明日の法律家講座 バックナンバー

明日の法律家講座 東京校第200回

2012年9月1日(土)実施
 

市民運動から総理大臣へ

【講師】 
菅 直人 氏(衆議院議員、前内閣総理大臣)


講師プロフィール

菅 直人 氏(衆議院議員、前内閣総理大臣)

1946年 山口県宇部市に生まれる(本籍は岡山県)
1965年 都立小山台高校卒業
1970年 東京工業大学理学部応用物理学科卒  
1971年 弁理士試験に合格
1974年 市川房枝さんを参議院選挙に担ぎ出し、選挙事務長を務め、当選させる
1980年6月 衆議院選挙で初当選。以後、自民党に対抗しうる勢力をつくることを目指す。
1996年1月 橋本内閣で厚生大臣に就任。
      薬害エイズ問題を徹底究明、被害者に厚生大臣として謝罪。
    9月 鳩山由紀夫氏らと共に民主党を結成、党の代表に就任
2005年9月 衆院選で9 期目の当選も、小泉旋風の前に民主党は大敗
2009年8月 衆院選で10 期目の当選。民主党が歴史的大勝し、政権交代を実現する。
    9月 鳩山内閣にて副総理・国家戦略担当・
       内閣府特命担当大臣(経済財政政策・科学技術政策)に就任。
2010年1月 副総理・財務大臣・内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に就任
    6月 第94 代内閣総理大臣に就任
    9月 代表選挙で再選を果たし、菅改造内閣発足
2011年3月11日 東日本大震災、福島第一原子力発電所事故が発生。
        内閣総理大臣として地震災害ならびに原子力災害対策の陣頭指揮に当たる。
2011年9月 民主党最高顧問就任

 
 

伊藤塾からのメッセージ 

菅先生は、1974年の参院選で、故市川房枝先生の選挙事務所代表として参謀を務められたことが政界入りのきっかけだったそうですが、それ以前の東京工大時代には学生運動もされたそうです。このような先生のご経験が、先生が厚生大臣のときに遭遇された「薬害エイズ事件」や「O157の集団感染問題」へのご対応に表れていらっしゃるように思われます。
2009年8月の衆院選の結果、自民党から民主党への歴史的政権交代となり、菅先生は、鳩山氏の後、内閣総理大臣に就任されました。皆さま方ご存じのように、先生が総理大臣ご就任中に、未曾有の大災害があり、総理大臣として、地震、津波、原発災害対策の陣頭指揮に当たられました。
市民運動から出発された菅先生が、「3・11の大災害」をはじめとする内外の諸問題を国のトップとしてどのような思いで受け止められ、どのようなことをされたかをお聞きすることは、益々混迷の度を深めているように思われる現代社会に生きる私たちに大きな指針を与えてくださるものと思われます。
多くの皆さま方のご参加をお待ちしております。
なお、菅先生は、「総理という立場で福島原発事故に遭遇した体験から、脱原発依存社会を実現すべきと考えるにいたりました。この新しいホームページでは、主に 私が顧問を務める自然エネルギー研究会の活動や、自然エネルギーに関する最新情報を発信してゆきます。」とおっしゃり、新しいホームページを立ち上げられました。
 
★菅氏のホームページ
http://n-kan.jp/