はじめての方へ 伊藤塾とは

幸せの総量を増やすことのできる実務家育成のために

"合格のその先"を見据えた発想

伊藤塾は1995年の開塾以来、多数の法律家・行政官・公務員を輩出してきました。ただし、 ただ国家資格を有するのではなく、誰もがあらゆる意味において健やかに暮らし、幸せを感じられる世の中に寄与できる人材を送り出すこと。重要な目的はここあり、試験合格はそのための必要最低条件である、というのが伊藤塾の一貫したスタンスです。合格から逆算した最も効率的な学習カリキュラムを提供しているのも、この考えに基づいています。 こうした考えは「合格後を考える」「ゴールからの発想」「盤石な基礎」といったキーワードとして、塾生・スタッフすべての意識に根づいています。

学びたい人に応えられる公平性

伊藤塾は、法律を学びたいと考えるすべての人にとって、いつでもどこでも頼れる存在でありたいと考えています。居住地域や周辺環境、年齢や職業に、学びの意志を妨げられるべきではないのです。業界内でいち早くインターネットによる講義・情報配信の整備を行ない、地域格差の解消に努めてきたのも、公平を期すための方策のひとつです。 伊藤塾は、塾生が最短距離で合格水準に達することにこだわり、かつ公平性・双方向性向上のため、講義提供における一方通行で限定的な枠を取り払うべく取り組みを続けています。

志を抱き奮闘する OB・OG の存在

“幸せの総量を増やす”という大志を胸に、伊藤塾出身の実務家は、日本はもとより世界中 でその力を発揮しています。地方都市でサービス向上に努める公務員、許可申請手続きで諸外国と日本をつなぐ行政書士、プロボノ活動に心血を注ぐ司法書士、司法試験合格後に起業した経営者、海外で法整備に貢献する弁護士など。活躍の場は様々ですが、彼らに共通するのは、現状への問題意識とその解決のために主体的に取り組む姿勢です。 こうした OB・OG のスピリットは、開塾以来 300 回を超えて実施してきた『明日の法律家講座』などを通じて、現塾生にも確実に引き継がれています。