明日の法律家講座 バックナンバー

明日の法律家講座 東京校第234回

2015年7月29日(水)実施
 

今の憲法は日本の宝、世界の宝~八法亭みややっこの憲法噺

【講師】 
飯田 美弥子 氏(弁護士、「八王子合同法律事務所」所属、八法亭みややっこ)


講師プロフィール

飯田 美弥子 氏(弁護士、「八王子合同法律事務所」所属、八法亭みややっこ)

弁護士。高座名:八法亭みややっこ。水戸一高落研出身。
1998年司法試験合格。司法修習53期。東京弁護士会所属。
 
ハンセン病国賠訴訟弁護団、京王電鉄バス分社化リストラ争議弁護団、高尾山にトンネルを掘らせない天狗裁判弁護団、再審布川事件弁護団、痴漢えん罪沖田国賠事件弁護団、日の丸君が代強制反対裁判弁護団(市立中学校教師)などに参加。闘う人がいるところ、困難を厭わず一緒に闘う弁護士である。
その付き合いで、八王子革新懇事務局長、国民救援会三多摩総支部副会長を務める。
司法修習中に茶道を始めたのがきっかけで、掛け軸が読めなかったり、席中で筆で文字を書くことが不得手であったりしたことから、「攻撃は最大の防御」と通信教育でお習字を始め、現在四段。
 
著書に「八法亭みややっこの憲法噺」がある。
 

講師からのメッセージ 

 一昨年5月が、結果的に初演となった私の「憲法噺」。以来、同じ噺を、100回以上も、全国各地で演じることになっています。
 私がおよそ想像もしなかったこの広がりは、安倍政権による改憲論議に対して国民が漠然と感じている不安感によって、もたらされていると思います。
 「落語」のもつ軽さ、明るさ、同時に、情に訴えることのできる芸の幅の奥行きの深さが、私の憲法噺を普遍性のあるネタにしてくれた、とも感じています。
 弁護士と落語家、憲法と落語、この組み合わせに面食らう人も多いようですが、私にとっては、ごく自然なこと。一度、お聞きいただければ幸いです。