担当講師

{"koza_id":"22C00007"}
・ウォーミングアップ編/基礎力完成編/応用力完成編:宇津木卓磨講師
・択一実戦力養成答練:宇津木卓磨講師
・記述式答案構成力養成答練:山村拓也講師


受講形態

{"koza_id":"22C00007"}
本コースに含まれる『択一実戦力養成答練』について、教室(通学)でライブ講義の受講を希望される方は、【教室(通学)オプション】を別途お申込みください。
※『記述式答案構成力養成答練』の【教室(通学)オプション】は、定員に達したため受付を終了しました。



対象者

・2023年が初受験だった方
・初学者向けの講座を終えた方
・基礎からもう一度学習し直したい方
・宇津木卓磨講師の一貫指導を受けたい方


日程(講義配信日・教材発送日)

■講義配信日程

 

▼画像クリックで日程表を表示

■教材発送日程

 

▼画像クリックで日程表を表示


講座内容

基礎から無理なく合格レベルへ!
宇津木卓磨講師の一貫指導で実力を飛躍的に向上させる!

 
本コースは、「ステディ(着実に)」をコンセプトに,基礎から学習し無理なく合格レベルの実力を身につけることができる、入門講座を学習経験者向けにアレンジしたコースです。
「入門講座講義テキスト」を使用するため、改めて基礎から学習ができ、「基礎が分かっていることが前提になる」ということがなく、安心して学習することができます。
講義は、「理解を深める」ことを重視するために、イメージ図などを用いて理由付けをしっかりと行いながら展開していきます。
また、可処分時間や学習到達度に応じた勉強ができるように、次の3つの工夫をしています。
 
① 講義はテーマ別で1講義45分の上、ほぼ全ての講義がすぐに受講できるため、自分の苦手な弱点分野だけ優先して受講することができます。「全ての講義を聴くのは時間的に難しい」という場合は、スポットで講義を聴くことで時間短縮が可能です。
②講義内で本試験で狙われる箇所の問題演習を行っていくので、復習時間の短縮を図ることができます。
講義以外のフォロー動画(学習方法・合格者講演・実務家との対談動画など)を随時配信しているので、モチベーションを維持しながら学習を継続することができます。
 
このように、基礎から無理なく合格レベルへ実力を底上げできるコースとなっています。


カリキュラム

▲画像クリックで拡大表示

ウォーミングアップ編

学習経験を活かして本コースを最大限活用していただくためのウォーミングアップとなるパートです。
まず、①「オリエンテーション」で学習経験者向けの効率的な講座活用法をお伝えし、②「2024年合格に向けての傾向と対策」で最新の本試験分析を踏まえた今後の学習指針をお話しした上で、③「法改正の全体像」で来年の試験に影響のある法改正の概要をお伝えします。

科目 テーマ数
オリエンテーション(講座活用法) 1
2024年合格へ向けての傾向と対策 1
法改正の全体像 1

基礎力完成編

■Point1 合格の基盤となる基礎力を完成
■Point2 頻出・重要分野に重点を置く講義
■Point3 記述式では基本問題を確実にクリアする
頻出・重要分野に重点を置き、合格の基盤となる基礎力を完成させます。 基本中の基本から講義をするため、基礎知識の取りこぼしが生じることはありません。講義では、イメージ図を用いながら出題されやすい箇所を重点的に解説し、講義内で問題演習も行っていくので、インプットのみならずアウトプットも同時並行で行うことができます。

科目 テーマ数 演習回数
民法 72 択一式3
不動産登記法 66 択一式3
商法 39 択一式3 
商業登記法 36
マイナー科目 60 択一式3

応用力完成編

■Point1 合格までのあと一歩の応用力を完成
■Point2 合否で差が付く分野に重点を置く講義
■Point3 記述式では本試験レベルの問題をクリアする
合否で差が付く分野に重点を置き、合格まであと一歩の応用力を完成 させます。基礎力完成編よりさらに講義内で演習を行う問題の分量を増やしているので、より実践的で得点に直結する学習が可能です。また、基礎力完成編で学んだ知識もブラッシュアップしていくので、より記憶を強固にすることができます。

科目 テーマ数
民法 8
不動産登記法 7
商法 5
商業登記法 3
マイナー科目 7

記述式演習

記述式対策では、「①雛形が書ける(記述式基礎力完成ドリル)」「②基本的な連件申請の問題が解ける(記述式演習基礎編)」「③本試験レベルの問題が解ける(記述式演習実践編)」といった、段階的に実力を身につける指導を行います。解答へのアプローチの方法も含めて指導するので、記述式に苦手意識を抱える方もスムーズに学習できます。

科目 演習回数
不動産登記法 10
商業登記法 10

択一実戦力養成答練

■Point1 徹底した本試験問題分析をもとにした本試験レベルの新作問題
■Point2 効率的に実力を伸ばすことができる綿密な解説テキスト&講義
■Point3 ゴールまでの距離を毎回講義で明確化

本試験レベルの新作問題の演習を通じて本試験で得点できる実戦力を身につけていきます。本答練に取り組むことにより、過去問知識の定着度確認とともに、応用型の問題への対応力の強化を図ることができます。さらに、未知の問題に対応できる解法スキル・現場対応力も養成することができます。

科目 演習回数
民法 3
不動産登記法 3
商法・商業登記法 3
民事手続法・司法書士法 2
憲法・刑法 1

記述式答案構成力養成答練

■Point1 近時の出題傾向を踏まえた全問良質の新作問題を出題
■Point2 緊張感溢れる参加型講義により、実戦的かつ効率的に「答案構成力メソッド」を習得
■Point3 答案作成までの思考の流れを重視した、充実の解説テキスト
本試験レベルの新作問題の演習を通じて本試験で得点できる実戦力を身につけていきます。事例や知識のビジュアル化、実際に問題を解く際の思考プロセスの検証などを通じ、本試験で合格答案を作成する実力を身につけていきます。

科目 演習回数
不動産登記法 6
商業登記法 6

全国公開模擬試験(全2回)

極度の緊張感の中で長丁場となる本試験に臨むにあたっては、本番である本試験と同じ環境であらかじめ場慣れをしておくことが大事です。そこで、全国公開模擬試験では、本試験と同じ形式・同じレベルの問題を同じ時間帯で実施し、本試験同様の緊張感で受けていただきます。伊藤塾の全国公開模擬試験は「本試験に最も近い」と合格者から毎年絶賛される高い質を保っています。最後の本試験のシミュレーションとして最適な機会となっています。


使用教材

■講義テキスト

▼画像クリックで拡大表示

★合格者K.Nさんの使用した入門講義テキスト★

 一色刷りのシンプルなテキストなのでポイントをマークした箇所も目立ちますし、余白にメモを取りやすいレイアウトも良かったです。講師がマーク箇所を指摘してくださるので講義のときはその箇所を、復習や問題演習のときに自分で 必要なマークを増やしていきました。また講義で使用されるパワーポイントレジュメも必要に応じて該当箇所に貼り つけて一元管理しました。最終的にマークや書き込みが多いページとあまり手を入れていないページができ、メリハリのきいた自分だけのテキストになりました。

 

■基礎力完成ドリル/基礎力確認テスト/記述式演習

■全国公開模擬試験

▼画像クリックで拡大表示

■教材発送日

LinkIcon 日程の詳細はこちら


質問制度

【Webで24時間受付の無料質問制度】
合格者が受講生の疑問を解消。丁寧かつスピーディーな回答は多くの合格者も絶賛。
「講義のあの部分、テキストのこの部分がわからない」「どのように勉強すればよいのだろう」「学習スケジュールをどうリカバリーすればよいだろう」など、学習を進めると湧いてくる疑問や悩みに、指導経験豊富な講師やクラスマネージャー(司法書士合格者)が、きめ細やかに対応いたします。
 
■伊藤塾は講師・合格者が責任をもって回答!
 講師をはじめとする合格者が、責任を持って丁寧に回答しています。
■伊藤塾はスピード回答!
 原則1週間以内に回答しています。
■伊藤塾は無料回答!
 安心してご利用いただけるよう、料金はかかりません。
 
ご利用には事前の登録が必要です。講座申込後、[ マイページ新着情報 ]にて案内をご確認ください。


体験講義


このコースで受けられるサービス

{"koza_id":"24C00017"}