明日の法律家講座 バックナンバー

明日の法律家講座 東京校第260回

2017年6月24日(土)実施

沖縄で起こっていること~沖縄の問題はわが国全体の問題

【講師】 
伊志嶺 公一 氏(弁護士、「おきなわ法律事務所」所属、元伊藤塾塾生)


講師プロフィール

伊志嶺 公一 氏(弁護士、「おきなわ法律事務所」所属、元伊藤塾塾生)

伊志嶺公一氏
1991年3月  浦添高等学校卒業
1996年3月  専修大学法学部卒業
2004年10月 司法試験合格
2005年4月  最高裁判所司法修習生(第59期)
2006年10月  弁護士登録(沖縄弁護士会)・おきなわ法律事務所入所

役職・所属
日本弁護士連合会 全面的国選付添人制度実現本部委員
沖縄弁護士会 民事介入暴力対策特別委員会委員
沖縄弁護士会 子どもの権利に関する特別委員会委員
公益財団法人日弁連交通事故相談センター沖縄県支部委員会委員
沖縄弁護士協同組合理事
財団法人暴力団追放沖縄県民会議相談委員
沖縄県いじめ防止対策審議会委員
那覇市こども政策審議会委員
浦添市建築審査会委員
沖縄医療事故問題研究会会員
那覇市特別相談員
 

講師からのメッセージ 

沖縄弁護士会に所属しております弁護士の伊志嶺公一と申します。私は、伊藤塾で勉強させて頂いた経緯がありますが、この度、その伊藤塾で講演をさせて頂く機会を頂きました。最初にこのお話しを頂いた時、私ごときが何を話せばいいのか・・・と、大変迷ったのですが、伊藤真先生からのお誘いを受けた以上は、精一杯務めさせて頂きたいと思っています。
私は、沖縄県出身で、沖縄で起こる事に様々な矛盾を感じながら育ってきました。自然と法律家として沖縄でお手伝いがしたい、と思うようになり、司法試験を志し、合格後は沖縄で登録し、今現在に至ります。
沖縄では、基地に関連する問題が毎日のように起こっています。そして、基地に関連する訴訟がたくさん起こされています。私は全ての訴訟に関われているわけではありませんが、私が関わっているだけでも、普天間基地爆音差止訴訟、嘉手納基地爆音差止訴訟、辺野古に関連する訴訟、高江オスプレイパッド訴訟、などがあります。
明日の法律家講座では、今後、聴講者の皆さんが考える切っ掛けになってもらえるよう、弁護士の役割も説明しながら沖縄の問題について説明してみたいと思っています。社会問題に関わるような弁護活動をしたいと考えている方はもちろんのこと、社会問題に興味はないと思っているような方にも聴講頂けたら幸いです。