合格後を考えた取り組み 行政書士試験

行政書士実務への第一歩を踏み出せ!~許認可業務と民事法務の 魅力とは?~

【こんな方にオススメ】

  • はじめて学習する方
  • すでに学習中の方
  • 社会人の方

【講師プロフィール】

■許認可業務:伊藤健司先生

1996年行政書士試験合格。行政書士司法書士事務所、民間企業勤務を経て2007年行政書士登録。
行政書士の枠にとらわれない!をモットーに、アスリートセカンドキャリア支援や起業家の事業サポートをはじめとする様々な業務・業態の提案、自治体の各種計画策定のサポート、一般向けセミナー、行政書士会員業務セミナー等を実施している。
現在、所属支部の渉外・他士業担当理事、区役所相談員(一般・外国人・経営者)を務め、他士業と連携し一般の方々に行政書士を広く認知していただくべく奔走中。


■民事法務:新井勇輝先生

平成24年度の行政書士試験合格後、すぐに千葉県内でも相続業務に特化した司法書士法人に入所し数多くの相続実務に携わる。
その後、さらに自身の目標とするきめ細やかなサービスとお客様への相続手続きサポートのご提供を実現するため、28歳の時に独立し、千葉県匝瑳市(そうさし)で『あらい行政書士事務所』を開業する。
相続・遺言業務を主軸に、建設業許可・農地業務など各種許認可業務も扱う。業務拡大に伴うスタッフの加入に併せて、2017年8月に千葉県旭市へ事務所を移転。
伊藤塾行政書士OB・OGの会『秋桜会』 遺言相続実務研究会 主催(第1期)
NPO法人みんなでサポートちば 相続相談員

行政書士試験の合格発表日である1月29日からそれほど時間が経っていない中で、行政書士実務について少しでも知っておきたいという方もいらっしゃるかと思います。

そして、合格後は、行政書士として開業するか、それとも今の仕事をしばらく続けるかなど、様々な選択肢があるかと思います。

そんな中、合格後に行政書士として開業をお考えの方はもちろんですが、合格した後もしばらくは開業しない方も、行政書士実務のことを2月の早い段階で知る機会はあまりないかと思います。

そこで、行政書士実務のことを知るべく、実務の二本柱である「許認可業務」と「民事法務」について、合格発表後の早い時期からちょっとだけ勉強してみ
ませんか?

許認可業務については、普段から様々な許認可業務に携わる機会の多い、行政書士の伊藤健司先生にお話ししていただきます。

また、民事法務については、普段から民事法務の代表的な業務である遺言・相続業務を専門として多数の案件に携わっている、行政書士の新井勇輝先生にお話ししていただきます。

伊藤先生と新井先生には、それぞれ許認可業務と民事法務(主に遺言・相続業務)の「魅力」も語っていただきます。

両業務の魅力を知るとともに、行政書士実務の具体的な中身も知ることで、皆様がこれから何をすればいいのか、どのような道を歩めばいいのかなどを考える機会にしてください。
 
約3時間の講義の中で、許認可業務と民事法務の両方に触れることのできるまたとないチャンスです。
 
2019年度の行政書士試験に見事合格された方はもちろんのこと、これから行政書士試験に挑戦してみようとお考えの方、すでに合格している有資格者の方、現役の行政書士の方など、どなたでも参加できます。

参加無料・予約不要ですので、お気軽にご参加ください。

皆様のご参加をお待ちしております!


担当講師

  • 実務家


  • このイベントを共有する

イベントの種類

  • ガイダンス

    入塾を検討している方向けのイベントです。 担当講師が、講義の進め方、合格の秘訣、試験情報などを詳しく説明します。 また、参加者には様々な特典もご用意しています。

  • 無料体験受講

    実際に開講している講義を無料で体験することができます。 講義の内容や雰囲気などを知っていただく好機です。

  • 無料公開講座

    試験分析や対策、学習方法など、その時々に必要な情報を講義形式でお伝えします。 校舎での受講またはインターネット受講を、ご都合に応じて選択できます。

  • 合格後を考えた取り組み

    “どんな法律家になりたいのか”をイメージすることは、学びの強い動機づけになります。 そこで伊藤塾では、活躍中の法律家の方々の話を伺う「明日の法律家講座」「明日の司法書士 講座」「明日の行政書士講座」など、様々な企画やイベントを実施しています。