明日の法律家講座 バックナンバー

明日の法律家講座 東京校第210回

2013年7月20日(土)実施
 

弁護士になるまで、そして、弁護士になってから~私が目指すもの~

【講師】 
神山 昌子 氏(弁護士、「桜丘法律事務所」所属)


講師プロフィール

神山 昌子 氏(弁護士、「桜丘法律事務所」所属)

1 944年、栃木県生まれ。
国際基督教大学卒業後、商社に勤務し、結婚退職。
出産後に離婚して、波乱の人生が始まる。
34歳のときパートの待ち時間に読んだ法律の入門書がきっかけで、弁護士になろうと思い立つ。
37歳から連続22回、試験を受け続けたが、合格しなかった。
それでも諦めずに挑んだ23回目のチャレンジで、ついに司法試験合格。
61歳で弁護士になる。
その後、「法テラス」という新しい司法制度の一期生として旭川に赴任。
現在は「桜丘法律事務所」に所属。

 
 

講師からのメッセージ 

「夢は叶う!」これが、私が司法試験に合格してから、マスコミが私に付けたがったキャッチフレーズでした。 22年間の「不合格者」「敗残者」が一転、「成功者」になり、珍しがられてマスコミに取り上げられる存在になりました。朝日新聞の「ひと」欄、「発見!人間力」「ドラクロワ」、調子に乗って「苦節23年、夢の弁護士になりました」という本も出しました。・・ ちょっと宣伝入ってます。
人生何が起こるか分からない。だから面白い、でも、本当は、毎日必死で努力していなければ奇跡は起きないのです。私のような人生を皆さまが歩むことは決してないのだとわかってはいますが、それでも、自分に対する根拠のない自信を維持する方法、落ち込んだときのリカバリーの方法、そして、受験時代に苦労した勉強方法や記憶方法、皆さんにお役にたつかどうかわからないけれど少しお話しをしてみます。
そして、弁護士になり、北海道の旭川での経験を踏まえて、弁護士という仕事が今転換期を迎えていることを、身を持って感じた経験をお話ししようと思います。
皆さんと過ごすひとときを楽しみにしています。