真の法律家・行政官を育成する「伊藤塾」
  {} カート
< 予備試験最終合格を目標にスタート >
大学4年の予備試験まで、2年の時間と2回の合格チャンスがあります。
卒業直後の5月の司法試験合格が現実となります。
◆予備試験最終合格を目標にスタート
大学4年の予備試験まで、2年の時間と2回の合格チャンスがあります。卒業直後の5月の司法試験合格が現実となります。

 
 
 

大学2年生の方は、大学4年の予備試験まで、まだ2年の時間と2回の合格チャンスがあります。大学4年で予備試験に合格すれば、卒業直後の5月の司法試験合格が現実となります。
法科大学院に進学したとしても、司法試験対策の心配をすることなく法科大学院での学習に専念できます。
なお、法科大学院を受験する場合には、予備試験の対策がそのまま活きますので、私大特待生合格・難関国公立合格が可能です。

<大学2年生向け> モデル受講プラン

★予備試験 2021年合格目標 すべてのコース
改正民法 完全対応
 論文マスターに
予備試験過去問 完全搭載

司法試験(予備試験・難関法科大学院共通)コース 本科生

基礎から応用力を着実に養成!
司法試験合格までを視野に、司法試験予備試験合格と難関法科大学院特待生(学費免除)合格を目指すプラン。

司法試験(予備試験・難関法科大学院共通)コース 本科生

※画像クリックで拡大表示されます

<大学2年生向け> 学習計画

目指すは大学在学中の予備試験合格

大学2年生で学習を開始すれば、大学在学中の予備試験合格を目指すことができます。大学4年次に予備試験に合格することができれば、法科大学院でかかる時間的・金銭的負担を大きく軽減することができます。法科大学院への進学を考えている人も、大学4年次は多くの方が予備試験と法科大学院入試を併願しますので、司法試験合格率上位の難関法科大学院に入学するためには、予備試験受験者と競える実力、つまり予備試験へ向けた学習をする必要があります。

 
 
大学4年生の予備試験・法科大学院受験動向

 


D.Gさん
東京大学法学部4年在学中


【伊藤塾受講講座】司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験論文直前答練など 

資格を得てから社会に出た方が有利なのではと思い大学2年生の春に入塾しました。
論文対策には旧司法試験の過去問が特に有用でした。
伊藤塾の論文マスターは、旧司法試験の過去問などの中から良問を厳選しており、その演習を何回も重ねたことは自分にとってかなり効果的だったと思います。
とりわけ、民法と民訴法、刑訴法の問題研究は、各範囲の主要な論点を網羅しており、予備試験においても焼き直しされている問題も多数掲載されていました。

司法試験 合格者インタビュー

大学在学中に司法試験に向け学習を開始し、司法試験合格を果たしたみなさまへのインタビュー。
法曹を目指したきっかけ、大学生活・アルバイトとの両立、勉強仲間について、実際の勉強時間は?通学派?ネット派?、又、就職についてなど、これから司法試験に向けての学習開始を考えているみなさまにとって、有益な話が満載です。

大学在学中合格!司法試験合格者インタビュー


<中本さん 大学2年で伊藤塾に入塾し、合格!>

まずはイベントに参加する
Webで講義を無料体験する
進路相談・受講相談する