

今日もグイグイ攻めていきましょう!
 

では、「森の合格道場~ズバっとセレクト編~」。
 

先ずは、前回の答え合わせから。
 

【問題1】
時効完成「前」、被保佐人は、保佐人の同意なく単独で債務の承認をすることができるでしょうか?
 

答えは、「できる」でしたね。
ちなみに、「成年被後見人」と「未成年者」は、単独でなすことができないですので、こちらも要チェックです。
 

【問題2】
時効完成「後」、被保佐人は、保佐人の同意なく単独で債務の承認をすることができるでしょうか?
 

答えは、「できない」でした。
こちらは、「借財」にあたり同意が必要となります。
 

皆さんできましたか?
 

では、今回も「似て非なる」シリーズいきますよ!
今回は、難易度高めです。
 

心の準備はよろしいですか?
 

占有者は、所有の意思をもって、善意で、平穏に、かつ、公然と占有をするものと推定されます(186条1項)。
 

では、【問題1】
「取得時効」において、「無過失」は推定されるでしょうか?
 

【問題2】
「即時取得」において、「無過失」は推定されるでしょうか?
 

ね、難しいでしょ?
受験時代のモリエール、いっつもコレ忘れちゃうんですよ・・
 

「見せて貰おうか。皆さんの民法力の性能とやらを!」・・・
はい、また、わかる人にはわかるネタを放り込んで、次回に続きます。
では!
 
では、また次回に!
 


第103回 難しめをズバッとセレクト!

2018.4.4

皆さん、こんにちは。
4月に入り、新年度もスタート。新装開店モリエールです。
 
 
あっ、言ってみただけです(汗)
さあ、今日も気持ちを切り替えて、張り切っていきましょう!
 
 
では、「森の合格道場~ズバっとセレクト編~」。
先ずは、前回の答え合わせから。
 
 
【問題1】
「期限の定めのない債権」において「時効の起算点」はいつからでしょうか?
 
 
答えは、「債権成立時」でしたね。
 
 
【問題2】
「期限の定めのない債権」において「履行遅滞の起算点」はいつからでしょうか?
 
 
こちらは、「履行の請求を受けた時」でした。
 
 
このあたりの論点は、モリエールも受験時代全然覚えてられずに苦労しました(泣)。
「忘れては覚え」「忘れては覚え」の精神でコツコツいきましょう!
 
 
さあ、今回も「似て非なる」シリーズ、難しめのをズバっとセレクトしていきますよ〜。
 
 
【問題1
時効完成「前」、被保佐人は、保佐人の同意なく単独で債務の承認をすることができるでしょうか?
 
 
【問題2
時効完成「後」、被保佐人は、保佐人の同意なく単独で債務の承認をすることができるでしょうか?
 
 
 
前回、正解できなかった方も、今回できれば、一家に1つは欲しいと噂の「森の合格道場 初段」を認定です!
 
 
えっ、間に合ってる!?・・・(泣)
 


第102回 このあたりの論点は、いつ出されてもおかしくないですよ。

2018.3.28

皆さん、こんにちは。
桜満開モリエールです。今回もパワー満開でいきますよっ!
 

では、「森の合格道場~ズバっとセレクト編~」。
先ずは、前回の答え合わせから。
 

【問題1】
相手方が「法定代理人」に対し、一箇月以上の期間を定めて催告したが、確答が発せられなかった場合、どうなるでしょうか?
 

【解答】
「追認をしたものとみなされる」でしたね。
 

【問題2】
相手方が「本人」に対し、相当な期間を定めて催告をしたが、本人がその期間内に確答をしないときは、どうなるでしょう?
 

【解答】
「追認を拒絶したものとみなされる」でした。
 

このあたりの論点は、いつ出題されてもおかしくないですので、ガッチリ押えておきましょう!
 

では、今回の「似て非なる問題」はこちら。
 

【問題1】
「期限の定めのない債権」において「時効の起算点」はいつからでしょうか?
 

続けて【問題2】
「期限の定めのない債権」において「履行遅滞の起算点」はいつからでしょうか?
 

これは、本試験までには、絶対に答えられるようにして下さいね。
さあ、これができた方は、栄えある「森の合格道場 初段」を認定ですよ!
 

えっ、いらない!?
いやいや、もらってやって下さい(泣)
 


第101回 似て非なる問題

2018.3.21

皆さん、こんにちは。
季節もいよいよ春到来、モリエール in springです。
 

はい、ちょっと何言ってるか分からないですね(汗)
さっ、気を取り直して今日もズバっといきますよ〜
 

押忍!「森の合格道場〜ズバっとセレクト編 in spring〜」です。
はい、あえてのかぶせです(汗)
 

先ずは、前回の答え合わせ。
 

【問題 1】
本人以外の者の請求によって「保佐開始の審判」をするには、本人の同意が必要か不要か。
 

答えは〜
「不要」でしたね。
 

【問題 2】
本人以外の者の請求によって「補助開始の審判」をするには、本人の同意が必要か不要か。
 

こちらは〜
「必要」でした。
 

皆さん、できましたか。

このあたりは、「後見・保佐・補助」にいろんな論点が混ざり合っていますので、復習の際は、条文も絡めて一個一個丁寧に見ていきたいところです。
 

では、今回も「似て非なる問題」いってみましょう!
今回のテーマは「催告権」です。
 

制限行為能力者の相手方には「催告権」がありましたよね。
 

では【問題1】
相手方が「法定代理人」に対し、一箇月以上の期間を定めて催告したが、確答が発せられなかった場合、どうなるでしょうか?
 

チクタクチクタク
はい、恒例のシンキングタイムです。
 

ちなみに、無権代理人の相手方にも、「催告権」がありましたね。
 

では【問題2】
相手方が「本人」に対し、相当な期間を定めて催告をしたが、本人がその期間内に確答をしないときは、どうなるでしょう?
 

チクタクチクタク
 

さあ、気になる答えは〜
 

もうなんとなく皆さんオチが分かってると思いますが〜
to be continued !
 
 


第100回 森の合格道場〜ズバっとセレクト編〜

2018.3.14

皆さん、こんにちは。
「100回目のプロポー・・もとい、モリエール」です(汗)
 

さっ、モリエールも100回をむかえたことですし、今まで以上に本試験を見据えて、バンバン攻めていきますよ!
 

ということで、押忍!「森の合格道場〜ズバっとセレクト編〜」のお届けです。
今回から、記事が多少長くなりますので、皆さまご覚悟を。
 

さて、法律学習の範囲について、それを行政書士試験対策に絞ったとしても、その範囲は膨大です。

そこで、「森の合格道場〜ズバっとセレクト編〜」では、合格するために必ず押さえていただきたい必須論点を、文字通り「ズバっと」選んでいきたいと思います。
 

では最初のお題は、「民法総則〜制限行為能力者〜」でいきましょうか。
 

民法だけにとどまらず、今まで出題された過去問を分析すると、ある「傾向」が見受けられます。
 

それは「似て非なる箇所からの出題」です。
いわゆる比較問題というやつです。
 

これを「制限行為能力者」論点にかぶせると、ズバっとこうなります。
 

【問題 1】
本人以外の者の請求によって「保佐開始の審判」をするには、本人の同意が必要か不要か。
 

さらに【問題 2】
本人以外の者の請求によって「補助開始の審判」をするには、本人の同意が必要か不要か。
 

はい、これがいわゆる「似て非なる問題」です。
さあ、気になる答えは〜。
 

皆さんにも頭を働かせていただきたいので〜。
次回に続く〜!
 
 


第99回 モリエール・・連載100回目???

2018.3.7

皆さん、こんにちは。「あなたのお側にモリエール」です。
 

いや〜、いよいよこの時を迎えることができましたねぇ・・
モリエール・・連載100回目でございます!
ゔぅ〜、長かったようで、短かったような(泣)
これもひとえに、ご愛読いただいている皆さまのお陰です。
本当にありがとうございます。
 
 
うん?えっ、えっ?えぇ~!!99回だって。
すみません、早とちり、勘違いのモリエールでした。
ただ、1回先行でお伝えさせてください。
 

当初は、少しでも皆さんのモチベーション維持のお役に立てればと始めた「森の応援(エール)」。
 
 
祝賀会の時もそうでしたが、おかげさまで、最近は色んなところで「モリエール読んでます!元気もらってます!」とお声をいただきます。
 

「皆さん、・・逆です。」
元気をもらっているのは、モリエールの方です。
 
 
皆さんのお声が、びっくりするくらい森の力になります。
 

それが、「モリエールの執筆」のみならず、「日頃の講義・講義準備」「講座・イベント等の企画」「東京校事務局でのご相談・受付業務等」全ての活力になってます。
エールをお届けするつもりが、逆にエールをもらっていたんですね。
 

以前も書いたかもしれませんが、よく皆さんに「森先生のパワーの源は、何ですか?」と聞かれるのですが、やはり、即答できます。
 

「皆さん」です!!
 

少しでも皆さんのお力になれて「心の笑顔」を見ることができるなら、モリエール、まだまだパワーアップできそうです!
 

「あなたのお側にモリエール」
今後ともよろしくお願いいたします。
 
 


第98回 合格後を考える

2018.2.28

皆さん、こんにちは。
「やる気 元気 モリエール」です。

・・はい、何も掛かってないですね(汗)
 

さて先日2/25(日)は、「伊藤塾行政書士合格祝賀会 東京会場」でした。
なんと約200人近い合格者の方にお集まりいただきました(驚)
会場の熱気が凄いのなんのって。大いに賑わいました。
 

先週の大阪会場に引き続き、今回もモリエールは、「合格者と話し隊 隊長」として、多くの方とお話しさせていただきました。
 

受験時代の苦労話から、森とのエピソードなど、様々な会話が繰り広げられましたが、とりわけ多かったのが、「今後の進み方」です。
 

今年は、モリエールの想像以上に、多くの方が、「行政書士の登録・開業」を目指されていることにびっくりしました。
 

モリエール、祝賀会前日は、「あぁ、皆さんとお会いするのは、これで最後なのかなぁ・・(泣)」とちょっとセンチメンタルになっていたのですが、今後は、「行政書士の登録・開業」を目指されて、実務の勉強をなさる皆さんのお力になれそうです。
(ごくごく微力ですが・・)
 

「合格後を考える」
 

これをモットーに、これからもモリエール、受験生の皆さんはもちろん、合格者の方のお役に立てるよう頑張ります。ではでは。
 
 


第97回 合格者と~話し隊!?

2018.2.21

皆さん、こんにちは。
「合格者と~話し隊!」 隊長のモリエールです。


「ん!? いきなりどうした?」と。
はい、先日2/18(日)、大阪で開催されました「行政書士合格祝賀会」に行ってきました。
 
そこで、モリエール、「合格者と話し隊」のタスキをかけて、合格者の方に突撃インタビューしてきました。
 
 
いろいろお話を聞く中で、とくに多かったのが、「あきらめないで、頑張ってよかった!」でした。
 
ほんと、そうですよね。
 
 
なかには、今回の受験を最後と位置づけて、背水の陣で臨んだ方もおられました。
 
 
今、このモリエールを読んでいただいている方の中にも、なかなか結果が出ず、くじけそうな方もおられると思います。
 
 
「皆さんは、独りじゃありません。」
 
 
いつも中身のないモリエールで申し訳ないのですが、皆さんの合格を願う気持ちだけは、この森、誰にも負けません!!
 
こんなモリエールですが、今後とも皆さんのお役に少しでも立てるよう頑張りますからねっ!
 
 
一緒に頑張っていきましょう!
 
 
そして来年は、皆さんに森が突撃インタビューをしに行きますので、その時は、「あきらめないで、頑張ってよかった!」と答えてくださいね。
 
 
伊藤塾長の言葉を借りますが、「やればできる 必ずできる」です!
以上、「皆さんを励まし隊」隊長のモリエールでした。
 
 
次号より、速攻接着……、すみません、いつもの悪いクセです(反省)
気を取り直して、速攻実力なる受験テクニックを、随時、お伝えしていきたいと思っています。
 
どうぞ、お楽しみに!
 
 


第96回 とにかく問題を解いた。でも…

2018.2.14

皆さん、こんにちは。
「バレンタイン 年中受付け モリエール」です。
さっ、今日もはりきっていってみましょう!
 
 
今回も、こんなエピソードを。
今回の行政書士試験合格者の中で、最年少合格者(18歳)が全国で4名出ました。
 
 
なんと、そのうちの1人が、森クラスなんですよね。
もちろん一発合格です。
 
 
さっそく、合格の秘訣を聞いてみました。
その秘訣がこちら。
 
 
「とにかく問題を解いた」です。
 
 
ただ、ここに大事なポイントがあります。
 
 
「テキストにバッチリ載っている論点の問題は、しっかり何度も見て覚え、載ってない問題は、とりあえず置いておく。」
 
 
これを意識して問題解きをコツコツやったとのことでした。
はい、いわゆる「メリハリ」ってやつです。
 
 
人間、使える時間も労力も限られてますからね。
 
全ての問題を解いて、把握することはほぼ無理です。
押さえるべき問題に的を絞って、効率的に学習をした結果が、今回合格に結びついたんですね。
 
 
あっ、ちなみに、あともう1つ合格の秘訣があるとのことでした。
 
 
それが、「森先生の言うことを信じて、やり抜いたこと」だそうです。
 
 
・・うぅ、なんていい子なんだ(泣)
いえいえ、森のやったことは、微々たるもんです。
全ては、君の努力の賜物ですよ!
 
 
でも、ありがとね。
これを励みに、これからもモリエール、頑張ります!

以上、ファイト一発モリエールでした。
See you.
 


第95回 講師13年目のある一日。

2018.2.7

皆さん、こんにちは。
昨日一つ歳を重ねたモリエールです。
 

今回は、こんなエピソードを。
先日、森クラスの講義後、合格者の方がご挨拶に来て下さいました。
 

71歳男性の方です。大病をわずらい、まだ体調が完全ではない中お越し下さいました。(大変恐縮です・・)
奥様も同伴で、終始笑顔で「ありがとございました。」と感謝のお言葉を頂きました。(いえいえ、もったいないお言葉・・)
 

帰り際もお二人とも笑顔で、「この資格を、今後は実務に活かしていきます。」と仰って帰られました。
やっぱり、改めて思うんですね。
 

『この笑顔が見たくて、自分は講師をやっているんだなぁ』って。
 

誰かの力に少しでもなれて、「ありがとう」と笑顔で言われたら、今までの徹夜での講義準備や、その他諸々の苦労なんて、一瞬で吹っ飛びます。
 

というか、そもそも苦労に感じなくなります。

お二人の姿が見えなくなるまでお見送りをした後、「よし、もっと頑張ろう!」とパワーがみなぎった、講師歴13年目のある一日でした。
 

次は、皆さんの笑顔が見たいです!
そのために、モリエール、これからも皆さんのお役に立てるよう頑張りますからね!
 

一緒に合格を目指して頑張りましょう!!
以上、齢をひとつ重ね、より脂が乗って来たモリエールでした。
 


第94回 行政書士試験の合格発表がありました。

2018.1.31

皆さん、こんにちは。モリエールです。
2018131日、行政書士試験の合格が発表されました。
 
 
晴れて合格された皆さん。
 
 
本当におめでとうございます。
合格祝賀会にてお待ちしておりますので、是非ご参加くださいませ。
 
 
さて、今回惜しくも涙を呑まれた皆さん。
 
 
特に今回の試験では、思っていたほど記述式の点数が伸びず、合格まであと一歩だった方も、多くおられると思います。
 
 
とてつもなくショックだと思います。
なにも手につかないと思います。
 
 
でも、そんな大変な中でも、このモリエールを読んでいただいている皆さん、「皆さんは、独りじゃないです。」
 
 
独りで考え込んでしまうと、どんどんマイナスのイメージが生まれてしまいます。
 
 
そんな時は、「是非、我々を頼ってください」。どんなことでも構いません。
我々講師陣も、カウンセリング枠を増設して、皆さまのご連絡をお待ちしております。
 
 
 
もう一度だけ言わせてください・・・
 
 
「皆さんは、独りじゃないです。」
 
 
次の一歩を踏み出すお手伝いをさせてください。
言葉以上に、この想いが皆さまに届けば幸いです。
 
 
以上、モリエールでした。


第93回 そうだ合格ゼミ、行こう!

2018.1.24

皆さん、こんにちは。
1にうがい、2に手洗い、3・4がなくて5にモリエールです。
 

さて今日のテーマは、ズバリ
「合格に必要なコト」でいきましょう!
 

いくつかありますが、その中でも特に大事なのが、「弱点・盲点の把握」です!
 

自分では、どの論点は、もうバッチリ覚えていて、どの論点は、曖昧なのか?
これを浮き彫りにして、潰していかなければなりません。
 

ただ、この作業、なかなかお一人での学習では、浮き彫りにしにくいものなんですよね・・
実は、上記に少しでもお役に立てればと始めたのが、「森の合格道場」です。
 

師範代森の問いかけに、皆さんが答えていく。
この双方向のやりとりによって、皆さんの弱点・盲点を潰していくことができます。
 

ところで、皆さん、
このやりとりを更に本格化したものがあるのですが、ご存知でしたか?
 

それがこちら!
 

伊藤塾の「合格ゼミ」です。
 

問題解きを通じて、お互いに質疑応答のキャチボールをしながら、どんどん論点を潰していきます。
2018年は、「合格ゼミ」を活用して、合格を確実なものにしましょう!
 

さあ、ちょっと興味を持ってしまった、皆さま!
これから、各校舎で「合格ゼミ」が始まります。
 
初回は、無料体験ができますので、まずは、どんなものなのか、お気軽に体験しに来て下さい。
 
ちなみに師範代森も、「合格ゼミ」担当講師の一人です。
 

「そうだ 合格ゼミ、行こう」
皆さまのお越しをお待ちしております。
 


第92回 森の合格道場 憲法編

2018.1.17

皆さん、こんにちは。
成人式の記憶がセピア色(もしくは白黒)のモリエールです(汗)
 

さて、1月も半ばになり、勉強脳も元に戻りつつあるかなと思います。
では、ここで名言。
 

「見せてもらおうか、君の憲法力とやらを!」
・・・はい、ガンダム世代でない方、なんのこっちゃですよね。
 

さっ、本題に行きましょう。
今年1発目「森の合格道場」です。
 

【問題】憲法の条文の中で「総議員」が使われているのは、どんな場面か?
 

さあ、どうですか皆さん。
確か、3場面ありましたよね。
 

では、【回答】
・臨時会(53条)
・定足数(56条)
・憲法改正(96条)
 

皆さん、全部出ましたか?
もちろん、「何分のいくつか?」も言えるようにですよ。
 

この3つは、是非覚えて下さい。
なぜなら、この3つ以外は、全て「出席議員」!と、かなり効率的に憲法条文問題を押さえることができるからです。
 

見事完答できた方、おめでとうございます、「森道場1級」認定です!
これからも、昇級・昇段目指して切磋琢磨でいきましょう!
 

以上、師範代森でした。
押忍!


第91回 Let's きっかけ!

2018.1.10

皆さん、明けましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いいたします。
 
今年は、「“わん”ダフル」な1年にしましょうね!・・・(汗)
はい、戌年と掛けてます。
 

さて、年末年始、皆さまいかがお過ごしでしたか?
 

この時期受けるご相談はコレです。
 

「森先生、年末年始、いろいろ勉強しようと思ってたんですけど・・」
「全くできませんでしたっ!!(泣)」
 

的なご相談です。
 

モリエールの回答は、こちら。
 

「ん~大丈夫!!」
 

です。
 

過ぎ去ったことを悔やんでも、先に進めませんからね。
年も変わったことですし、今までのことは「リセット」しちゃいましょう。
 

でも、今回の苦い経験は、必ず次に活かしましょうね。
人間、ただ漠然と「大型連休中に勉強しよう!」では、なかなかできないもんです。
実際に勉強に着手するためには、「強い意志」が必要です。
 

この年末年始、思うように勉強がはかどらず、今もなかなか本調子でない方。
かなえ~るを読み終わったら、「強い意志」をもって10分だけ復習してみましょう。
 

テキストを見るもよし、問題を解くもよし。
森のYouTubeを見るもよ・・これは、違うか・・
 

まずは、勉強する「きっかけ」が何より大事です。
「きっかけ」により「勢い」が生まれます。
Let's きっかけ!!
 

大丈夫、これからが勝負です!一緒に頑張っていきましょう!!
ということで、今年も、モリエールをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


第90回 よーい、Let's 憲法!

2017.12.20

皆さん、こんにちは。
あなたのイルミネーション、モリエールです。
 

前回は変に引っ張っちゃってすみませんでした。
では、前回の続きといきましょう。
 

「憲法を極め、勉強脳を作るには、どうすればよいか?」
 

答えは、ありきたりかもしれませんが、「問題を、たくさん解いて、該当箇所のテキストに戻る」です。
 

ただ、コレ、実行するのは決して簡単なことではありません。
っていうか、大変な作業です。
 

でも、実行できれば、間違いなく憲法力は上がります。
そして、間違いなくその後の民法の学習に、弾みがつきます!
 

では、どうすれば実行できるか?
 

ん〜・・
 

「テンション上げましょう!」
 

って言われても、いきなり上がらないですよね(汗)
まずは、「目標を設定しましょう!」
 

そうですね、具体的な目標としては、
 

そう、アレです!
憲法の講義が24時間分終わると、やりますよね。
 

「基礎答練」と「実力診断テスト」。
 

こちらで、高得点を狙いましょう!
 

狙うは、そうですねぇ・・
 

「最低6割、目指せ8割!」
 

なんて、どうでしょうか?
 

上記の「問題を、たくさん解いて、該当箇所のテキストに戻る」。
これが、実行できれば、いけるはずです!
 

っていうか、皆さんならいけます!
ここらで気合い入れて、一丁やっちゃいましょうよ!
 

さあ、皆さん!準備はいいですか?
走り始めますよ〜!
 

よーい、Let's 憲法!
 


第89回 憲法を極め、勉強脳を作り、乗り切る!

2017.12.13

皆さん、こんにちは。
いつも全力、モリエールです!
 

さっ、今日もアレ、やっとかないとですかね。
では、いきますよ~。
 

「洗剤じゃないですからっ!」・・・
 

はい、もうやりません(泣)
 

さて、今、合格講座本科生のほとんどのクラスでは、憲法の講義が始まっています。
皆さん、ノリノリで学習に励んでおられるかと存じます。
 

であらば、このまま勢いにまかせて、年末年始は、「憲法を極めるっ!」ぐらいの気持ちで頑張っちゃいましょう!
 

なぜか?
 

それは、今は「ノリノリ」でも、年明け、民法・行政法に入ると・・
「ヘロヘロ」になるからです(泣)
 

おそらく経験者の方は、いま「ウン、ウン」とうなづいておられると思います。
では、なるべく「ヘロヘロ」を軽減するには、どうすればよいか?
 

答えは・・
 

「憲法を極め、勉強脳を作り、乗り切る!」です。
 

では、憲法を極め、勉強脳を作るには、どうすればよいか?
 

気になる答えは・・・
次回に!!
 

最新号を受け取りたい方は…行政書士試験科 公式メルマガ「かなえ~る」に連載しています!(登録無料)