明日の法律家講座 バックナンバー

明日の法律家講座 東京校第220回

2014年5月31日(土)実施
 

『電通→弁護士→経産省→中国で経営者』に至るまでの軌跡と雑感

【講師】 
分部 悠介 氏(IP FORWARDグループ総代表・CEO/日本国弁護士・弁理士・元伊藤塾塾生)


講師プロフィール

分部 悠介 氏(IP FORWARDグループ総代表・CEO/日本国弁護士・弁理士・元伊藤塾塾生)

日本国弁護士・弁理士
東京大学在学中1999年司法試験合格
2000年 同大学経済学部卒業。
同年   株式会社電通入社、映画・音楽・キャラクタービジネス等のコンテンツビジネス実務に関与。
2003年 弁護士登録。
同年   日本最大級の総合企業法務弁護士事務所の長島・大野・常松法律事務所に入所し、企業法務、知財法務全般に関与。
2006年~2009年 経済産業省模倣品対策・通商室に出向し、初代模倣対策専門官弁護士として、中国、インド、東南アジア、中近東諸国の知的財産権法制度の調査・分析、関係各国政府との協議、権利者企業からの知的財産権侵害被害に係る相談対応などを担当。
2009年 渡中後、模倣品対策専門調査会社、中国律師事務所での勤務を経て、IP FORWARDグループを創設。
現在   同グループを統括すると同時に、多くの日本、欧米企業に対して、中国、知財に係る問題を中心にサポートしている。

論文等
2014年 JETROバンコク委託事業「ASEANにおける模倣品及び海賊版の消費・流通実態調査」
2014年 JETRO上海委託事業「中国製模倣品のグローバル拡散状況実態調査」
2014年 知財研フォーラム96号「中国商標法第三次改正の要点と実務への影響」
2013年 国際商事法務618号「中国商標法第三次改正の要点と実務への影響」
2013年 知財研フォーラム92号「中国税関における知的財産保護制度の概要」
2012年 知財研フォーラム91号「中国における効果的なデザイン保護戦略のあり方」
2012年 知財研フォーラム89号「中国不正競争防止法の模倣対策への効果的活用と改正概況」
2012年 知財研フォーラム88号「中国商標法最新改正案の主要なポイントの紹介及び考察」
講演も多数行い、テレビ等にも多数出演している。

 

講師からのメッセージ 

 私が司法試験に合格した15年前、何か人と違うことをしたいという思い、知的財産権分野への興味から、電通に入社して、映画やアニメへの投資、権利売買の仕事をさせてもらいました。その後、総合法律事務所、経産省出向を経て、中国・上海で知財、模倣対策専門のコンサルティング会社を設立起業し、現在は、中国に8拠点、社員総数60名(中国人社員が9割)の体制となり、業務範囲も東南アジアに拡大し、最近は、アニメ・漫画の売買・ライセンスの仲介等の権利ビジネスのサポート等も行っています。
 私が弁護士になった時には、まさか自分が中国で経営することになるとは夢にも思っておらず、単に、弁護士の資格を武器に、オンリーワンの業務ができないか、と常に考えて、色々と新しいことにチャレンジし続けた結果、今の立場に至ったというのが正直なところです。昨今、弁護士の数が増加しているため、特に企業法務の分野では既存の確立された業務だけをやろうとしても容易ではございません。他方で、時代が様々な点で急速に変化する中、弁護士が活躍できる新しい分野も出てきており、今後、常に、新しい分野を自分で見つけて、創っていく、という発想はより重要になってくるように思います。
 私も、まだ道半ばですが、今までの私の軌跡、考えを説明することで、少しでもこうしたことを考える上でのヒントになれば、と思っています。