明日の法律家講座 バックナンバー

明日の法律家講座 東京校第306回

2021年8月21日(土)実施

会社員から弁護士に転向 ~弁護士業務において企業勤務経験が役立っていること~

講師プロフィール

冨永 伸太郎 氏(弁護士、弁護士法人松尾綜合法律事務所所属)

長岡隼平氏
1990年3月 東京大学 法学部卒業
1990年4月 東京海上火災保険株式会社にて勤務(1997年7月まで)
1999年10月 司法試験 合格
2000年4月 司法研修所入所
2001年10月 司法研修所修習生課程修了(54期)
2001年10月 弁護士登録(第一東京弁護士会)
2001年10月 椿法律事務所入所(2002年9月まで)
2002年10月 現在の弁護士法人松尾綜合法律事務所に入所

 

講師からのメッセージ

私は、大学卒業後、民間企業に就職しており、弁護士になったのは30歳台の半ばでした。
司法試験合格を目指して日々努力されている皆様の中には、私と同様、社会人経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。
早いもので弁護士になってから約20年が経過しましたが、日々の業務を遂行する中で、企業勤務経験が生きていると感じることが多々あります。
大別すると2つに分類できるのですが、1つは、使う側と使われる側の両方を経験したことによるものです。もう1つは、企業での実務経験が弁護士業にも活用できていることによるものです。
当日は、時間の許す限り、具体的な経験談をお伝えしたいと考えておりす。
併せて、弁護士に期待される役割などをお話したいと考えております。