伊藤塾行政書士試験科 森 広志講師紹介

『徹底した“わかりやすい講義”を皆様に!』

森 広志(もり ひろし) 講師

“徹底した“わかりやすい講義”

先ず、これがなければ、全てが先に進みません。
講師歴15年以上経った今でも、変わることのない私のポリシーです。 今まで培ってきたノウハウ・経験すべてを皆様に捧げます。

「少しでも皆様のお力に。」
一緒に合格を目指して頑張りましょう!!

森講師のプロフィール

2004年行政書士試験合格。宅地建物取引主任者資格試験合格。2008年埼玉県行政書士会登録。
2000年より大手学習塾にて大学受験指導に携わり、2005年より行政書士試験の受験指導を開始する。現在は、伊藤塾 行政書士試験科講師として、法律初学者向けの「合格講座」をはじめ、3ヶ月で超短期合格を目指す「短期集中講座」、学習経験者向けの「夏期・直前対策講座」etc、多数の講義を担当してる。
また、「カタイ法律をやわらかく」を信条にし、「森劇場」とも呼ばれるミニ講義を数多くYou tube等を通じて配信している。受験生からは、「とてもわかりやすい!」「法律の勉強がたのしくなった!」「毎回、講義を聴くのが楽しみ!!」etc、とかく抽象的で小難しい印象のある法律学習を、具体的に身近にイメージさせる伝達力は、他に類をみないほど突出した技能を持っている。

森講師による「Mori 法律劇場」

行政書士試験に合格する人・しない人

うかる!行政書士 パワフル実況中継

森講師が担当している講義

行政書士試験対策の学習経験がある方に


森講師Q&A

Q1 行政書士の一番の魅力は何だとお考えですか?

A. 「心にしみる依頼者の方からの“ありがとう”」
相続・離婚・許認可等、依頼者の方は、本当に困って我々のところへ来ます。  
そんな依頼者の方に寄り添い、少しでも力になれて、最後に頂けるこの言葉。
何ものにも代えがたい達成感・使命感に触れることができる仕事が、まさに「行政書士」です。

Q2 行政書士本試験の中で特に注意すべきポイントは何だと思いますか?

A.「最後の1分・1秒まであきらめない心」
本試験では、往々にして予期せぬことが起こります。見たことがない問題、ガラっと角度を変えた出題形式などなど、多くの方が「もう、ダメだ・・」となった時、ものをいうのが『あきらめない心・あがきの精神』です。
講義では、法律の知識だけではなく、この『心・精神』の養い方も皆さんに伝授致します。

Q3 講義をするときに気をつけていることは何ですか?

A.『受講生の方の立場に立った講義』
自分が受験時代に感じた「もっとこんな説明・解法テクニックだったらよかったなあ」と
思ったところを、余すところなく講義に盛り込みます。
少しでも皆さんに「ああ、なるほど!」とうなずいて頂ける講義をいたします。

Q4 講義を受ける際に特に意識してほしいことは何ですか?

A.『常に、イメージを持ちながら、知識を押さえる』
法律の文言・概念は、非常に硬いです。そのまま覚えようとしても、すぐ限界がきてしまいます。
講義では、皆さんがなるべくイメージしやすいように、登場人物や時には実務の経験を絡めて、とことん硬い概念をやわらかくしていきます。

Q6 受験をするにあたって気持ちの面で大切なことは何ですか?

A.『なんとかモチベーションを維持すること』
ただこれ、なかなか難しいです。幾度となく、くじけそうになる時があります。
そんな時には、後ろを振り返ってみて下さい。私、森が皆さんの背中をしっかり支えているはずです。
皆さんのモチベーションは、森が上げます!