真の法律家・行政官を育成する「伊藤塾」
  {} カート
先輩達の合格体験記
先輩達の合格体験記

先輩たちの合格体験記

夢をかなえた先輩達の「高校生の時から、小さい時からの決断」、「大学入学にあわせた試験対策の開始」について、合格体験記を一部ご紹介いたします。高校卒業後、どのようなビジョンを描き進むべきか、先輩たちの合格体験記にはヒントがたくさんつまっています。

※記載されている情報は合格時のものです。

司法試験合格

齋藤 浩暉さん (20歳)
慶應義塾大学法学部3年在学中


◆予備試験合格時
慶應義塾大学法学部2年在学中

◆受講講座
司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験演習秋生、司法試験論文マスター、司法試験論文過去問答練

私は高校3年生の終わりに伊藤塾に入塾しました。当初は国家公務員になることを念頭に法律の勉強をはじめました。しかし、意外とスムーズに勉強が進んだこと、いろんな弁護士の方の話を聞いてその仕事内容や自由な立場に惹かれ、大学4年生までを目安に予備試験・司法試験に挑戦することにしました。

続きを読む

M.Kさん (22歳)
東京大学法学部4年生

 

◆予備試験合格時
東京大学法学部3年生
◆受講講座
司法試験入門講座本科生+ リーガルトレーニング、司法試験演習秋生、司法試験論文マスター、司法試験論文過去問答練

小学校4年生のころに知り合いの弁護士が正義のために人助けをしている姿を見て、僕も正義を貫ける弁護士になりたいと考えるようになったのが、志すようになったきっかけです。そして、大学1 年生のころに司法試験制度を調べてみたところ、司法試験を受験するためには法科大学院に行くか、予備試験合格するかの二つの方法があることを知り、早く法律家になるという観点から後者を目指そうと考えました。そこで、大学在学中司法試験合格のために、司法試験対策で有名な伊藤塾の存在を友人から聞き、入塾することを決めました。

続きを読む

D.Tさん (23歳)
名古屋大学法学部卒業

◆予備試験合格時
名古屋大学法学部4年在学中
◆受講講座
司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験演習秋生、司法試験論文マスター、司法試験論文過去問答練など
 
私が、法曹を目指すきっかけは、中学生のときに遭った学校事故です。担当の弁護士の方が真摯に対応しながら、弱者でも相手と対等に争うことを可能にする法的解決方法を示してくれる姿に憧れを抱きました。そして、伊藤塾長の講演で予備試験から若く法曹になるというお話を聞く中で、司法試験に向けた確実な学習に取り組みたいと思い、伊藤塾に入塾しました。
 
続きを読む

大山 豪気さん (22歳)
慶應義塾大学法学部卒業

◆予備試験合格時
慶應義塾大学法学部4年在学中
◆受講講座
司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験演習秋生、司法試験論文マスター、司法試験論文過去問答練など
 
司法試験を目指したきっかけは高校の授業でした。私の高校には法律学入門という選択科目があり、これを三年次に履修し、その時に法律を学習する面白さを知りました。そして、担当の講師に司法試験を目指すことをすすめられたことが、法律の勉強をはじめたきっかけでした。その後、大学進学と同時に伊藤塾に入塾することを決めましたが、その理由は、周りの友人が先に伊藤塾に入塾しており、その人たちと一緒なら勉強を頑張っていけると考えたからです。
 
続きを読む

司法試験 予備試験合格

B.Xさん
慶應義塾大学法学部3年在学中

◆受講講座
司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験答練パック、予備試験論文直前答練 + 全国公開論文模試、予備試験口述模試、予備試験ゼミなど
 
私は高校時代に痴漢冤罪についての記事を見たのをきっかけに、日常を過ごしている中で、あらゆる物事に法律が絡んでいることを知り、法律家が如何に社会で必要とされているかがわかりました。そこで、大学では、法学部に進学し、法律家を目指そうと思い至りました。伊藤塾には、大学に入学する直前である高校3年生の3月頃に入塾しました。このような時期に勉強を開始しようと考えた理由は、大学在学中に予備試験・司法試験に合格して、いち早く実務家として社会に出たかったからです。
 
続きを読む

C.Yさん
早稲田大学法学部3年在学中
 

◆受講講座
司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験論文直前答練+全国公開論文模試、全国公開短答模試、予備試験口述模試など
 
法学部に対する興味自体は、高校1年生の頃からありました。当時は、冤罪のことがよくニュースになっていて、冤罪を減らしたいという思いから、裁判官や検察官になりたいと考えていました。 ただ、この道を本気で目指そうと思ったのは、大学入学後のことです。私は、中高6年間野球に打ち込み、大学でも野球を続けるか迷っていましたが、硬式野球部と勉強の両立は自分にはできないと思い、代わりに軟式野球部と司法試験に向けて本気で取り組もうと思いました。
 
続きを読む

B.Mさん
慶應義塾大学法学部4年在学中

◆受講講座
司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験答練パック、予備試験論文直前答練+ 全国公開論文模試、予備試験口述模試、予備試験ゼミなど
 
いろんな人に直接接して他人の役に立つことができるような仕事がしたいと思い、弁護士になりたいと思うようになりました。 高校3年生の秋ごろ、第1 志望であった国立大学を受験するか、指定校推薦で現在の大学に進学するか悩んでいた際に、伊藤塾と予備試験の存在を知り、自分の目標は第1志望の大学に進むことではなく司法試験に合格することであると考え、大学1年生から予備試験・司法試験合格を目指した勉強をしたいという思いから伊藤塾に入塾することを決めました。司法試験・予備試験に合格するために何をすればよいのか、それをいち早く知ることができたのは伊藤塾で教えていただいたおかげだと思っています。
 
続きを読む

A.Wさん
京都大学法学部4年在学中

◆受講講座
司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験答練パック、予備試験論文直前答練+全国公開論文模試、予備試験口述模試など
 
私は小学生の時に、あるテレビアニメの検察官キャラクターに憧れて、法曹を目指しました。とはいえ、具体的なビジョンは何もなく、大学の法学部に入った先のことは何も考えていませんでした。大学入学後は、勉強方法(どんな教材を使って、どんなやり方で勉強すればいいのか・どのような順序で学習を進めるべきか)がさっぱり分からず、自分の勉強方法は実は非常に効率が悪いのではないかと思うとモチベーションも上がりませんでした。 そんな中で伊藤塾の存在を知り入塾したところ、上記の問題は一瞬で解決しました。
 
続きを読む

法科大学院合格

平川 諒人さん (23歳)
早稲田大学法学部4年在学中

◆合格校
東京大学法科大学院(既修)、慶應義塾大学法科大学院(既修)、早稲田大学法科大学院(既修・全額免除学生)、中央大学法科大学院(既修)
◆受講講座
司法試験入門講座本科生+ リーガルトレーニング、適性試験公開模試、法科大学院別過去問分析講義+ 法律科目論文模試
 
私が法曹を目指すようになったきっかけは、高校生の時に友人に誘われ、裁判を傍聴したことです。そこで私は、法の専門家として自身の持つ知識を存分に活かし、公益を実現する検察官に強い憧れを抱きました。法学部に進学した後、しばらくは大学の勉強に専念していましたが、その中で、学問としての法律と実務における法律とにはやや隔たりがあるということに気づき、実務家を目指すうえでの法律知識を付ける必要があると感じたことが、受験指導校に通うことを決意した理由です。その中でも伊藤塾は、充実したデータと実力のある講師を抱えていることに定評があったため、迷いなく伊藤塾を選択しました。
 
続きを読む

立村 達哉さん (22歳)
中央大学法学部4年在学中

◆合格校
東京大学法科大学院(既修)、慶應義塾大学法科大学院(既修)、早稲田大学法科大学院(既修・全額免除学生)、中央大学法科大学院(既修)
◆受講講座
司法試験入門講座本科生+ リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、適性試験公開模試、法科大学院別法律科目論文模試など

私は、政治的事件を取り扱う検察官を志望しています。その動機は、高校生の時にテレビで見た国会中継がきっかけとなりました。東日本大震災直後の国会で議員が責任追及に気を取られ、山積している問題を十分に議論していないと感じたのです。そして、同時期に議員に対する不透明なカネの動きが大きな問題となり、山積している問題に真摯に取り組まない一方で不正行為が横行している国会の在り方に疑問を感じ、かかる状況の是正の必要があると考え、その是正のため検察官を志望するに至りました。そして、上記のようなビジョンを実現すべく、私は伊藤塾に入塾しました。私が数ある受験指導校の中から伊藤塾を選んだ理由は、豊富な種類の講座がそろっており、また切磋琢磨しあえる仲間ができると考えたためです。
 
続きを読む

Y.Yさん (22歳)
立命館大学法学部4年在学中

◆合格校
京都大学法科大学院(既修)、大阪大学法科大学院(既修)、神戸大学法科大学院(既修)、慶應義塾大学法科大学院(既修)、早稲田大学法科大学院 (既修・半額免除学生)、中央大学法科大学院(既修・半額免除学生)、立命館大学法科大学院(既修・全額免除学生)
◆受講講座
司法試験入門講座本科生+ リーガルトレーニング
 
私が法曹を目指すようになったきっかけは、高校生の時に友人に誘われ、裁判を傍聴したことです。そこで私は、法の専門家として自身の持つ知識を存分に活かし、公益を実現する検察官に強い憧れを抱きました。法学部に進学した後、しばらくは大学の勉強に専念していましたが、その中で、学問としての法律と実務における法律とにはやや隔たりがあるということに気づき、実務家を目指すうえでの法律知識を付ける必要があると感じたことが、受験指導校に通うことを決意した理由です。その中でも伊藤塾は、充実したデータと実力のある講師を抱えていることに定評があったため、迷いなく伊藤塾を選択しました。
 
続きを読む

T.Kさん (22歳)
同志社大学法学部4年在学中
 

◆合格校
京都大学法科大学院(既修)、神戸大学法科大学院(既修)、同志社大学法科大学院(既修・全額免除学生)
◆受講講座
司法試験入門講座本科生+ リーガルトレーニングなど
 
小学生のときから漠然と法曹になりたいと考えていましたが、高校でいざ進路選択するにあたり、資格を使って独立できる点や人との対話を通して他者の権利を保護していく点が私に合っていると感じて、法曹を目指すことを決意しました。伊藤塾を選んだのは、同級生や先輩方のほとんどが伊藤塾へ入塾しており、支持されるには相応の理由があるだろうと考えたからです。
 
続きを読む

公務員試験合格・内定

O.Oさん (22歳)

◆出身大学
東京大学法学部4年

◆受講講座
国家総合職(法律区分)プラス国家一般職・地方上級コース 本科生(演習付)

◆最終合格
国家総合職(教養区分・法律区分)

◆内定
総務省

◆予定進路先
総務省


元々、家族に公務員が多かったので漠然と公務員という仕事に興味を持っていました。各省庁の説明会に参加していく中で、法律というツールを使って日本全体に影響を及ぼしてよくしていくことができる国家公務員に魅力を感じるようになりました。伊藤塾は「これだけやれば必要十分な試験対策になる」と思えるようなコンパクトな教材を用意してあったとともに、法律科目の講義の質の高さを感じて講座受講を決めました。
 
続きを読む

上原 健太郎さん  (21歳)

◆出身大学
首都大学東京都市教養学部4年
◆受講講座
地方上級・国家一般職コース 本科生(演習付)
◆最終合格
国家一般職、裁判所一般職、特別区(東京23 区)
◆内定
国土交通省関東地方整備局、特別区
◆予定進路先
国土交通省関東地方整備局

多くの国民に役立ちたいということが、私の職業を選択するうえでの軸でした。その中でも民間企業とは違い、対価の有無に関わらず国民のために働くことができる公務員を目指しました。伊藤塾には筆記試験対策として完璧なカリキュラムと個性あふれる講師によるわかりやすい講義があるだけでなく、受験先機関に関する細かな情報や各試験に対応した面接対策講座、講師カウンセリングによる相談体制が整備されている等、筆記試験以外の対策及び受講生に対するケアが充実していると強く感じました。
 
続きを読む

T.Hさん (22歳)

◆出身大学
國學院大学法学部早期卒業

◆受講講座
地方上級・国家一般職コース 本科生(演習付)オプション:併願会計学、併願商法

◆最終合格
国税専門官、国家一般職、埼玉県

◆内定
国税専門官

◆予定進路先
国税専門官


高校生ぐらいの頃から、税金に関する報道番組を見ていたということもあり、私達が健康で文化的な生活を送るために、必要不可欠である税金を守ることができる仕事に携わりたいという思いから、公務員を志望しました。伊藤塾の利用を決めた理由は、公務員試験に受かるための無駄のない講義内容、そして教材でした。
 
続きを読む

土田 愛奈さん  (21歳)

◆出身大学
早稲田大学法学部4 年

◆受講講座
地方上級・国家一般職コース 本科生(演習付)

◆最終合格
国家一般職、横浜市

◆内定
東京税関、東京入国管理局、横浜市役所

◆予定進路先
東京入国管理局


私が公務員を志望したきっかけは、高校1 年次の海外研修です。客観的な視点から日本を見て、日本が今後とも平和で豊かな国家であり続けられる一助となりたいと思い、現場で勤務しながらもそれを政策へと反映する機会を得られる国家一般職を目指すようになりました。伊藤塾を選んだ理由は、通信講座のカリキュラムが、通学のものと同様にしっかり組まれていること、そしてなにより、公務員試験に合格した先輩からの評判が大変良かったためです。実際、伊藤塾で学んだ法律科目は、大きな得点源となりました。
 
続きを読む