伊藤塾行政書士試験科 渡貫 有紀(行政書士 合格者)紹介

渡貫 有紀さん

渡貫 有紀(行政書士 合格者)

プロフィール
・2021年度 行政書士試験合格

メッセージ

私はコロナ禍で家族以外の人とはほとんど会えなくなったのを逆にうまく利用して、
ほんの2,3人の友人にだけ試験に挑戦することを打ち明け、あとはSNSでの自分からの発信を一切やめ、
こっそりと試験勉強をしていました。
合格発表後の「合格しました!」投稿ではとても大勢の方から祝福されて、本当に嬉しかったです。
これはやはり合格した人だけの特権。ぜひ皆様にも味わってほしいと思います。


Q&A

Q1 行政書士の一番の魅力は何だとお考えですか?

A:紛争案件を扱う弁護士と違って、紛争にならないために予防ノウハウを国民に提供出来ることだと思います。
また取扱業務が多岐に渡っていることも魅力的です。

Q2 行政書士本試験の中で特に注意すべきポイントは何だと思いますか?

A:簡単に受かる試験ではないので、絶対に受かってみせる!と自分自身に誓うことだと思います。
そうすれば何をすべきか、何をすべきでないのかが自ずとわかるので、後は目標に向って淡々と進むのみだと思います。

伊藤塾の講師を信頼して、他の教材には目もくれないことも大事です!

Q3 講義を受ける際に特に意識してほしいことは何ですか?

A:民法は、自分が当事者になった気になって聞いてみると情景が思い浮かべやすく、理解も進みます。
行政法は手続をする側と受ける行政側になった気になって聞いていると、記憶されやすいと思います。
憲法は最高裁の考え方の方向性を意識しながら聞くことです。
また、講師に「ここは必ず覚える!」と言われた所は、その週のうちに覚えようと努力をすること。
逆に「ここは飛ばしていい」と言われた項目は、綺麗さっぱり飛ばすことです。

Q4 復習の際に気をつけてほしいことは何ですか?

A:テキストを読むだけで記憶できるほどの簡単な分量ではないので、
問題を解きながら理解を深めるつもりで、とにかく何度も繰り返すことです。

Q5 受験をするにあたって気持ちの面で大切なことは何ですか?

A:他人は他人、自分は自分、と割り切ることです。
とにかく他人と比べない!

Q6 セールスポイントがあればお願いします。

A:法律は全く初学者で、結構いい年なのですが1回の受験で合格しました。
これまで語学で培ってきた記憶の定着のノウハウなどがあるので、
そういった日頃の学習方法などで受験生のお手伝いが出来れば嬉しいです。