明日の法律家講座 バックナンバー

明日の法律家講座 東京校第252回

2016年10月1日(土)実施
 

弁護士資格を国政に活かす~当事者の声、現場の視点、法の論理を踏まえた政治に~

【講師】 
山添 拓 氏(参議院議員、弁護士)


講師プロフィール

山添 拓 氏(参議院議員、弁護士)

1984年京都府生まれ。
京都市立堀川高等学校を経て、東京大学法学部卒、早稲田大学大学院法務研究科修了。
2011年司法試験に合格。司法修習新第64期。第二東京弁護士会所属。
司法修習生の給費性維持をめざす若手ネットワーク、ビギナーズ・ネットの初代共同代表の一人として活動。
弁護士登録後、東京法律事務所に入所。
原発事故の被害賠償事件に取り組む弁護団、過労死弁護団、首都圏青年ユニオン顧問弁護団、国公労連賃下げ違憲訴訟弁護団等に参加。
現在、山添拓法律事務所。
2016年第24回参議院議員通常選挙において、定数6の東京都選挙区より立候補(日本共産党公認)。
得票率10.7%を得て4位で初当選。
選挙戦では、安保法制廃止、憲法9条をはじめ安倍政権がめざす改憲案の危険を訴えたほか、アベノミクスと消費増税路線が破綻していること、税金は集め方を変え、使い方も変えるべきこと、ブラック企業をなくし働きやすい社会の実現をと訴えた。
 

講師からのメッセージ 

弁護士5年目、まだまだ新人の域を出ない私が、突如として国政に挑戦することに。いま思えば、我ながらよく決断したものだと思います。弁護士としてどんな事件に取り組んできたか、なぜ立候補の決意に至ったか、どのような議員をめざしているか、あるいは国会議員の日常とはどんなものかなど、議員としても新人の私が、いま感じていることをお伝えします。
 
法曹資格は、幅広い可能性があります。それはなによりも、憲法に根ざした人権と民主主義の担い手という立場ゆえのものです。これから法曹をめざすみなさんと、大きな視点で志を共有できれば幸いです。