司法試験(司法試験予備試験/法科大学院)

トップ > 資格・試験一覧 > 司法試験 ( 司法試験予備試験 / 法科大学院 ) > 対策講座案内 > 2020年入学目標 パーソナル・ステートメント対策講座

{"koza_id":"19A45011"}

{"koza_id":"19A45011","pageName":"2020年入学目標 パーソナル・ステートメント対策講座"}

 2016年2月

担当講師

{"koza_id":"19A45011"}


開催場所

{"koza_id":"19A45011"}

※このページは、2020年入学目標(2019年受験)対策のご案内です。
>>2021年入学目標(2020年受験)対策はこちら

※2020年入学目標の42~47期司法試験入門講座については、コースによっては本講座がカリキュラムに含まれている場合があります。詳細は受講校舎へご確認ください。


日程表

配信開始日 2018/10/31(水)18時 <配信終了日 2020/1/31>
教材発送日 2018/10/24(水)


講座内容

本講座では、ステートメントを書くための素材集めの方法、志望理由や自己PRなどの書き方や構成の仕方など、法科大学院で学び法曹となる意欲と熱意が伝わるステートメントの作成方法を短時間で習得することができます。

POINT1 ステートメントの作成に至るまでの全過程を講義
なぜ(どのような)法律家になりたいのか、なぜその法科大学院への進学を希望するのかなど、ステートメントに書くべき項目の素材集めから、構成の仕方、具体的・論理的に表現するに至るまでの全過程を講義します。

POINT2 添削により充実したステートメントの作成が可能になる
作成したステートメントを第三者に見てもらい、改善点を指摘してもらうことにより、より具体的・論理的なステートメントを作成することができます。

POINT3 面接試験対策も考慮した講義
ステート面との内容は、面接試験で問われることが多いです。講義の中で、面接試験についても適宜触れていきます。


カリキュラム

全1回 3時間 <添削3通つき>


使用教材

伊藤塾オリジナルテキスト(※受講料に含まれます)

パーソナルステートメントでは合格後の姿が問われます

「明日の法律家講座」のすすめ

なぜ法律家になるのか、どのような法律家になるのか

伊藤塾では、法律家の役割と仕事を受験生の皆さんとともに学び考える講演会「明日の法律家講座」を毎月開催しています。開塾以来350回以上の実績をもつこの講座では、法曹を志す皆さんの関心を踏まえながら、人権問題、国際問題、経済・社会問題、司法問題などについて、幅広い分野の方々を講師としてお招きし、ご自身の経験や考えを話していただいています。
多くの法科大学院は「パーソナルステートメント(自己評価書)」や面接試験で、志願者に「なぜ法律家になるのか、どのような法律家になりたいのか」と問うています。これは、入学後の学習や司法試験を乗り越えられる法曹への強い志望動機や、その志望動機=自分の考えを第三者へ伝えることができる、法曹として必要な資質を試しているからに他なりません。このような法科大学院の要請に応えるためにも、「明日の法律家講座」などを通じて、日頃からさまざまな問題を法律家の立場から考え、自分なりの価値判断を持ち、将来法曹としての自分のあり方を具体的に考えることが必要です。伊藤塾ならではの本講座を積極的に活用し、法律家としてはばたいてください。

>「明日の法律家講座」のご案内

{"koza_id":"19A45011"}

{"koza_id":"19A45011"}