論文対策の決定版!『論文マスター』 講座のご案内

2019年開講(46期対応)論文マスターは、改正民法完全対応!!
伊藤塾塾生の論文作成力の神髄!『論文マスター』 
身につけた知識・実力を余すことなく 法律論文に書き表す力を習得しよう!

論文マスター 法律基本科目

合格答案作成の大前提となる基本的な答案作成技術をマスター

 
学んだ基礎知識を答案に活かせる論証の形で再整理していきながら、司法試験合格答案作成の大前提となる基本的な答案作成技術をマスターする講義です。講義では学習効果の高い問題の検討を行い、論理的思考力の養成を同時に図ります。 

【担当講師】 
<憲法・民法・刑法・行政法> 伊関 祐 講師、<商法・民訴法・刑訴法> 本田 真吾 講師
【科目・時間数】 全186時間
憲法27時間、民法33時間、刑法27時間、行政法21時間、商法24時間、民訴法27時間、刑訴法27時間
【使用教材】 問題研究、論文ナビゲートテキスト *受講料に含まれます。 

>>講座の詳細・お申込はこちら

▼使用教材「問題研究」
論文作成力を養成するのに適した問題を厳選。これを使用して答案構成や答案作成の訓練を行い、講義を受講することで、実戦の場で通用する合格答案作成力を養成していくことが可能です。

 

2018年司法試験合格者も『論文マスター』を推奨!

F.Wさん

<出身法科大学院>  名古屋大学法科大学院(既修)修了
論文式試験対策においては、論文マスターテキストである問題研究が非常に役に立ちました。当初、全く論文の答案の書き方がわからなかったため、問題研究の答案例できちんとした答案の型を身につけるように努めました。また、覚えた論証は、論文マスターを通して初めて使いこなせるようになりました。特に、覚えた論証をそのまま使うのではなく、どのようににコンパクトにまとめられるのかという点で、非常に参考になりました。

 

K.Lさん

<出身法科大学院>  一橋大学法科大学院(既修)修了
論文式試験対策としては、論文マスターを繰り返し使用しました。論文マスターでは、論点の書き方のみならず、問題提起や当てはめの方法といった論文の基礎・基本を学習することができました。また、基礎マスターとの互換性がとても高く、基礎マスターでインプットし、論文マスターでアウトプットを行うという方法で、効率よく知識の定着と論文への表現を身につけることができました。

 

論文マスター答練

論文マスターで学んだ答案の書き方を実践トレーニング

 
単に講義で答案作成法を学んでも、制限時間内に自分の手で答案を書いてみるトレーニングをしなければ、合格答案作成力を修得することはできません。「論文マスター答練」は、限られた時間設定の中で、学んだ答案作成法を実践することで、論文学習の早期から答案を書ける力を養成し、論文マスターの学習効果をさらに高めるように組み立てられたカリキュラムです。

【担当講師】 
<憲法・民法・刑法・行政法> 伊関 祐講師、<商法・民訴法・刑訴法> 本田 真吾講師
【科目・回数】 全23回  
憲法3回、民法4回、刑法4回、商法3回、民訴法3回、刑訴法3回、行政法3回

◎添削もついています ~答案を書くことで、知識を確認し、書き方を修得~
講義で学んだ答案作成法や知識を使って、実際に答案を書き、添削を受けます。学習効果を鑑みた最適なタイミングで答案を書いていきますので、力がついていることがすぐに実感でき、学習のモチベーション維持にも役立ちます。

>>講座の詳細・お申込はこちら
 

論文マスター 法律実務基礎科目

実務基礎科目特有の出題や答案の形を20時間でマスター

 
POINT1 法律実務基礎科目における独特の解法を身につける
POINT2 メリハリある講義とテキストで、効率的対策を行う

【担当講師】 岡崎 敬講師
【科目・時間数】 全20時間  民事10時間・刑事10時間

>>講座の詳細・お申込はこちら 

 

\受講を決めている方も、検討中の方も、まずはご視聴ください!/
 【無料公開講座】論文マスターの効果的学習法 <2019年4月実施>
知識は学んだが論文が書けない方、どのように論文学習に移行すべきか迷っている方に、
学習のヒントとなる情報が満載です!
詳細はこちら