伊藤塾での学びと努力の時間の中で、
求められる実務家となる礎を築いてほしい。

皆さんこんにちは、伊藤塾塾長 伊藤真です。
私たち伊藤塾は、単に試験に合格するためだけの指導を行うのではなく、
憲法や法律を使って社会に貢献できる人材の育成を目指し、
1995年の秋に開塾しました。
 
 
塾長雑感LinkIcon
伊藤真オフィシャルサイトLinkIcon

伊藤塾での学びと努力の時間の中で、求められる実務家となる礎を築いてほしい。

皆さんこんにちは、伊藤塾塾長 伊藤真です。
私たち伊藤塾は、単に試験に合格するためだけの指導を行うのではなく、憲法や法律を使って社会に貢献できる人材の育成を目指し、1995年の秋に開塾しました。

トップ > 伊藤塾について > 塾長メッセージ 

「塾」へのこだわり

「塾」という呼び名は、日本と世界を変えていくような人づくりをしたいとの想いから名付けました。 塾生のみなさんに、これまで培ってきた一流の「講義」と「個別指導」を通じて高い志と合格に必要な力を身につけていただきたいと考えています。 この塾を巣立った方々に、世界の幸せの総量を少しでも増やすような仕事をしていただくことを通じ、私たちもまた世の中に貢献していきたいと考えています。

伊藤塾の指導方針

他の受験指導校にはない、伊藤塾の大きな特長の一つが「合格後を考える」という理念です。 どのような資格でもそうですが、資格をとったから終わりというのではなく、資格をもったところがむしろ出発点になります。そのため、伊藤塾では、塾生のみなさんに合格した後を具体的にイメージしてもらい、それを実現するために今何をすべきなのかを考えてもらうため、様々な取り組みを行ってきました。

開塾以来、300回を超える「明日の法律家講座」では法律家や行政官のみならず、総理大臣経験者をはじめとする政治家やジャーナリストなど幅広い分野の方々を講師としてお招きし、ご自身の経験や考えをお話ししていただいています。

韓国・中国などアジアの国々や沖縄を訪問する「スタディツアー」では、歴史的な事実を直視し感じ取ることで、様々な問題をリアリティーを持って考える契機となっています。 このように合格前から「合格後の姿」を考えていくプログラムを持つのは、伊藤塾の大きな特長です。

資格取得を一つのステップにして、人生を切り拓いて欲しい

私たちは「資格を取ること」自体が目的なのではなく、「その先の自分の人生に役立つ」からこそ資格を取得するのだと考えています。資格取得に向かって努力する、一つの目標に向かって懸命に努力することによって得られるものが必ずあります。

伊藤塾が確立したメソッドの効果は、法律学習に留まりません。かつて塾で学び、現在ビジネスで活躍している方からは、塾で学んだ勉強法、時間の使い方、記憶の仕方などの各種メソッドが、仕事の効率性を高める上でとても役に立ったという評価を得ています。

そして、伊藤塾のメソッドによって試験に合格し、ご自分の仕事の効率性を高めることは、何より人生を充実させることにつながります。効率的に短時間で目標へ到達できるということは、人生の選択肢を増やし、未来への可能性を広げることに他ならないからです。

「合格後」の皆さんのそれぞれの夢に向かって、必死になって努力すれば必ず実現できます。人は実現不可能な夢を思い描くことはありません。「やればできる!必ずできる!」です。 ぜひ一緒に頑張りましょう。

伊藤塾塾長