担当講師

{"koza_id":"18C12004"}

開催場所

{"koza_id":"19C12004"}


対象者

・2021年の合格を目指すすべての方
・直前期の学習のペースメーカーがほしい方
・出題予想を活用した学習をしたい方
・直前期に演習を通した学習を行いたい方


日程

科目 Web(通信) 教材発送日
18:00配信開始
知識完成編 民法1 21/4/6(火) 21/3/26(金)
民法2 4/8(木)
不動産登記法1 4/13(火)
不動産登記法2 4/15(木)
会社法・商法・商業登記法1 4/20(火) 4/9(金)
会社法・商法・商業登記法2 4/22(木)
マイナー科目1 4/27(火)
マイナー科目2 4/29(木)
総仕上げ編 午前の部 5/4(火) 4/23(金)
午後の部 5/6(木)
※知識完成編:演習60分×1、講義55分×2
※総仕上げ編(午前の部):演習120分×1、講義55分×2
※総仕上げ編(午後の部):演習60分×1、講義55分×2

【配信終了日】
2021年度司法書士試験筆記試験実施月の末日まで


講座内容

択一出題予想の新規講座!
出題予想論点をアウトプットで強化する!
 
●POINT.1 出題予想を駆使して2021年本試験を攻略する!
 例年よりも準備期間が短く、短期決戦となる2021年本試験において、「出題予想」は強力な武器となります。つまり、これまでの学習で仕上がっていない方でも、出題予想を活用して優先順位を付けたメリハリのある学習を行えば、本試験までに合格レベルに仕上げることが可能です。また、合格まであと一歩という方にとっても、出題予想を活用して発展知識をメリハリを付けて押さえることで、より合否を分ける問題が出されたときに正解をしやすくなります。本講座では、択一の出題予想の講座として、2021年本試験の出題が予想される論点をズバリ予想し、直前期学習の効率を最大限に引き上げます
 
●POINT.2 アウトプットで予想する!
 直前期における学習では,単に知識を吸収するだけではなく,それを本試験で確実に得点できるレベルまで引き上げる必要があります。そこで本講座では,「アウトプット(問題演習)」を通して予想論点を強化していきます。そのため、より得点に結び付けた学習が可能となるとともに、知識の定着の有無がはっきりするため、着実に実力を向上させることができます。また,直前期にインプットの教材が増えることがないことから、今までの教材を活かしながら予想学習をすることが可能です。
 
●POINT.3 「知識完成編」と「総仕上げ編」で万全の直前対策!
 本講座は「知識完成編(全8回)」と「総仕上げ編(全2回)」の二部構成となっています。「知識完成編」では”一問一答形式”を中心として予想論点を一つひとつ潰していきながらも、知識が混同しやすい論点は”二択形式”で整理することで、最後の2択になった時の決定力を付けます。そして,「総仕上げ編」では、予想論点に特化した本試験形式の”五肢択一式”の問題で演習を行うことで、試験戦略の構築も含めた総仕上げをしていきます。このように「1択→2択→5択」の流れで演習を行うため,総合的な実力アップが狙える講座となっています


カリキュラム

【回数/時間数】
全10回
●知識完成編:全8回
 民法2回
 不動産登記法2回
 会社法・商法・商業登記法2回
 マイナー科目2回
●総仕上げ編:全2回
 午前の部1回
 午後の部1回

【講義の流れ】
●知識完成編
 演習60分⇒講義55分⇒講義55分
●総仕上げ編(午前の部)
 演習120分⇒講義55分⇒講義55分
●総仕上げ編(午後の部)
 演習60分⇒講義55分⇒講義55分


使用教材

【使用教材】
●知識完成編
・演習問題冊子(一問一答形式)
・解説テキスト
 知識の定着の有無がはっきりする一問一答形式になっているので,直前期における知識の抜けを防ぐことができます。また,知識が混同しやすい論点は二択形式で整理することで,本試験における決定力を付ける工夫をしています。
●総仕上げ編
・演習問題冊子(五肢択一式)
・解説テキスト
 予想論点に特化した本試験形式の問題を、午前の部・午後の部それぞれ35問用意しています。登記記録問題や対話形式など,出題形式も含めた上での予想問題となっているため,より実践的な予想演習が可能となります。
【教材発送日】
上記の日程表よりご確認ください。 


講座ガイダンス

{"koza_id":"21C11005"}

このコースで受けられるサービス

{"koza_id":"21C11005"}