真の法律家・行政官を育成する「伊藤塾」
  {} カート

トップ > 資格・試験一覧 > 公務員試験 > 特集一覧 > 私たち、伊藤塾で学習を始めました!2020年公務員試験対策講座 

私たち、伊藤塾で学習を始めました
私たち、伊藤塾で学習を始めました

法律資格試験とは異なり、<人物>そのものも問われる公務員試験。
合格・内定につながる経験をたくさん積んでいただくため、伊藤塾の公務員講座は時間の自由が効くWeb受講が基本。外出自粛要請が続く中でも、多くの受講生が、伊藤塾で勉強を進めています。
学習状況をお伺いする中で、受講生の皆さんからお寄せいただいた声を、一部ご紹介します。

2020年公務員試験対策講座 受講生の声

ガイダンスで話を聞くまでは、 公務員試験のために2年生から準備している人がたくさんいるということを知りませんでした。 部活をしているため、周りよりも早く勉強を始めた方がいいと思い、早くから学習を開始しました。伊藤塾に入っていなかったら、自分ではやることを見つけられなかったと思うので、 自分がやるべきことが明確になったので伊藤塾に入ってよかったなと思います。
Web講義は、何度でも見返せるので復習しやすいです。 ゼミは他の講義と違って質問もライブで聞けるので、 いつもよりも周りの存在を近く感じられて刺激をもらえました
この時期から勉強を始めようと思った理由は、以前参加した伊藤塾の説明会で始める目安の最終リミットが 3回生の春だと知ったことです。ほんとは2回生の後期から始めたかったのですが、動き出せませんでした。 良くも悪くもこの社会情勢で自分の時間が確保できるので、自分を律すればいくらでも好きに勉強できるという点は良いと思います。
講義は、テンポも良く聴きやすいです。また、 大学の授業よりも、ものの根幹について説明してくださるので、これまでの自分の勉強が判例を覚えるだけの理解を伴わない質のよくないものだったということを痛感しています。
将来就きたい仕事に就くために、具体的な職種、場所についても考えていきたいと思います。
伊藤塾の説明会や内定者講演会を聴いてモチベーションが上がったため、 遅くに始めるよりは余裕をもって勉強できると思って、早めに始めることにしました。
Web講義は、 気になる点を繰り返し聴けるので助かります。また、 自分では対策しにくいと感じていた政策論文、総合論文試験について、ゼミでたくさんの情報・知識を得ることができ、今後の勉強の指針にもつながり、とても満足しています。
目標は教養区分に合格することです!政策などの知識もつけていきたいです。
空いた時間に勉強できる状態になっていたので、早くから始めておいてよかったです。他のスクールとも色々比べましたが、他のスクールは2年間のカリキュラムだと2年分の受講料がかかるけど、 伊藤塾は2年間でも同じ値段だったのでいいなと思いました。
高校の時の Web講義は使いづらかったですが、伊藤塾の Web講義は区切りやタイトルがあるので、戻って聴く時など、とても便利で勉強しやすいです。 忙しくてなかなか校舎に通えないのでWeb受講は便利です。
早めに学習を始めた理由は、容量のいい人は遅くから始めても間に合うと思うのですが、私は面接対策などに不安があり、 早めに勉強を始めておかないと間に合わないと思ったからです。伊藤塾を選んだ理由は、伊藤塾の講師の方が 大学の授業よりわかりやすい講義を展開されているのを体験したからです。
Web講義は、 ネットが繋がっていればどこでも見られる点がいいです。ゼミでは初めて論文を書いたので、うまく書けませんでしたが、解説講義でとても詳しい情報を提供してくれたので、 次回のゼミで書く論文はもう少し形になるのではないかと思います。また、コロナウイルスで対面受講ができない分、別の対策を講じてくださるとのことで不安が解消されました。
自分は時間をうまく使うのが苦手であまり要領がよくないと思っているので、早くに始めました。それでも少し遅かったかなと思っているぐらいです。 早くから始めてよかったなと思うこと国家総合職の教養区分も狙えることと、 大学の受講とも合わせて勉強しやすいことです。今は公務員試験に向けて法律科目を勉強しようと思っていますが、 後々法科大学院に進学したくなるかもしれないことを考えると、法律科目の勉強に力を入れやすく、法科大学院進学において名高い伊藤塾がいいと思って選びました。
Webの佐藤講師の講義はわかりやすいですし、倍速で聴けるのもありがたいです。
早くに開始して良かったなと思うことは、 教養区分での合格を視野に入れて対策を始められる時期だったことです。あとは、 法律系科目について余裕を持って対策できること、最初から 科目を捨てることなく対策できることです。はじめは法律以外の区分での受験を考えていたのですが、経済や政治国際の勉強が肌に合わなかったので法律区分で受験することにしました。そこで 法律区分に強い伊藤塾の説明を聞きに行き、 論文や政策討議の対策ができるゼミがあることに魅力を感じ、伊藤塾に決めました。ゼミで勉強仲間が見つかりモチベーションを保てるかなとも思いました。ゼミを担当する佐藤講師から 法律系と行政系の科目を同じ講師から学べることも学習効率が上がるのではないかと感じました。
Web講義については、講義の内容自体はとても勉強になっており全く不満はないです。講義ごとに話の切れ目でチャプターが表示される機能はとても便利なのでありがたいです。ゼミではハードルの高さを感じましたが、講師が初めて書いた人はまだ書けなくてもしかたないと励ましてくれたので、しっかり勉強していこうと思いました。匿名で質問できるのも良いと思いました。早く対面でも同じゼミのみんなに会って、気を引き締めながらゼミを受けたいなと思いました。
今の目標は教養区分で合格して、民間就活も取り組みながら希望の省庁に内定したいなと思います。
部活との両立が厳しいと思っていたので、早めに就活のことも考え始めた際に、改めて国家公務員に一番なりたいと考え、この春スタートしました。3年生からのスタートは遅い方の部類に入るかもしれないですが、まだ一応教養区分を狙えるタイミングで対策を始めることができたことはよかったと思っています。
Web講義については、 部活もあるので隙間時間に倍速とかで聴けるので助かっています。
今後の目標は今年の教養区分、もしくは法律区分で上位合格することです。
今の時期に勉強を始めた理由は、元官僚だった高校の先輩から公務員の勉強は2回生の冬から3回生の春の間ぐらいから始めた方がいいというアドバイスをいただいたことです。実際始めてみて出遅れずに進めているように思います。伊藤塾を選んだ理由は 最終合格ではなく、内定までを見据えることを大切にしていたからです。
佐藤講師の Web講義はわかりやすく、また1コマの長さもちょうどいいぐらいです。ゼミについては、初めて書いた論文は的外れなものでこれから合格ラインまで達することができるか不安ではありますが、これから成長できるように頑張ろうと思いました。
もともと公務員になりたいと考えてはいたものの、何も手をつけずに1年が過ぎてしまいました。 2回生になったこれからはしっかりできることをやりたいと思ったので2回生のこの時期に始めました。効率的に勉強することの大切さや、 周りの人がもう勉強を始めていることを危機感として持てているので、そこは、今始めていて良かったと思います。
今まで本当に勉強をしてこなかったので自分に合った勉強法などもわからず、具体的にやりたいことなども決まっていないですが、 今はできることをやって、将来の選択肢が少しでも増えるように努力したいと思っています。
2年生から始めた理由は、 志望先が大体決まった中で、できるだけ早めから準備をしておきたかったからです。伊藤塾を選んだ理由は、大手だからという理由と、大学で伊藤塾の講師の体験講義に参加して好印象を持ったからです。

この春、国家総合職と国家一般職・地方上級の2つのゼミがスタート
初回ゼミ実施後、受講生からいただいた声を一部ご紹介します。
*ゼミは3年生を対象としたものです。コロナウィルス対策による校舎閉鎖のため、現在全てのゼミは<ライブ配信>で実施しています。

とにかく自分の知識不足を痛感しました。日々のニュースにアンテナを張る必要性や、政治学・行政学・財政学の基礎を理解していないことに改めて気づかされ、危機感を抱いています。
論文作成に要する 知識が自分の中でいかに足りていないか、思い知らされた初回ゼミでした。
佐藤講師の 綿密かつ知的好奇心を掻き立てる様な指導に、刺激を受けました。
1回目ということもあり、自分の解答は要求されているものとかけ離れたものになってしまいましたが、 どのようなことが要求されているかがわかりやすく説明されていたのがとても良かったです。
また心理面で不安になりましたが、そこもフォローしていただけたので、 試験まで講師についていき、がんばろうという気持ちになれました。
問題とは直接関係ない話でも、 とても興味深かったのでもっと聞きたいという気持ちになれました。
自分の知識の少なさ、理論的な論文の組み立て力の不足、様々な点で他の受験生に比べて遅れているということを強く実感しました。
2年次から参加させていただいていますが、 3年になって本格的なゼミの初回ということで、受講後のいま、改めて気が引き締まる思いがしております。外出自粛期間は基本的に自宅で勉強しかやることがないので、法律区分の対策も含めて学習を進めておりますが、 教養区分対策についてはゼミがペースメーカーになるので、このご時世の中、オンラインで開催していただけて大変ありがたいです。
国家総合職対策のことをほとんど知らなかったので、 全てがとても参考になりました
講師は、総合職ゼミが初めての人のことも考慮してお話してくださっており、とても安心して受けられました。
ライブ配信という事で、 単に動画での映像授業とは違い新鮮に感じました。教養という意味での知識不足や公務員試験に対する調査不足という意味での知識不足等、 知識の不足を強く感じました
国家総合職試験について改めて概要を確認して、 勉強を頑張ろうというモチベーションになりました。また、今後試験で 狙われそうなポイントが聞けて、 貴重な情報を得られたと思います。
政策論文は初めてだったのでどこから書き出せばいいのか分からず、困惑しました。また、自身の知識の無さを実感するとともに、論理構成も非常に稚拙であったため、半年後に教養区分で通用する論文を書けるか非常に不安になりました。 できなかった箇所はしっかり向き合い、精一杯頑張っていこうと思います。
非常に参考になった。 講師も歯に布着せずに、バッサリと本当のことをおっしゃってくださって信頼できると感じた。
解説を聴いて、 条件を見抜く練習をしていかなければならないことがわかりました。 論文の書き方や時間配分の仕方も今後学んでいきたいです。 民間との併願について迷っていたので、 お話を聞けて良かったです。
オンラインでも緊張感のある解説で、重要な内容を学んだことはもちろん、 モチベーションアップにも繋がりました。
コロナウイルスが終息しても、試験は厳しいのではないか、と不安になっておりました。佐藤講師の今後のお考えをお聞きする事ができたことはよかったです。コロナウイルスの大変な状況下で、 ゼミを通常通り受講出来る環境を整えてくださり、本当にありがとうございました。
オンラインでもわかりやすい講義でした。
初めての参加だったのですが論文の書き方が全く分からなかったので 目から鱗でした。
試験日程についてや、併願の仕方を学べました。同じゼミを受講する 全国に居る同じ境遇の人の頑張っているところを想像し、 自分も頑張ろうという気持ちになりました。

ゼミ体験も実施中
大学1年生や2年生の方にもご参加いただいています!
体験された方の声をご紹介します。

 
受験までの大まかなスケジュール、また 自身がこれから取り組むべき課題がより明確になったと思います。また、先生の説明も非常にわかりやすく勉強になったとともに、 楽しんでゼミを視聴させていただきました。自身が 公務員になるために何が必要か明確にわかったのでとても有益でした。
 
私は現在 1年生でまだ専門科目について学んでいませんが、最終的な 試験内容が知れて現在の自分との差が少しわかったのが良かったです。
とてもとても面白かったです!ためにもなりました。公務員試験を受けるかすごく迷っていたのですが、 講座を受けてやっぱり目指したいなと思いました。こんな試験受けている人なら、それはしっかりした切れ者が官僚になっていくんだなと強く感じました。
論文の解説がとてもわかりやすかったです。 どのような点に着目して論文を書けば良いのかをイメージすることができました。
今回初めて論文演習をしたので、難しく感じる部分もありましたが、 初歩的なところから説明してくださったので、とてもわかりやすかったです。また、論文演習の話だけでなく、公務員試験の制度や日程の話、面接でのポイントなども聞けて、とてもためになりました。受講してよかったです。
受講中の講座はこれ!

 

最新の公務員ガイダンスや講義の無料体験、ご相談をお待ちしています

【志望先やエリア別の試験情報】【体験講義】などなど、コンテンツ満載です。
YouTubeで観る!伊藤塾の公務員ガイダンス ⇒