入門シリーズ

書籍購入ページのリンクをクリックすると Amazon.co.jpの当該書籍購入申込画面が開きます。
これは皆さんの利便性を考え、入手方法の一つとしてご紹介するものです。Amazon.co.jpで書籍を購入される場合は、皆さんとAmazon.co.jpとの契約になります。したがいまして、利用規約やプライバシーポリシーについては、伊藤塾ではなくAmazon.co.jpのものが適用されます。
伊藤塾では、皆さんがご購入された書籍の配送状況などをお調べすることはできません。Amazon.co.jpサイト上の「配送状況を確認する」コーナーにて、ご自身でお調べください。
なお、最新の刷をご希望の場合は、購入先のAmazonまたは書店にて必ず確認のうえご購入ください。
Amazon.co.jp


 


1997年以来多くの方に読んでいただいている「伊藤真の入門シリーズ」が、装いもあらたに、全冊をリニューアル。
リニューアルにあたり、①具体例やエピソードを新しく、分かり易く、②法律学習の基礎を更に重視、③市民にとってより分かり易く、この3点に留意したシリーズになっています。

法律を全く知らないという人にはもちろんお勧めですが、勉強の壁にぶつかりスランプに陥ってしまった人、法律の全体像を忘れてしまった人、自分がどこを勉強しているのかが分からなくなっている人などは、もう一度体系を勉強してください。きっと、すっきりしてこれからの勉強が捗ります。
新しくなった「伊藤真の入門シリーズ」で法律学習の面白さを実感してください。

入門シリーズ

伊藤真の憲法入門 第6版

伊藤真の憲法入門 第6版

日本評論社/定価:1,700円+税
2017年9月10日発売

法律を学ぶには、先ずは全体像をつかむことが大切です。その全体像を、伊藤塾長が講義形式で、わかり易く伝える「伊藤真の入門シリーズ」は、初版以来20年以上もの間、多くの方に好評を得ています。その「伊藤真の入門シリーズ」の憲法が第6版となりました。 第6版では、第2次安倍内閣以降、憲法の基本的価値を理解していないかのごとく成立した安保関連法、特定秘密保護法、共謀罪、沖縄辺野古新基地問題など、今最もホットなエピソードと議論を、憲法施行70年にあたり盛り込んでいます。
これから法律を学ぶ人はもとより、資格試験の学習を始めて久しい人にとっても、読めば今後の勉強が捗ります。


伊藤真の憲法入門 第6版

伊藤真の民法入門 第6版

日本評論社/定価:1,700円+税
2017年9月22日発売

2017年6月2日、現行の民法ができてから約120年ぶりの大改正が成立しました。その民法改正を反映した第6版ができました! といっても、この改正法が施行されるのは数年先です。そこで、第6版では、従前どおり民法の全体像と基礎知識を理解できるようにすることを主流とし、改正後の民法と異なる部分は、別枠で要点を記述しています。今直ぐに民法を学習したい資格試験受験者にも、今後の民法を知りたいビジネスパーソンにも、最初に読むに値する1冊です。


伊藤真の法学入門 補訂版

伊藤真の法学入門 補訂版

日本評論社/定価: 本体1,500円+税
2017年2月10日発売 

本書の初版発売から6年が過ぎました。その間、社会の変化に伴う様々な法改正や新しい判例が出ました。そのような社会の動きを反映させた内容にし、新しく補訂版としました。
一般に「法学入門」というタイトルの本は、およそタイトルとはかけ離れた難しい内容になっているものが多いです。しかし本書は、憲法の伝道師として永年法教育に情熱を注いできた伊藤塾長だからできた、法律初学者、更には法律を学んだことがない人にも、法律を学ぶことは楽しく、意義深いものであることを知ってもらえる内容になっています。


伊藤真の刑事訴訟法入門 第5版

日本評論社/定価:本体1,700円+税
最新版:第5版 2016年7月27日発売

伊藤塾長ならではの、人権保障の視点から分かりやすく解説した刑事訴訟法の入門書。 
第5版では、2016年5月24日に成立した法改正を逸早く織り込み、初学者でも読み易く、完結にまとまっています。 
刑事訴訟法の全体像がわかるだけでなく、コラムでは刑事訴訟法に関連する最新の重要問題を取り上げています。


伊藤真の民事訴訟法入門 第5版

日本評論社/定価:1,700円+税
2015年11月27日発売

最低限の必要不可欠な基礎知識を短時間で習得できるよう民事訴訟法を明快に解説しています。 
わかりにくい法律用語の説明も充実しているため、初学者に易しい民事訴訟法の入門書です。 
第5版では、新たに、コラム「訴訟費用」や「本人訴訟法と弁護士強制制度」が増えました。これによって、手続法への興味がより増すことでしょう。


伊藤真の行政法入門 第2版

日本評論社/定価:1,700円+税
最新版:第2版(2015年5月15日)

行政法は、行政活動を通じて憲法を具現化するための法といえます。しかし、統一法典が存在しない行政法の全体像を理解することは難しい。そこで、憲法の理想を日常生活に身近な行政法の切り口から語り、憲法と一体となっている行政法を広く知ってもらうために 、行政法の全体構造と基本的な内容をわかりやすく解説しています。 

第2版では、2014年に改正された行政不服審査法関連の3法(行政不服審査法、行政手続法、行政事件訴訟法)や新判例、在留資格の変更、在留期間の更新許可のガイドラインなどの新情報に対応。 
さらに、選挙訴訟の最新情報と1票の価値の重要性を掲載しています。


伊藤真の会社法入門

日本評論社 定価:1,700円+税
2019年10月4日発売

会社法は全部で979条もの規定があり、1つひとつの条文内容も複雑なものが多いため、学習するうえで迷路に入り込まないように、最初に会社法の全体像を学ぶことが重要です。本書は、会社法のポイントを短時間でマスターできるようにメリハリがついています。
多くの試験の範囲になっている商法や手形法、小切手法も、これまでの版と同様に登載していますので、最初に読みたい1冊です。


伊藤真の刑法入門 第6版

伊藤真の刑法入門 第6版

日本評論社/定価: 本体1,700円+税
2017年12月20日発売

刑法は、犯罪を行ったことがない人にとって正確なイメージがもちにくく、また、理論的にも難解です。そんな刑法を、講義形式の口語体によって理解し易い記述になっています。 第6版では、2017年6月に成立した強姦罪の構成要件と法定刑が改められた「強制性交等罪」、及び、2016年の刑事訴訟法改正に伴う改正を中心に内容を反映させました。また、第5版以降の新しい議論の解説も加わっています。