LL.M.とは

LL.M.(Master of Laws)プログラムとは米国ロースクールの留学生向け課程です

米国ロースクールの大半は,J.D.(Juris Doctor,3年)コースとLL.M.(Master of Laws,約9か月)コースの2つの課程を備えています。
LL.M.コース(プログラム)はJ.D.修了生あるいはJ.D.相当の法学教育を外国で受けた方を対象とした,主に専門性を高めるためのコースです。日本人留学生の多くはLL.M.に留学します。
LL.M.コースを修了するとLL.M.学位が付与されるとともに,米国司法試験の受験資格を得ることができます。米国司法試験に合格すれば,受験した州の米国弁護士資格が取得できます。

LL.M.の出願要件

原則として、法学部を卒業したこと、もしくは法科大学院を修了したことが必要となります。日本の司法試験に合格し、司法修習を経た弁護士の方などの場合は、法学部以外を卒業した場合であっても出願できる場合があります。出願資格の有無については、各ロースクールに個別に確認することが必要です。
 

※法学部以外の学部を卒業した方であっても、各ロースクールの個別審査によりLL.M.出願資格が認められる場合があります。一方法学部を卒業された方であっても取得した単位数等によりLL.M.出願資格が認められない場合があります。LL.M.出願資格の有無については、各ロースクールに確認する必要があります。

 
出願準備
*TOEFLのスコア取得
*出願校選択
*奨学金申請
*成績証明書、卒業証明書などの準備
 
出願
*アプリケーション
*推薦状
*パーソナルステートメント作成
*レジュメ作成
*LSACへ登録・出願
 
留学準備・渡米
*ビザ
*留学保険
*銀行口座の開設
*寮やアパートの申し込み
*航空券の手配など

ロースクールを選ぶ基準

米国ロースクールを選ぶ基準としては、ランキング、授業料、立地条件、日本人留学生の数、フォロー体制、専門性を身につけたい科目の授業が充実しているか、など様々なものがあります。
たとえば、ランキングでは、U.S. Newsのランキングが有名です。
※U.S.News Top Law Schools
http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/best-graduate-schools/top-law-schools

学費・諸経費

学費は、ロースクールによって異なりますが、1年間で600万円程度かかります。その他、滞在中の生活費などが必要となります。
<参考>

名称 学費・諸経費
単位:ドル
Yale University 59,865
Stanford University 58,236
Harvard University 60,638
University of Chicago 59,541
Columbia University 65,260
New York University 61,622
University of Pennsylvania 60,988

※Best Law Schools Ranked in 2017より

奨学金等の制度

奨学金は各米国ロースクールが提供するものとそれ以外のものがあります。各米国ロースクールが提供する奨学金については、留学する前年の秋頃まで(出願と同時期)に申請をするのが一般的です。それ以外の奨学金についての情報は、留学関連ウェブサイトで一覧になっているものを参照する他、出願者が直接検索して探します。どちらの種類でも、奨学金の審査は競争が激しいのが現状です。英語力やGPA等の客観的な数値、奨学金を申請する機関に提出する書類の他、面接などで評価されるため、しっかりとした対策を立てる必要があります。

英語力

出願の際に求められるスコアは一般的にはTOEFL iBTで100点程度です。また、GPAは出願校にもよりますが、3.0以上必要であると思われます。
ただ、これら基準を満たさなければ絶対に合格できないということではなく、推薦状やパーソナルステートメントなど他の資料との総合評価によるようです。