【無料公開講座】 2017年合格戦略 口述直前ポイント講義

~予備試験最終合格へ向けて、必聴の講義です。~
2016年口述試験1位の口述再現が手に入る! 
Web配信中!

 

【無料公開講座】口述直前気合入れ講義

~伊藤真塾長が必ず合格する意欲を伝えます~
Web配信中!

 

2018年司法試験プロジェクト奨学生 大募集!!
<2017年予備試験論文合格者対象>

~2018年司法試験合格を徹底サポート!<申込特典もあり>~
今すぐ2018年司法試験プロジェクト奨学生にお申込ください。

 

司法試験合格を誓い合う会 実施!

~司法試験合格に向けた最短必勝プログラムをご案内します。~

 

【無料公開講座】 2018年合格戦略 予備試験合格答案分析会

~合格ラインを突破するための対策について明確な指針を提示します。~
東京校ライブ 11/12(日)10:00-16:15  
Web配信 11/14(火)18:00

 

2018年合格予備試験対策講座

~受験生応援 特別割引 も実施中!~
10月より受験生定番「コンプリート論文答練」各校で開講

 

予備試験マンツーマン指導


~一人ひとりの学習成果の現状に応じて、個別の学習サポートを提供します。~

 

司法試験入門講座 再受講応援キャンペーン

~伊藤塾の入門講座から、再度法曹へのスタートをきりませんか?~
入門講座再受講割引 11/30(水)まで45%割引実施中!

 

伊藤真塾長からの手紙
-2017年予備試験論文式試験合格発表を受けて-

残念な結果に脱力してしまった方も多いと思います。
論文試験に向けてはもちろん、試験後も口述や司法試験を見据え必死に頑張ってきたのであれば当然です。
ですが、論文試験後も気を抜かずに勉強してきたその努力は来年、必ず意味を持ちます。
自信をもって突き進んでください。

もしかしたら、思うような結果ではなかったものの、悔しい中にも「やはり」という感触を持った方がいるかもしれません。
絶対にその思いを抽象的な感覚のままにしておいてはいけません。
なぜ、「やはり」と思ったのか、それを具体的に可視化してください。
敗因から目を逸らしてはいけません。
この試験は本気で合格したい人、言い換えれば
覚悟を持って自分と向かい合えた人から受かっていきます。

これから、今年の国公立ロースクール入試に臨む方も多いと思います。
上位校はほとんどが予備試験受験生です。
今日ここで、残念な結果に落胆した人たちの中での闘いです。
いち早く気持ちを切り替えて、通常どおりの勉強に戻り、目の前の志望校合格、そしてその後の予備試験や司法試験合格を見据えることができるかで勝負は決まります。
予備試験に向けてやってきたことは必ず活かされます。
気を引き締めて、実力を出し切る準備をしてください。

予備試験など法曹になるための一つのルートにすぎません。
ロースクール在学中に予備試験に合格して司法試験受験に合格してしまうことも可能です。
皆さんは、ロースクールの修了生ですら受験者の34%も不合格となった今年の短答に合格しています。自信を持ってください。

予備試験を受験している今の皆さんにとって、この試験はけっして人生の予備ではありません。自分の人生のまさに本番を真剣に生きているその証です。
予備試験という名前に惑わされてはいけません。
バイパスなどという中傷にも振り回されてはいけません。

どんな制度であろうが、法曹になりたい人は、なるために必死に努力すればいい。
別の道がよいと判断したらその道で頑張ればいい。

合格への道は人それぞれです。
皆さんは自分の人生を誰とも比べる必要はありません。どんなときも自分の人生の本番なのですから、何があっても堂々と自分らしく前に進めばいい。それだけです。

どんな試験でもそうですが、不合格になったときに環境や制度のせいにする人がいます。
ときには陰謀論まがいのことを吹聴する人もいます。
運のせいにするのはまだいい方です。気持ちはわかります。

ですが、こうした言い訳を言い始めるときりがありません。何よりも不合格の本質的な原因の究明ができなくなります。そしてたいていは目新しいものや今までやったことのないものに手を出して失敗を繰り返します。

予備試験、司法試験のレベルであれば、盤石な基礎・基本と徹底した書く訓練で十分合格できます。最先端の話ばかりする人ほど驚くほど基礎ができていません。実務で必要なものも盤石な基礎力と書く力です。
やったことのある基礎にかじりついて徹底するというのは、目新しいものに比べて自分のアラが見えるものです。その分、楽しいと感じられることは少ないかもしれません。でも、それでもやるのです。新しい発見もあるし、必ず、結果はついてきます。

論文式試験に合格していた人は、あと2週間、必死で口述試験の準備をしてください。
時間的に出来ることは限られています。
手を広げず、基礎知識の確認と原理原則から答えられるように再徹底し、さらに必ず声に出して口頭で説明するトレーニングをしてください。書くのと話すのでは大違いです。
受験生同士ではもちろん、そういう環境にない方は法律知識のないご家族を相手に定義を説明することでもかまいません。
また、伊藤塾では「口述模試」を用意していますので、こちらもぜひ活用してください。

今日の結果がどうであったにしろ、この事実を自分の成長の糧とすることです。
あなただけが今日の試験結果に本当の意味を与えることができるのですから、周りに振り回されず、明日からも自分の目指すゴールに向かって堂々と歩んでください。
ここまで頑張ってきた自分に誇りと自信を持ってください。

私はあなたがどのような決断をされようとも、最後まであなたを応援し続けます。
最後まで読んでくださって、ありがとう。

 

20171012日 

2018年予備試験合格目標の方へ

講師・予備試験ルートによる司法試験合格者の学習カウンセリング<無料> 

試験勉強に関することはもちろん、受験生活上の不安など、さまざまなご相談にお応えします。 また、予備試験対策だけでなく、その後の司法試験、法科大学院との併願等もご相談ください。
 

 

今からはじめる・おすすめ対策講座<2018年予備試験受験生応援割引実施中!> 

・予備試験答練パック
・予備試験論文過去問対策つき答練パック  他
 

再度、予備試験ルートで司法試験合格を目指そうとお考えの方

これまでの司法試験で満足のいく結果が出せなかった方、伊藤塾の入門講座から、再度法曹へのスタートを切りませんか。

予備試験ルートなら司法試験合格まで、着実に力をつけることができます。
予備試験制度もスタートから年数を重ね、試験傾向の安定とともに、合格するための最短の勉強方法が明確になってきました。
今の予備試験・司法試験は、これまでに受けた試験とは異なり、正しい方向性のもと努力をすれば、必ず合格する試験になっています。
予備試験ルートからの司法試験合格者を毎年多数送り出す伊藤塾には、
これからの時代の司法試験合格するための、豊富なデータとノウハウがあります。

 
 
旧司法試験時代の受験経験があり、まずは現在の試験の試験傾向を感じてみたいと思われる方は、ぜひ岡崎講師の「旧司法試験受験経験者のための新司法試験・予備試験答案分析講義」を受講してみてください。

 
 

学習経験を活かして次の資格へチャレンジする方へ