2021年4 月~

担当講師

{"koza_id":"21A00005"}


開催場所

{"koza_id":"21A00005"}


講座情報メニュー

 日程 | 講座内容 | カリキュラム  | 使用教材
 
割引クーポンあり 詳細を確認する▼
 
●司法試験入門講座 他 各コースのご案内はこちらをご覧ください。


日程

LinkIcon ライブ中継日程 
  
◇1年間で予備試験合格をしたい方には…『予備試験1年合格コース』もございます。>>詳細はこちら
◇東京校でライブ受講もできる伊藤塾長の“司法試験界のスタンダード”といえる2年合格コース 「伊藤塾長クラス」もございます。>>詳細はこちら
◇エリア密着型 対面式ゼミ で徹底指導の2年合格コース 「横山クラス/本田クラス/山本・佐藤クラス」もございます。>>詳細はこちら
◇目標年にあわせて自由にスケジューリングしたい方には…『フリースタイルコース』もございます。>>詳細はこちら


講座内容

法律初学者にも十分配慮した効率的学習で、まずは法科大学院既修コース合格を目指すコースです。法科大学院入試対策はもちろん、その先の司法試験を見据えたレベルで法律知識を身につけることで、法科大学院進学後もその高度なレベルについていける学力を身につけることが可能です。 

<こんな方に特にオススメ!>
・知識ゼロから1年間の学習で法科大学院入試に備えたい大学3年生の方
・まずは法科大学院ルートに絞り、法曹コース枠での進学を視野にいれる大学2年生の方

▲画像クリックで拡大表示


カリキュラム

まず、法体系全体を知る 『体系マスター』
法律学を構成する条文は、相互に関連しあっています。そしてその知識は、ひとつあるいは複数の基本理念に基づいて統一的な構造体を作っています。このような構造体を「体系」といいます。
このような体系の理解は、法律学の出発点であり、到達点でもあります。まず、この体系を理解することで、個々の条文を単なる知識として記憶するのではなく、理解して記憶することができるようになります。
体系マスターは、まず学習の始めに、この法体系を学ぶ講座です。

【科目・時間】全42時間
法学入門6時間、法律基本科目憲法 6時間、民法 6時間、刑法 6時間、商法 3時間、民事訴訟法 3時間、刑事訴訟法 3時間、行政法 3時間
法律実務基礎科目民事実務・刑事実務 3時間
*規定時間数には、合格シミュレーション(3時間)を含めます。
【担当講師】
法学入門、合格シミュレーション 伊藤真塾長
法律基本科目憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法 本田真吾講師
行政法 伊関祐講師
法律実務基礎科目 岡崎敬講師
 
合格の基礎となる知識を固める 『基礎マスター[法律基本科目]』
長年にわたり、数多くの司法試験合格者を生み出してきた伊藤塾 入門講座の、まさに核となるインプット講座です。講義と演習で合格に必要な3 つの力をバランス良く養成します。
 ポイント1 正しく理解した知識を記憶する
 ポイント2 記憶した知識をもとに考える訓練をする
 ポイント3 問題文を正確に読みとり、考えたことを正確に表現する

【科目・時間】全486時間
憲法72時間、民法114時間、刑法78時間、商法(会社法)69時間、民事訴訟法57時間、刑事訴訟法60時間、行政法 36時間
※規定時間数に加え、基礎マスター商法(手形小切手法、商法総則・商行為)24時間】も提供いたします。
【担当講師】
憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法 本田真吾講師
行政法 伊関祐講師


考える訓練を強化し、応用力を養成 『基礎論文書き方講義』
知識の定着に役立つだけでなく、正しい方向付けのもと、論理的な思考力の養成にも役立ちます。
【科目・時間】全48時間
憲法6時間、民法10時間、刑法8時間、商法6時間、民事訴訟法6時間、刑事訴訟法6時間、行政法6時間
【担当講師】秋島成宏
 
基礎マスターの知識を定着させるトレーニング リーガルトレーニング[基礎編]
講義で知識を学んでも、表面的な理解しかできていない場合、試験現場で応用することができません。応用力を身につけるには、入門段階から、ただ講義を受けるだけで終わらせることなく、主体的なトレーニングをする必要があります。この観点から組み立てられたのが、「リーガルトレーニング基礎編」です。
「リーガルトレーニング基礎編」では、●基礎マスター短答まとめテスト ●基礎マスター論文答練 の各演習と、●基礎論文書き方ゼミ/講義によって、法科大学院入試や予備試験、ひいては司法試験合格に必要な3つの力(知識力、思考力、日本語力)をバランスよく養成します。

『基礎マスター 短答まとめテスト』
【科目・時間】全6回
憲法2回、民法2回、刑法2回
【担当講師】秋島成宏

『基礎マスター 論文答練 [添削あり]』
【科目・時間】全19回
総論講義1回、憲法3回、民法4回、刑法3回、商法2回、民事訴訟法2回、刑事訴訟法2回、行政法2回
【担当講師】
総論・憲法・民法・刑法・行政法 伊関祐講師
商法・民事訴訟法・刑事訴訟法 本田真吾講師
 
法科大学院入試対策 『パーソナル・ステートメント対策講座』
本講座では、基本的な雛形を参考に、実際にご自身のステートメントの下書きを作成し、第三者に添削してもらうことで、自分の書いたものがどう受けとられるのかを確認することができます。
 
【時間】全3時間〈添削つき〉
 
 


使用教材

1 憶えておくべき定義・趣旨・要件・効果を明示
法律を学習するうえでは、条文に定められた語句の定義・趣旨・要件・効果を正確に理解し記憶することが必要です。これは基本であるとともに、合否に大きく影響する点でもあるため、基礎マスターの段階から力点を置いています。また、意識的に学習できるように視覚効果にも配慮しています。
 
2 充実の論点解説
法律を解釈するうえで議論となる点を「論点」と呼び、法律学習では、この「論点の理解」が不可欠です。講義では論点の解説にとどまらず、試験で「考える」こと、「書く」ことを意識し掘り下げます。また、問いに対して結論・理由を提示する形式で、内容の充実とともに見やすさ、わかりやすさを追求しています。
 
3 図や表を使用してわかりやすく!
複雑な法理論の対立や法制度・システム全体の構造は、図や表を使って理解するのが一番です。論点の理解に際しても、具体的な事例を図に描いてイメージすることが大切です。当事者の法律関係やその主張を図に書いて時系列で整理してみると、一見複雑な事例も正確に読み解けるようになります。
 
4《情報の一元化》のプラットフォーム 26穴ルーズリーフ形式を採用
講義で使用する主要なテキストは、26穴ルーズリーフ形式を採用しています。
取り外し、差し込みが自由にできるので、他の講義で使用したテキストから抜き取った重要部分や、自分で作成したノートなどを綴じ込むことが可能です。法律の学習において最も重要な《情報の一元化》のプラットフォームとなります。
 
5 全ページに書き込みやすい余白を配置 自分だけの教材を作成
テキストの各ページに余白を設けて、書き込みをしやすい工夫をしています。
重要度のランクづけや、講義途中のメモ、予習・復習の際に気づいたことなどをどんどん書き込んでいくことによって、最終合格まで使える、オリジナルの最強ツールを作ることが可能です。


割引情報

早期割引キャンペーン実施中♪ 5/31まで最大3万円OFF 

講座名 クーポンコード 割引額
本科生+リーガルトレーニング(学習支援システムつき) 20a08941 2021/5/31まで3万円OFF
本科生(学習支援システムつき) 20a08951 2021/5/31まで1.5万円OFF

<再受講割引制度>
過去に伊藤塾で入門講座を受講された方で、最新の講義で学習しなおしたいという方は40%OFF!>>お申込方法の詳細はこちらをご確認ください。

☆入門講座単科にも再受講割引制度がご利用いただけます。

対象講座 基礎マスター、論文マスター、呉基礎本クラス基礎マスター、呉 基礎本クラス論文マスター、呉 基礎本クラス完全マスター
対象者  伊藤塾で対象講座と同等の講座を受講したことのある方
割引率  30%
*対象となる方には、マイページ[特典一覧>クーポン確認]で該当講座にご利用いただけるクーポンを発行しております。クーポンが発行されていない、ご自身が対象となるかわからないなど、ご質問・ご不明点がございましたら、伊藤塾までお問い合わせください。

<司法試験入門講座 プロフェッショナル応援キャンペーン>
☆実務家の皆様を応援します! >>詳細はこちら

  • クーポンはWEB上で決済いただいた際に指定いただかない場合、割引価格を適用できません。
  • クーポンコードは決済画面で必要となります。お手元に番号を控えて購入手続へ進んでください。
  • 伊藤塾マイページ会員の皆様に、さらにお得なクーポンをご案内している場合がございます。マイページへログインしてご確認ください。

ページの上へ

{"koza_id":"21A00005"}

このコースで受けられるサービス

{"koza_id":"21A00005"}