※本教材は、2022年合格目標の入門講座で配付している教材と同一です。2022年合格目標の入門講座を受講されている方は購入される必要はございません。

特長

●POINT.1 雛形学習はこれで十分!記述式の核となる雛形を登載!
記述式の学習において、雛形は細分化したパターンまで含めると膨大な数に及びますが、その一つひとつを個別に記憶していくのは効率の良い方法とはいえません。むしろ、記述式の核となる雛形の数は限られているため、そこを起点として押さえた方が効率的といえます。そこで本教材では、記述式の核となる雛形を厳選しており、無駄な労力をかけることなく記述式の基礎力を完成させることができます。そのため、”雛形学習はこれで十分”といえる教材になっています。
 
●POINT.2 「脱」雛形の丸暗記!理由付けを徹底した特別講義を配信!
雛形の学習となると、登記原因・登記事項・添付情報などを暗記で詰め込んでしまいがちですが、このような雛形の丸暗記では記憶が定着しにくく、これが受験生が雛形に苦手意識を抱える大きな要因となっています。そこで、本教材の購入者に向けた、髙橋講師による理由付けを徹底した特別講義をご用意しています。これにより雛形学習における記憶の負担が軽減されるので、スムーズな雛形学習が可能となります。

 科目 時間 配信開始日
(18:00~)
 不動産登記法 6時間 21/7/5(月)
商業登記法 6時間 21/11/15(月)
配信終了日:2022/7/31

●POINT.3 最新の法改正に基づく雛形を登載!
雛形学習においても、最新の法改正に基づいた学習はもちろん必要であり、また、近年の記述式試験では、改正により新設された項目の雛形を書かせる問題が出題されることもあるため、新設項目に関する雛形(例:配偶者居住権に関する登記,株式交付の登記)も押さえておく必要があります。その点、本教材では最新の法改正に基づく雛形を登載しているので、安心して学習することができます。

記述式の学習において重要となる登記申請書の「雛形」を、申請パターンごとに登記記録と事実関係が記された一問一答形式の問題集として登載しています(不動産登記法:パターン100,商業登記法:パターン80)。


こんな方におすすめ

・2022年の合格を目指すすべての受験生
・最新の雛形を登載した雛形集で学習したい方
※本教材は、2022年合格目標の入門講座で配付している教材と同一です。2022年合格目標の入門講座を受講されている方は購入される必要はございません。


価格一覧

科目 価格 教材発送日
雛形パターン100 不動産登記法 2,500円 7/1(木)
雛形パターン80 商業登記法 2,500円 11/10(水)
{"koza_id":"22C18400"}

このコースで受けられるサービス

{"koza_id":"22C18400"}