伊藤塾ロゴ
真の法律家・行政官を育成する「伊藤塾」
  {} カート

トップ > 資格・試験一覧 > 司法試験 ( 司法試験予備試験 / 法科大学院 ) > 特集一覧 > 【対象者別】学生向け特集 > データと合格者が教える!司法試験大学在学中合格への道 

司法試験大学在学中合格への道
合格者のライフスタイルを大解剖!
「文系資格の最難関」と言われる司法試験。いざ勉強を始めれば、その先に待っているのは大学生活そっちのけの勉強漬けの辛い毎日…、
そんなイメージを持たれる方も決して少なくないようです。
でも実際に大学在学中に予備試験・司法試験に合格された伊藤塾の先輩受講生にその実態を伺ってみると、そんなイメージとは真逆のライフスタイルが見えてきます。
ここでは、大学1年生から学習スタートした合格者のリアルな声と様々なデータから、彼らの合格までの軌跡を紐解いてみましょう。

母校の学生コーチと両立し、
予備試験1年合格での
司法試験最短合格

慶應義塾大学法学部出身 小泉さんのインタビュー動画はこちらLinkIcon

変化の激しい現代でだからこそ専門性のある資格を

高校生のとき将来について考えた際、一般的な民間就職があまり想像できなかったこと、自分の長所が直向きに物事に対して取り組む継続力だと思っていたことから、自分には資格試験が向いていると思い、せっかくなら最高峰である司法試験を目指そうと思い大学入学と同時に入塾しました。

両立のコツは「時間は作るもの」という意識

伊藤塾の勉強で最も重視したのは、カリキュラムの進捗通りに講義を聞き、スケジュールに遅れないことです。また復習の段階から予備試験の過去問演習も行っていました。私は母校の運動部で学生コーチをしながら勉強をしていましたが、部活・サークル・アルバイトのような継続的な活動は丁度良い頻度で行えば非常に良い勉強の息抜きになると思います。時間は作るものなので、そこをしっかり意識すれば両立は可能だと思います。

伊藤塾だからこそ多くの仲間に出会えた

多くの勉強仲間に出会えたことが伊藤塾を選んで一番よかった点です。この試験は順位で合格する試験なので、自分が周囲と比べてどのくらいの立ち位置にいるのかを把握するのが何より大切です。その点から、伊藤塾でともに勉強をし、お互いの進捗・習熟度を確認し合える仲間に出会えて本当によかったと思います。

全国のハイレベルな仲間と、オンラインゼミで切磋琢磨し実力UP

神戸大学法学部出身 三鍋さんのインタビュー動画はこちらLinkIcon

小学生で抱いた夢を持ち続けて

小学生の時に法律家のドラマを観て専門的な知識を使い困っている人を助けられる、それを仕事にできるのがすごいと思い弁護士に憧れました。それからずっと弁護士になりたいと思っていたため、大学入学と同時に入塾し司法試験を目指しました。大学の友人も伊藤塾に通っている方が多く、実績のみならず安心感もあり伊藤塾にして良かったです。

全国のハイレベルな仲間と切磋琢磨

講義の他にも、伊藤塾のゼミはとても役立ちました。全国の受講生と合同でオンライン開催されたので、全国でのハイレベルな受験生の答案を見たり、一緒にグループワークしたりするなかで切磋琢磨し頑張れました。また、講師が解説・講評・添削をしてくださり、受験までのモチベーション維持につながりました。

これから勉強を始める皆さんへ

これからも頑張って、色々なことに問題意識を持ち、よりより社会のために貢献できる法律家になりたいと思います。同じように法律家を目指すみなさんも、ぜひ勇気を持って勉強を始めてほしいです。強い気持ちを持って伊藤塾で正しく勉強していけば必ず合格できるのでぜひ頑張ってみてください。

合格の秘訣は、基礎マスターで基礎知識の精度をとことん上げたこと

一橋大学法学部出身 田口さんのインタビュー動画はこちらLinkIcon

大学受験で培った勉強癖を活用

大学受験で得た勉強への習慣や集中力をそのまま継続して活用できると思ったので、大学1年生からすぐに司法試験の勉強をスタートしました。自分の中では、内容こそ違えど大学受験から司法試験に移行したイメージなので、スムーズに学習を開始できました。

基礎マスターは新しい発見の繰り返し

合格できた秘訣は基礎知識の精度をとことん上げたことです。これを上げればその分だけ、短答の正答率が上がり、また論文も充実したものが書けるようになることに気づき、それ以降は、基礎マスターの復習に最も力を注ぎました。基礎マスターは何度復習してもその度に新しい視点や知識の発見があり、繰り返すことの重要性も学べたと思います。

伊藤塾で得られた最高の勉強仲間

普段から組んだ自主ゼミでは、受験仲間と答案を見せ合うことで新たな発見や自分に不足していることを学ぶことができましたし、伊藤塾のゼミでは他大学の優秀な仲間と議論することで多いに刺激になりました。

人脈や知見が広がる大学生活、その思い出を試験勉強だけにしたくない

立命館大学法学部出身 渡邊さんのインタビュー動画はこちらLinkIcon

合格実績の高い伊藤塾の力を借りれば合格できる

社会貢献ができ、それを通じて自己実現もできる、そんな仕事に将来就きたいと思っていた高校生の時に見た裁判傍聴。そこで活躍されていた弁護士の姿に憧れ、司法試験に興味を持ちました。合格実績の高い伊藤塾の力を借りれば、自分でも合格できると確信し大学1年生の4月に入塾しました。

一度きりの大学生活、試験勉強だけにしないための優先付け

第一は伊藤塾の講義とし、第二にサークル活動・アルバイト等の大学生活を送ることを優先順位として決めました。とはいうものの、サークル活動を疎かにするのは、折角の大学生活を無駄にしてしまうので、優先順位を決めながらも両立することが重要です。サークル活動をすることで、人脈や知見が広がるので、勉強以外の人間的な魅力を向上させることができ、非常に有意義な時間でした。

人との関わりが好きな方は、ぜひ法曹を目指して欲しい

弁護士・検察官・裁判官以外にも、社会貢献できる仕事は多々ありますが、最も大きく人の人生を左右する仕事が法曹だと思います。ですので、人との関わりが好きな方は、ぜひ司法試験への挑戦を一つの選択肢にしてください。

国民を守れる人材になりたい、その思いで司法試験・国家公務員試験にW合格

早稲田学法学部出身 緒方さんのインタビュー動画はこちらLinkIcon

法律でこの国に暮らす国民の生活を守りたい

中学校の時の理不尽な仕打ちを経験し、今後生きていく中で、多くの方の悲しみを減らすには、法律を誠実に運用することが大切なのではないかと感じ、法律に関心を持ちました。通商法に関心があり、大学では国際経済法のゼミに所属しているので、将来は通商法分野に興味があります。もし司法の道に進むことになれば、野心的な先輩実務家からたくさん学び、刺激を受けながら、日本と日本に暮らす国民の生活を守れる弁護士になりたいです。

伊藤塾は、司法試験受講生の公務員試験対策も徹底サポート

よりよい社会を実現するためには産業構造や社会全体の変革が不可欠であると感じ、国家公務員にも興味を持ちました。伊藤塾では、司法試験入門講座の受講生であれば公務員試験講座も受講できたため、自分の可能性を拡げることができました。予備試験受験前から定期的に公務員試験科の講師やスタッフと面談し、司法試験合格後は法務区分受験に向けて公務員試験向け講座も聴講しました。公務員試験に臨むにあたり、どういう日本を創っていきたいか、といった大局的な視座を考えるときに参考になったのは、憲法などで学んだ基礎的な知識でした。

今後は弁護士の進路を選択

私は、社会人としてのキャリアを弁護士としてスタートすることに決めました。先述のとおり、関心のある通商分野に関して、欧州や日本では法律によって規律しようという流れがあるように思え、まずは先輩の弁護士から学ぶべきことが多いように思えたからです。通商分野のみならず、産業を支える多くの企業の活動を法的観点からサポートしていきたいと思います。もっとも、弁護士になることは、キャリアのゴールでなくスタートにすぎません。謙虚さを忘れず、将来は法政策学と法解釈学のプロフェッショナルとして豊かな国を築いていきたいです。

合格者に聞きました
なぜ、大学1年生から予備試験に向けて、学習スタートするのが人気なのか

なぜ、大学1年生から予備試験に向けて学習スタートするのが人気なのか?
予備試験の人気を決定づける7つのメリット

司法試験と予備試験の短答式試験では、約7割が同じ問題です。
また、論文式試験においても、試験時間の関係(1科目あたり司法試験120分、予備試験70分)から問題文の長さには違いがあるものの、試験での問われ方、形式等は司法試験と予備試験は近似しています。このことからも、予備試験対策が司法試験対策に直結していることは明らかです。事実、2021年司法試験では、予備試験ルートからの受験者の全員(400名中400名合格)が司法試験短答式試験を通過しました(図1)。
論文式試験を含めた最終合格率も予備試験合格者の合格率は93.5%と、全体合格率41.5%を大きく上回るだけではなく、施行以来10年連続で合格率1位の結果となりました。中でも注目すべきは大学在学中出願者の合格率で、2021年も98.1%と、極めて高い実績を出しています(図2)。
大学在学中の予備試験受験も年々人気を増し、当初は「予備」にすぎなかった予備試験ルートからの司法試験合格が、現在は大学生にとってメジャーなルートとなってきています。


 
433人中431人が合格

予備試験合格者の2021年司法試験短答式試験合格率

  

2021年司法試験合格率




2020年度[大学4年次]予備試験合格/2021年度司法試験合格
青山学院大学法学部:
中谷 亮太さん

2020年度[大学4年次]予備試験合格/2021年度司法試験合格
慶應義塾大学法学部: 
洲脇 結衣さん
予備試験と司法試験の対策は、実質は同じ。予備試験では基礎の完成形、司法試験ではその基礎の応用を試されている気がしました。LinkIcon

予備試験ルートで司法試験に合格すれば、法科大学院に進学する時間と費用をかけずにいち早く法律家になることができます。法科大学院ルートで法曹を目指す場合、法科大学院入学後、最低でも2年間の就学期間が必要です。また、法科大学院受験は大学卒業が前提となるので、通常は4年間、法曹コースや早期卒業制度を利用しても3年間の大学就学期間も必要です。一方、予備試験は受験資格制限がなく、大学在学中でも受験することができるので、予備試験に合格し翌年の司法試験に合格することで、最短で法曹になることができます(図1)。また、法科大学院進学には、年間60~200万円の学費に加え、入学金や受験料も必要です。一方、予備試験(年1回)の受験料は17,500円。司法試験受験までに必要な費用は大きく違ってきます(図2・図3)。


<図1>2022年に学習開始した場合
2022年に学習を開始した場合(イメージ)

予備試験・法科大学院費用概算

<図2>予備試験・法科大学院費用概算

司法試験受験までにかかる総費用

<図3>司法試験受験までにかかる総費用




2020年度[大学3年次]予備試験合格/2021年度[大学4年次]司法試験合格
一橋大学法学部: 白崎 翔
さん
法科大学院に進学した分の諸費用が節約できただけでなく、早く実務につけることで将来の収入も増えることも期待できます。LinkIcon


2020年度[大学2年次]予備試験合格/2021年度[大学3年次]司法試験合格
慶應義塾大学法学部: 豊田 優介
さん

早く実務に就きたいと思い予備試験ルートでの合格を目指しました。合格に必要なのは「淡々と継続できる力」と「伊藤塾の指導に素直に従うこと」です。 LinkIcon
大学在学中の予備試験合格者の約7割大学1年生から学習開始!
◆大学在学中に2021年予備試験合格した伊藤塾入門講座本科生の学習開始時期


2020年度[大学3年次]予備試験合格/2021年度[大学4年次]司法試験合格
慶應義塾大学法学部: 大塚 将貴
さん

平行して、法律サークルの幹部・バンドサークル・高校の部活コーチ・家庭教師のアルバイトも行っていました。効率的な学習を心掛ければ両立は可能です。

\2021年度入門講座受講中の大学1年生に聞きました/

 質問   現在、アルバイトをしていますか?


過半数の方が、アルバイトをしているという結果に。
今流行りのフードデリバリーの配達員は、
「勉強の息抜きに身体も動かせて一石二鳥」だそう!
 
 質問   現在、サークル活動や部活動をしていますか?


8割の方が伊藤塾とサークル活動や部活動との両立を実現しています。
趣味のサークルから本格的な部活までその内容は多岐に渡っています。

2020年度[大学4年次]予備試験合格/2021年度[法科大学院(既修)2年次]司法試験合格
東京大学法学部: 木崎 健太さん
陸上部と両立しました。確かに勉強にあてられる可処分時間は少なかったですが、限られた時間しか勉強できないことを、むしろプラスに変えました。LinkIcon


予備試験合格者専用インターン説明会がある
 質問   就職活動でアドバンテージを感じましたか?
予備試験合格者で就職活動でアドバンテージを感じた人の割合

予備試験合格者には司法試験受験前であるにもかかわらず、四大事務所をはじめ、多くの法律事務所が専用のインターンシップや説明会を実施しています。




2020年度[大学4年次]予備試験合格/2021年度 司法試験合格
中央大学法学部:  田中 天琉さん
「予備試験合格」という肩書きは、就職活動でも日本屈指の大学・法科大学院出身者に競り負けないための大きな武器となりました。LinkIcon

文系・理系問わず、法学部以外の学部に進学後、司法試験に挑戦しようとされる方も決して珍しくありません。受験資格のない予備試験制度が始まって以降、その傾向はますます顕著で、現在伊藤塾に通われる方の約4人に1人が法学部以外の出身/在籍者です。

◼️2021年開講 伊藤塾長クラス受講生の出身/在籍学部の割合

2020年度[大学3年次]予備試験合格/2021年度[大学4年次]司法試験合格
神戸大学文学部: 近藤 大暉さん
選んだ大学・学部で、自分の将来が決定的になることは案外ありません。法学部以外に進学しても、自分のように法曹になることは十分に可能です。LinkIcon

法律学習を大学早期の段階からスタートすることは学部成績向上にもつながります。
早期学習により法律科目を大学に先行して学習できることで、大学の授業の理解もすすみ、また法律学習で培った論理的思考法・説得的文章能力により、論述形式で実施される学部試験でも優秀な成績を修められることができるためです。
また、法学部では法律科目の負担が減り、その分語学や教養科目に力を入れられるため、総合的に良好な成績を修めることが期待できます。



2020年度[大学3年次]予備試験合格/2021年度[大学4年次]司法試験合格
慶應義塾大学法学部: 青木 龍之介
さん
<青木さんのインタビュー動画は近日公開>

伊藤塾で学んだことをベースに直前期に肉付けすれば学部試験は十分でした。将来法曹になるうえで悪い成績は修められないと思い、大学の授業も積極的に臨みました。

2020年度[大学3年次]予備試験合格/2021年度[大学4年次]司法試験合格
慶應義塾大学法学部: 小野 眞嵩さん
大学の授業もきちんと出席していました。法律科目を伊藤塾で先行していたため、法律科目への負担が減り、語学や教養科目に力を入れることもできました。LinkIcon

司法試験に早期合格できるもう一つのルート
法曹コース・早期卒業制度

2020年度より法科大学院進学のための新制度「法曹コース」がスタートしました。法曹コースは法学部に設置され、大学2年進級時に法曹コースを選択することにより、大学3年早期卒業から法科大学院既修者コースへの進学をすることができます。
法科大学院進学にあたり、その定員の最大1/2が「法曹コース専用特別選抜枠」として設けられ、この枠では、大学の学部成績を重視した選抜が行われています。
この法曹コースに進学するにも「厳格な成績評価」が求められているため、法曹コースに進学し、その特別選抜枠で早期に法科大学院に進学するには、大学1年生から学部成績が優秀であることが求められます。



2020年度[大学3年次]予備試験合格 京都大学法科大学院【既修】合格(早期卒業枠)/
2021年度[大学4年次]司法試験合格

京都大学法学部: 石丸 貴大
さん
大学3年次、予備試験の他にも、母校の法科大学院の早期卒業枠にも合格しました。手を拡げず伊藤塾を信頼したことが良かったと思います。LinkIcon


2020年度 関西学院大学法科大学院(既修)修了/2021年度 司法試験合格 
関西学院大学法学部【早期卒業】:藤本 竜輝さん
<藤本さんのインタビュー動画は近日公開>

伊藤塾の基礎マスターで、大学の授業よりも法律を広く・深く学んだおかげで、単位も成績も早期卒業のために十分なモノを確保することができました。

2021年度【大学3年次】慶應義塾大学法科大学院 特別・5年一貫型・早期卒業合格
慶應義塾大学法学部: A.Aさん (※司法試験合格前のため、氏名の公表は控えさせていただきます。)
法曹コースは、早期卒業により金銭面・時間面でも負担が少なく司法試験を受験できるルートです。法曹コースカリキュラムの授業では、伊藤塾で先行して学んだことで十分な学部成績が得られ、課題にも対応できました。予備試験の勉強と平行しながら法曹コースの合格は十分に掴み取れます。

 

\2021年開講入門講座に所属する現1年生に聞きました!/
2年生に進級したら法曹コースは活用する予定ですか?

過半数の方が「活用する・活用を迷っている」と回答する一方で、4割の方は「活用しない・活用できない」と回答。
入学と同時に法曹コースを活用するか決める必要はありませんが、将来どの道を選択しても対応できるようにまずは学部成績を上げることが重要であり、そのためには特に法学部の方は、予備試験レベルの勉強を先行して行っているかがカギとなります。



\ルート1  法曹と両にらみできる /
国家公務員(総合職)

POINT.01 国家総合職試験は「法律」の試験

公務員の仕事を一言で表すと「法律を駆使し、時には法律をつくり、国や地域を動かしていく仕事」。中でも国家総合職試験の「法律区分」は最も採用人数が多く、法律知識の重要性はダントツ。採用試験にも多くの法律科目が課され、そのほとんどが予備試験と重なるため、予備試験に向けた法律学習が大きなアドバンテージになります。

POINT.02 予備試験と両立できる試験スケジュール

予備試験・司法試験と国家総合職試験は試験日程が重なることはありません。法律科目の対策は予備試験対策で十分であり、それ以外の試験科目についても、大学入試までに学習した内容(基礎能力)や社会で生起する出来事への日常的な関心(政策論文)で対処することが中心なので、学習負担が大きくなることもありません。

POINT.03 「教養区分」なら、さらに余裕がもてる
国家総合職試験には満20歳(主に大学3年生)で受験できる「教養区分」試験があります。試験は秋に行われ、その対策はそのまま「法律区分」試験に直結するので、無駄がありません。しかも、公務員合格という結果をもって翌年の予備試験・司法試験に臨めるので、精神的なプレッシャーも軽減されます。

2020年度[大学3年次]予備試験合格
2021年度[大学4年次]
司法試験合格・国家公務員総合職【法律区分】合格

東京大学法学部: 藤田 賢人さん
両にらみでスタートするなら司法試験からスタートがおススメ。その勉強をしておけば、国家公務員の試験も上位で合格できると思います。LinkIcon

\ルート2  他にもまだまだたくさんある /
目指せる公務員試験

POINT.01 東京都や道府県庁、市役所など 「地元」で「誰かのため」に働く

「人のために働きたい」がよく聞かれる法曹を目指す理由のひとつ。法律を使って困っている人を救済する「法曹」から、制度(条例)をつくることで人を救済する「公務員」へ、進路が変わることは珍しくありません。その場所の実情に応じた制度づくりが求められる地方分権の推進により、地方公務員の仕事もやりがいが増しています。

POINT.02 裁判所事務官・検察官など 法曹を「支える」エキスパート

自分は前面に出るのではなく、誰かを支えるような仕事のほうが向いている。その場合、テレビドラマでその活躍を目にすることもある検察事務官など、法曹を支える公務員も将来の選択となるでしょう。ほかにも法律知識をより活かせる公務員には、議員の立法活動を支える「衆議院・参議院法制局職員」・「国立国会図書館職員」などがあります。

POINT.03 法科大学院進学後に目指す選択もできる 法科大学院修了者のための公務員試験

国家総合職試験や裁判所職員、東京都などには、法科大学院修了が活きる試験区分があります。司法試験を目指して学んでおくことで、どのタイミングでも、また大きな負担なく公務員へシフトチェンジできるので、将来の働き方をじっくりと考える時間ができます。

新大学1年生・保護者の方へ おすすめイベントのご案内

大学新入生のための司法試験セミナー ~学習開始前・大学入学前に心掛けること~

【担当】伊藤 真 塾長  <Zoomガイダンス>

将来は法律家になって、社会に貢献できる人材になりたい
大学では法律を勉強してみたい! そんな希望を持って大学入学を迎える、高校生と保護者のための司法試験セミナーを開催します。
予備試験ルートで2021年司法試験に合格された方のうち88.8%が選んだ、伊藤塾。 また2021年の予備試験でも実に86.3%が伊藤塾有料講座出身者と、これまで同様2021年も司法試験・予備試験において多くの合格者を輩出させていただきました。
そんな多くの合格者を送り出してきた伊藤塾長が、これから法律家を志そうとされている大学新入生と保護者の皆様に、それぞれの仕事の魅力、予備試験・司法試験の学習方法、大学生活の過ごし方に至るまで、入学前に知っておきたことを余すことなくお伝えする予定です。


ガイダンスの詳細・参加はこちら

合格者が選んだ講座はこれ!



予備校選びの基準はやっぱり実績!
6つの理由

保護者の方へ
知るから始まる保護者のサポート

伊藤塾では新たに入塾された司法試験入門講座受講生と、その保護者の皆様に向けた「進路ガイダンス」 を実施しています。
伊藤塾の学習方針はもちろん、お子様が向かっていく司法試験・公務員・就職をとりまく現状を情報提供しております。

保護者向け進路ガイダンス 満足度
 
保護者向け進路ガイダンスの様子

\ 保護者のみなさまはこちらのページもご覧ください /
保護者の方へ
オンライン相談