論文直前答練+論文模試が最大無料!になるチャンス!!

試験の成績によって特別奨学生として認定し、対象講座を最大100%割引いたします。講座の申込を強制するものではありませんので、ぜひチャレンジしてください。

予備試験論文式試験対策は、予備試験短答式試験が終了してからすぐ取りかからなければなりません。論文式試験対策を十分に行っていただくため、伊藤塾では、5/19(日)短答式試験終了直後の5/21(火)より、「論文直前答練」を開講します。また、論文式試験対策の総仕上げとして、「全国公開論文模試」を実施いたします。
短答式試験終了後、論文式試験対策にすぐ取りかかっていただけるように、まだ短答式試験まで時間のある4月に、特別奨学生試験を伊藤塾校舎にて先行実施いたします。
2019年予備試験合格を本気で目指している皆様を、伊藤塾は応援いたします。

対象者

2019年予備試験最終合格を目指す、すべての受験生。

割引内容

成績優秀者には、2019年論文直前答練+全国公開論文模試』セットの受講料を、最大100%免除します。 ※論文直前答練、全国公開論文模試をそれぞれ単独で申し込むことはできません。

受験条件

2019年予備試験を受験される方で、2019年予備試験短答式試験の「受験番号」を5/8(水)20:00までに、ご報告していただける方。
注)予備試験の「受験票」は、4/ 26(金)発送予定となっています。奨学生試験当日にはまだお手元に届いていない場合がございますので、報告方法等の詳細は、試験当日ご案内いたします。

受験方法

以下の実施日の中からいずれかご都合の良い日を選び、当日会場までお越しください。
※受験をするにあたり、事前のご予約・お申し込みは必要ございません。
ただし、御茶ノ水校・高田馬場校・立川校・コネクト名古屋・京都校は席に限りがあるため、予約制となります。4/ 26(金)18:00までにそれぞれの校舎窓口もしくは電話にて「特別奨学生試験」予約の旨をご連絡ください。
※特別奨学生試験(4月日程)の受験はお一人様一回限りとなります。複数回の受験はできません。
※論文直前対策パンフレット掲載の5月・6月実施の特別奨学生試験は、今回受験された方も受験いただくことができます(ただし、5月と6月はいずれか一方)。

試験科目

民法+刑事訴訟法(140分) または 刑法+民事訴訟法(140分) の論文式試験。

持ち物

・判例つきでない六法。
・黒のボールペンまたはインクペン(インクがプラスチック消しゴムなどで消えないものに限る)。

結果発表

5/10(金)20:00頃、ご登録いただいた伊藤塾マイページ「 新着情報」にて結果を発表
いたします。
※結果通知を受けるには、上記短答式試験の「受験番号」のご報告が必要となります。

※マイページのご登録は、事前にお済ませいただくとスムーズです。(奨学生試験受験には、ご登録のマイページの「受講生番号」(プロフィール画面ご参照)が必要です。ご確認のうえご来校ください。)ご不明な点がございましたら、伊藤塾各校までお問い合わせください。

特別奨学生申込手続

伊藤塾マイページでの結果発表をご確認のうえ、案内にしたがってWebから 論文直前答練+全国公開論文模試セットをお申し込みください(伊藤塾各校舎でもお申し込みいただけます)。
※特別奨学生には条件がございます。詳細は、発表の際にお知らせします。

注意事項

・特別奨学生の割引は他の割引制度との併用はできません。予めご了承ください。
・特別奨学生としてのお申し込みは、伊藤塾マイページにて配付予定のクーポンをご利用いただいてのWeb申込、または伊藤塾各校舎のみの取り扱いとなります(大学生協・書店等代理店でのお申し込みはできません)。
・特別奨学生としての「論文直前答練+模試」のお申し込み期限は、5/20(月)までとなります。
・論文直前答練をお申し込みでない方は、試験問題を持ち帰ることはできません。
・提出された答案の返却はございません。また結果に関するお問い合わせには一切回答する
ことはできません。