担当講師

{"koza_id":"24C00001"}

受講形態

{"koza_id":"24C00003"}

【オプション(有料)】スタディサポート
Zoomで講師や他の受講生と繋がり、講師に直接質問したり、参加者同士で交流したりすることができます。学習上の疑問点を解消できるほか、学習のペースメーカーとなるので、安心して学習を継続することができます。また、講師や他の受講生との交流は、モチベーションアップにも繋がります。
長丁場の試験勉強を最後まで「安心」して「高いモチベーション」を持って続けることができるのが、「スタディサポート」の特長です。

>>スタディサポートの詳細はこちら

【オプション(有料)】復習アシスト講義
復習アシスト講義とは、1週間配信分の講義(約9時間)につき、1回約30分で重要ポイントをおさらいし、受講生の復習をアシストします。
講義は受講生への重要ポイントの「問いかけ」を用いて行うため、復習アシスト講義に沿って復習をすることにより、既習範囲の「アウトプット」の機会となるとともに、効率的な繰り返し学習が可能になるため記憶の定着にもつながります。
また、全講義が終了した後の本試験直前期においても、復習アシスト講義を利用することにより、短時間で全科目の重要ポイントの総復習をすることができます。
受講生の合格をアシストする講義として是非有効活用してください。

>>復習アシスト講義の詳細はこちら



対象者

・法律を初めて勉強する方
・法律を基礎からしっかり学びたい方
・決められたスケジュールに沿って学習を進めたい方
・独学で勉強したけれど手ごたえを感じない方


日程(講義配信日・教材発送日)

■講義配信日程

▼画像クリックでPDF表示

■教材発送日程

▼画像クリックでPDF表示

 


講座内容

特長① 短期合格者を輩出し続ける王道カリキュラム

スタンダードコースは、山村拓也講師による一貫指導により、合格に必要十分な講義を展開する王道カリキュラムであり、毎年、短期合格者を輩出し続けています。初学者から受験経験者まで幅広く受講することができる最もスタンダードなコースになっています。

★POINT★
週3回の決められたスケジュールの講義に沿って着実に実力を身に付けることができます。また、講義では講義内容はもちろん、学習スケジュールの組立て方やメンタル面のサポートなど充実しているため、まさに司法書士試験の合格に必要な要素が「オールインワン」になっているコースとなっています。

特長② 絞り込みと繰り返し

司法書士試験は試験範囲の情報量が非常に多い試験ですが、出題されやすい分野は決まっています。
伊藤塾では膨大な情報から確実に押さえておくべき情報に絞り込みをかける講義を行っているため、無駄のない効率的な学習が可能です。

★POINT★
単に消化困難な量の演習をするのではなく、演習素材を絞り、重要なものだけ繰り返してこなせる分量を提供します。量ではなく質を重視するのも、伊藤塾カリキュラムの特長です。

特長③ 万全な記述式の解法指導

司法書士試験でしか見られない形式のため馴染みがなく、多くの初学者が不安に感じる記述式ですが、早い段階から記述対策に取り組み、確実な合格を見据えた解法指導を行っています。
問題文のどこに着目し、どこをどう読めばよいのかを丁寧に指導していくため、本試験の複雑な問題にも自然と対応できるようになります。

★POINT★
記述式は、問題の事例に従い登記申請書を書かせる、いわば模擬の登記申請を行う形式です。記述式対策では申請書の書き方(雛形)を正確に覚え、試験問題の事実関係をピジュアル化する解法(答案構成)を習得する必要があります。伊藤塾の記述対策では解法(答案構成)をーから丁寧に行っていきます。


カリキュラム

▲画像クリックで拡大表示

■講義-INPUT-
 ~盤石な基礎を身につける~

■Point1 法律用語を易しく解説
■Point2 主要科目の全体像を知る
初めて法律を学ぶ方の疑問を解消して、講義をスムーズに受講することを目的とします。講義の受け方や復習の仕方、効率的な学習方法、そして条文の読み方や初心者になじみのない法律用語を基礎の基礎から学んでいきます。また、特に重要な主要科目(民法・不動産登記法・商法・商業登記法)について、目的や趣旨を理解し、全体像を見ていきます。

科目 時間数
総論 3時間
民法 6時間
不動産登記法 3時間
商法・商業登記法 6時間
■Point1 合格に必要な知識を網羅
■Point2 ランク付けで優先順位を明示
■Point3 方法論を用いた記述式指導
この本論編では合格に必要な知識を確実に身につけることができます。講義では分野ごとに重要度をランク付けしていくので、優先順位を付けて学習を進めることができます。また、記述式対策も組み込まれているので、早期から方法論を用いた指導を受けることができます。
科目 時間数
民法 96時間
不動産登記法 87時間
商法 51時間
商業登記法 42時間
民事訴訟法 27時間
民事執行法・民事保全法 15時間
供託法・司法書士法 18時間
憲法 21時間
刑法 24時間

さくっと解決!FAQ講義(担当:北谷馨)
本論編の講義とは別に、「ここが聞きたい」という躓きポイントを、各回5分程度のミニ講義で分かりやすく解説していきます。実際に多くの受験生から質問のあった箇所をピックアップしますので、疑問点の解消に役立つ内容となっています。
テーマ別に配信しますので、「自分はここが苦手」というところだけ視聴することもできますし、復習を兼ねて一通り視聴するということもできます。学習の可処分時間に応じて、それぞれに合った使い方ができます。
全50回程度を予定していますが、質問の多い箇所については随時配信を行っていきます。

■演習-択一式OUTPUT-
 ~特に重要な知識を厳選出題~

本論編で取り上げた内容のうち、特に合格に欠かせない知識をドリル形式にした教材です。主にご自宅で学習する復習用教材です。本試験の問題形式より若干易しい問い方をしているため、講義と問題演習の橋渡しの役割を果たします。このドリルによって、講義内容を理解しているか確認することができ、その後の学習に取り組みやすくなります。

問題を解くためには、正確な知識はもちろんですが、問題文のどこに着目するのか、どのような時間配分で臨むのか、といった解法スキルが必要となります。伊藤塾では、「択一式基礎力確認テスト」を各科目の講義終了後に実施し、知識の定着度の確認を行うと共に、解説講義を通して解法スキルの習得ができます。
●担当講師:北谷馨講師

科目 回数
民法 3回
不動産登記法 3回
会社法・商法・商業登記法 3回
民事訴訟法等 2回
憲法・刑法 1回

■演習-記述式OUTPUT-
 ~記述式は、早い時期から段階的に学習~

記述式答案を作成するために“登記申請書の基本の型(雛形)”を身に付けるためのドリル形式の教材です。主にご自宅で学習する復習用教材です。当教材では、記述式対策には答案作成に必要な「型」を確実に覚えることが重要です。この教材は入門講座テキストとリンクしているので、択一式と記述式を関連付けて効率よく学習をすることができます。

記述式演習では、本試験と同じ形式の問題に取り組みます。基礎編ではまず、2件の登記申請が必要な比較的易しいレベルの問題に取り組みます。また実践編では、3件以上の登記申請が必要な、本試験に近いレベルの問題に取り組んでいきます。このように、段階的に記述式問題の演習に取り組むので、知識と解法を着実に無理なく習得することができます。

  科目 回数
基礎編 不動産登記法・商業登記法ともに、
本論編の講義内で実施します。
実践編 不動産登記法 5回
商業登記法 5回

■本試験のシミュレーション

極度の緊張感の中で長丁場となる本試験に臨むにあたっては、本番である本試験と同じ環境であらかじめ場慣れをしておくことが大事です。そこで、全国公開模擬試験では、本試験と同じ形式・同じレベルの問題を同じ時間帯で実施し、本試験同様の緊張感で受けていただきます。伊藤塾の全国公開模擬試験は「本試験に最も近い」と合格者から毎年絶賛される高い質を保っています。最後の本試験のシミュレーションとして最適な機会となっています。


使用教材

■入門講義テキスト

▼画像クリックで拡大表示

★合格者K.Nさんの使用した入門講義テキスト★

一色刷りのシンプルなテキストなのでポイントをマークした箇所も目立ちますし、余白にメモを取りやすいレイアウトも良かったです。講師がマーク箇所を指摘してくださるので講義のときはその箇所を、復習や問題演習のときに自分で 必要なマークを増やしていきました。また講義で使用されるパワーポイントレジュメも必要に応じて該当箇所に貼り つけて一元管理しました。最終的にマークや書き込みが多いページとあまり手を入れていないページができ、メリハリのきいた自分だけのテキストになりました。

■基礎力完成ドリル(択一式・記述式)/択一式基礎力確認テスト/記述式演習(基礎編・実践編)

■全国公開模擬試験

▼画像クリックで拡大表示

■教材発送日

LinkIcon 日程の詳細はこちら

講座ガイダンス


このコースで受けられるサービス

{"koza_id":"24C00001"}