明日の法律家講座 バックナンバー

明日の法律家講座 東京校第212回

2013年9月21日(土)実施
 

私の自己実現~弁護士として、国会議員として~

【講師】 
三谷 英弘 氏(みんなの党衆議院議員、弁護士、元伊藤塾塾生)


講師プロフィール

三谷 英弘 氏(みんなの党衆議院議員、弁護士、元伊藤塾塾生)

1995年  栄光学園高等学校 卒業
1999年 ( 旧)司法試験 合格
2000年  東京大学法学部 卒業
2001年  弁護士(第二東京弁護士会)登録
     弁護士としての専門は、知的財産権(エンターテインメント、インターネット関連)、 個人情報(プライバシー)、紛争処理(裁判)、その他企業法務。
2006年  中央大学法学部兼任講師 就任(同年9月まで)
    「 エンタテイメント法」を担当(共同)。
2007年  ワシントン大学ロースクール(知的財産権LL.M)
     卒業論文 アメリカにおけるビデオゲームの表現規制と表現の自由の関係
2007年~2008年  アメリカにおいて、日本のアニメ、マンガの販売に法務部の一員として従事。
2008年  日本における弁護士業務に復帰。
2010年  みんなの党 東京都第5区(目黒・世田谷)支部長 就任
2012年 衆議院 比例東京ブロックにて初当選
 
主な著書
「不正競争防止法の新論点」 第二東京弁護士会知的財産権法研究会編 商事法務(共著)
「著作権の法律相談 第二版」 青林書院(共著)
「誰でもわかる最新個人情報保護法」 エクスメディア(法律監修)
「個人情報管理ハンドブック」 商事法務 (共著)
「ITの法律相談」 青林書院(共著)
 
 

講師からのメッセージ 

昨年12月、衆議院の総選挙で当選してから8か月。国会での質問回数は既に20回を超え、通算の質問時間は10時間以上。
文字通り全力疾走をしてきました。
国会議員になる前は、弁護士として10年近く、エンタテインメントやインターネット関連の業界をクライアントとして仕事をしてきました。これらの仕事の中で、法律や制度が原因で日本の企業が国際競争力を発揮できない例を数多く見てきたために「法律を変える側に立ってやろう」と思ったこと、これが弁護士から政治家に転身することになったきっかけです。
今政治家となってからも、弁護士時代に培った法律知識や法的な物の考え方がそのまま国会での活動に役立っています。でも、それだけではありません。政治家となってからはもちろん、弁護士の頃も、自分の趣味や経験が全て生きています。僕の好きな言葉は「好きこそものの上手なれ」。勉強することだけでなく、息を抜くことだって決して無駄にはなりません。大事なことはしっかりと目標を見据えて行動すること。 私の経験を共有させて頂くことで、皆様の将来の参考になれば幸いです。