司法試験(司法試験予備試験/法科大学院)

トップ > 資格・試験一覧 > 司法試験 ( 司法試験予備試験 / 法科大学院 ) > 対策講座案内 > 司法試験入門講座 フリースタイルコース [2023年開講講座]

{"koza_id":"22A00001_9"}

{"koza_id":"22A00001_9","pageName":"司法試験入門講座 フリースタイルコース [2023年開講講座]"}

  

担当講師

{"koza_id":"22A00001_0"}

開催場所

{"koza_id":"22A00001_0"}

講座情報メニュー

 日程 | 講座内容 | カリキュラム  | 使用教材| 合格者の声 | 受講料
 
割引クーポンあり 詳細を確認する▼
 
●司法試験入門講座 他 各コースのご案内はこちらをご覧ください。


日程

2023年3月~

LinkIcon  講義配信日程  
 
◇伊藤塾長の最新講義…『合格プレミアムコース』もございます。
◇1年間で予備試験合格をしたい方には…『予備試験1年合格コース』もございます。
◇スタンダードな2年合格コース 「本田クラス」もございます。

「伊藤塾生学習支援システム」(リーガルトレーニングつき)をお申込みの方へ
お申込後、最大10日間以内に、マイページにご登録のメールアドレスへ、ご利用案内のメールをお送りいたします。


講座内容

<こんな方に特にオススメ!>
・カリキュラムに縛られず、自分のペースで学習をしたい方
・まとまった時間が取れる時期と忙しい時期が不定期な社会人の方
・法曹コースの履修を予定している法学部生の方

すでに配信されている講義を、ご自身のペースでオンデマンド配信にて受講するコースです。
一気に学習したい方はもちろん、その特性上、好きな科目からすぐに受講できることから、法曹コースの履修を予定している方にとってもその予習として活用できます。3年間の中であれば、学習期間を自由にカスタマイズすることが可能です。

▲画像クリックで拡大表示

《コースの特長》
◆ 忙しい社会人や法曹コースの予習に最適
このコースは、既に収録された各科目講義を学習開始時から受講できます。各自の目標に向かって、ご自身のペースで受講できるため、普段忙しい社会人の方でもそれぞれのライフスタイルに合わせた無理のないペースで学習を進めることができます。また法曹コースを履修または履修予定の法学部生には、その予習として最適です。大学ごとに異なる科目配置に合わせて学習の順序を組み立てることができます。伊藤塾の学習を大学に先行した予習としても活用すれば、優秀な学部成績を修めることができるでしょう。
◆ 安心の法改正対応
このコースは2023年開講の合格プレミアムコースがベースとなっているため、収録済講義の全科目一括配信を行います。その特長を活かし、一気に学習を進めて1年を切るペースで最短・最速の合格を目指すことができるのもこのコースです。情報が古く最新の法改正に対応していないのではと思う方がいらっしゃると思いますがご安心ください。司法試験入門講座は、学習中に法改正が生じても、無料にて法改正ポイント講義等を配信しサポートします。そのため、常に最新の情報の中で学習できます。
 


カリキュラム

 ① まず、法体系全体を知る 体系マスター

法律学を構成する条文は、相互に関連しあっています。そしてその知識は、ひとつあるいは複数の基本理念に基づいて統一的な構造体を作っています。このような構造体を「体系」といいます。
このような体系の理解は、法律学の出発点であり、到達点でもあります。まず、この体系を理解することで、個々の条文を単なる知識として記憶するのではなく、理解して記憶することができるようになります。
体系マスターは、まず学習の始めに、この法体系を学ぶ講座です。

【全42時間】

科目 時間 担当
法学入門 6時間 伊藤真塾長
憲法 6時間 伊藤真塾長
民法 6時間 伊関祐講師
刑法 6時間 伊藤真塾長
商法 3時間 本田真吾講師
民事訴訟法 3時間 本田真吾講師
刑事訴訟法 3時間 本田真吾講師
行政法 3時間 伊関祐講師
法律実務基礎科目(民事実務・刑事実務) 3時間 山本悠揮講師
合格シミュレーション 3時間 伊藤真塾長


 ② 合格の基礎となる知識を固める 基礎マスター法律基本科目
長年にわたり、数多くの司法試験合格者を生み出してきた伊藤塾 入門講座の、まさに核となるインプット講座です。講義と演習で合格に必要な3 つの力をバランス良く養成します。

ポイント1 正しく理解した知識を記憶する
法科大学院入試や予備試験・司法試験は、知識量を増やすだけの勉強では対応できません。未知の問題に対して、基本的な知識を使いこなし自分の頭で考えて解く力が試されています。そこで基本的な知識については、試験現場で応用できるレベルまで深く理解したうえで正確に記憶しておく必要があります。
ポイント2 記憶した知識をもとに考える訓練をする
伊藤塾の基礎マスターの特色は、考える訓練を多く採り入れていることにあります。 
これは他の受験指導校との大きな違いです。最近の試験傾向が知識量を求めるものから、応用力を問うものになっている以上、学習開始の段階から、本試験を意識した訓練をしていく必要があります。今、学んでいる知識がどのような形で試験で問われるのか、試験現場で応用する際のポイントは何かを意識した実戦的な講義が展開されます。
ポイント3 問題文を正確に読みとり、考えたことを正確に表現する
法律家は、法律知識を使って論理的に考えた結果を、書面を通じて表現することで、相手を説得できなくてはなりません。法律家にこの能力が必要である以上、法科大学院入試や予備試験、司法試験で論文試験が課されているのは当然のことと言えます。ただ、「考える」ことと「表現する」ことは全く別物であると思った方が賢明です。時間的(試験時間)・物理的(字数制限)な制約の下で、考えたことを的確に表現する力は一朝一夕に身につくものではありません。学習開始の段階から「書く」ことを意識した実戦的な理解・記憶をしておくことと、実際に「書く」訓練を積んでいくことが必要です。

【全 531時間】
科目 時間 担当
憲法 112時間 伊藤真塾長
民法 114時間 伊関祐講師
刑法 90時間 伊藤真塾長
商法(会社法) 68時間 本田真吾講師
民事訴訟法 54時間 本田真吾講師
刑事訴訟法 57時間 本田真吾講師
行政法 36時間 伊関祐講師

※規定時間数に加え、基礎マスター商法(手形小切手法、商法総則・商行為) 24時間も提供いたします。

 ③ 基礎マスターの知識を定着させる リーガルトレーニング基礎編
講義で知識を学んでも、表面的な理解しかできていない場合、試験現場で応用することができません。応用力を身につけるには、入門段階から、ただ講義を受けるだけで終わらせることなく、主体的なトレーニングをする必要があります。この観点から組み立てられたのが、「リーガルトレーニング基礎編」です。
「リーガルトレーニング基礎編」では、
●基礎マスター短答まとめテスト
●基礎マスター論文答練 の各演習と、
●基礎論文書き方ゼミ/講義によって、
法科大学院入試や予備試験、ひいては 司法試験合格に必要な3つの力(知識力、思考力、日本語力)をバランスよく養成します。

■ 基礎マスター 短答まとめテスト
司法試験予備試験・司法試験に合格するには、基礎マスターで学んだ基礎知識を確実に定着させる必要があります。短答まとめテストでは、憲法・民法・刑法の基礎知識の定着度合いを確認しつつ、解説講義を通して試験本番で使える知識の整理の仕方など、学習の正しい方向性を提示します。

科目・回

全6回:憲法2回、民法2回、刑法2回

担当講師

秋島成宏

■ 基礎マスター 論文答練 [添削あり]
学習効率を考えた場合、学習初期の段階から論文答案の書き方・型を学び、試験で使える形で知識を整理しておくことが有益です。基礎マスター論文答練では、各科目初回に書き方についての講義を設け、答案作成法の基礎を学び、実際に答案を書くことで、ゴールを意識したインプットを可能にします。

科目・回

 全19回:総論講義1回、憲法3回、民法4回、刑法3回、商法2回、民事訴訟法2回、刑事訴訟法2回、行政法2回

担当講師

総論・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法  本田真吾講師
憲法・民法・刑法・行政法 伊関祐講師

■ 基礎論文書き方 講義
~考える訓練を強化し、応用力を養成~

科目・回

24時間(憲法6時間・民法10時間・刑法8時間)

担当講師

秋島成宏


 ④ 論文作成力を養成 論文マスター法律基本科目
論文マスターでは、(旧)司法試験や予備試験、法科大学院入試問題などの検討を通じて、問題文の読み方や事案の分析と論点抽出の仕方・答案構成手法・答案表現手法といった実践的な答案作成能力を養います。

ポイント1 知識を論文答案に活かせる形で再整理し、記憶の定着を図る
司法試験や予備試験、法科大学院入試で合格点を得るためには、問題を解決するうえで必要な知識を正確に表現し、採点者を説得できなくてはなりません。論文マスターでは、基礎マスターで学んだ知識を論文式試験で表現できる形に再整理し、実践的に記憶の定着を図ります。

ポイント2 問題検討を通じて思考方法や思考過程を表現する訓練
論文マスターでは、基礎マスターで学んだ知識を単に論証や答案の形で覚えるのではなく、問題を検討する過程を学ぶことを通じて、知識を論理的に組み立てる訓練を行います。ここで養成する論理的な思考力は、論理で相手方を説得する法律家にとって必須の力であり、当然、各試験においても大きく評価される力となります。

ポイント3 豊富な合格者の再現データから還元された合格答案作成法を修得
法律の論文問題は、思考過程を試すために、具体的事案(生の事実)に対し、法律の解釈や裁判例を参考に論理的に解決を導く、いわば正解のない問題です。そこで重要なことは、どういう答案が高評価を受けるのか、制限時間内で現実的に書くことができるのかということを、客観的な事実から検証された講義・テキストで学習するということです。多数の合格者がいるからこそ得られる「正しい情報」、その豊富な再現データから抽出した「合格に必要な要素」を常に講義・答案例に反映し続ける好循環こそが、合格答案作成力の真髄となります。

ポイント4 予備試験本試験の過去問も学習できる
資格試験では、過去問の徹底した分析と答案を書く訓練が不可欠です。論文マスターには、過去に出題された単元においては、予備試験の過去問題を組み込んで構成しています。出題趣旨や司法試験委員会での議論も踏まえながら、予備試験の段階で試される力を分析し、司法試験まで通用する考え方や論文の書き方を伝えていきます。  
 
【全 186時間】
科目 時間 担当
憲法 27時間 伊関祐講師
民法 33時間 伊関祐講師
刑法 27時間 伊関祐講師
商法 24時間 本田真吾講師
民事訴訟法 27時間 本田真吾講師
刑事訴訟法 27時間 本田真吾講師
行政法 21時間 伊関祐講師


 ⑤ 答案の書き方を実践トレーニング リーガルトレーニング実践編
単に講義で答案作成法を学んでも、制限時間内に自分の手で答案を書いてみるトレーニングをしなければ、合格答案作成力を修得することはできません。「リーガルトレーニング実践編」は、限られた時間設定の中で、学んだ答案作成法を実践することで、 論文学習の早期から答案を書ける力を養成できるように組み立てられたカリキュラムです。

■ 論文マスター答練
答案を書くことで、知識を確認し、書き方を修得
講義で学んだ答案作成法や知識を使って実際に答案を書き、添削を受けます。学習効果を鑑みた最適なタイミングで答案を書いていきますので、力がついていることがすぐに実感でき、学習のモチベーション維持にも役立ちます。

科目・回

全23回:憲法3回、民法5回、刑法4回、商法3回、民事訴訟法3回、刑事訴訟法3回、行政法2回

担当講師

憲法・民法・刑法・行政法 伊関祐講師
商法・民事訴訟法・刑事訴訟法 本田真吾講師
 
■ 予備試験 過去問添削
論文マスターの最後の総仕上げとして、講義内で扱う予備試験の過去問8年分(2014年~2021年)の法律基本科目、法律実務基礎科目の全ての問題を添削指導します。

科目・回

全72回:憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法、行政法、法律実務基礎科目(民事・刑事)
※添削は、TWO-WAY添削です。

◆ 有料オプション「 予備試験論文過去問マスター・論文過去問答練 2022年~2024年」も特別価格でご提供いたします。
 
 ⑥ 実務基礎科目の基礎知識から論文作成力までを実践的に養成
   基礎マスター・論文マスター法律実務基礎科目
ポイント1 法科大学院での法律実務基礎教育も視野に入れたカリキュラム
本講座は、法科大学院で行われてるいるコア・カリキュラムにも配慮していますので、法科大学院教育で得られるのと同レベルの法律実務基礎科目知識を効率的に身につけることができます。
ポイント2 法律実務の知識が、法律基本科目にも活きる
法律実務基礎科目は、実体法、手続法の延長線上に位置づけられます。法律実務基礎科目と法律基本科目、この両科目を学ぶことにより、相互の理解が深まるという相乗効果が生じます。
ポイント3 法律実務基礎科目における独特の解法を身につける
法律実務基礎科目の試験での出題は法律基本科目での出題と、大きく違います。本講座では、典型事例をもとにした出題と、それに対する過不足のない解答(論述例)を提供します。
■ 基礎マスター 法律実務基礎科目

科目・時間

全27時間:民事訴訟実務、刑事訴訟実務、法曹倫理

担当講師

山本悠揮講師
■ 論文マスター 法律実務基礎科目

科目・時間

全20時間:民事、刑事

担当講師

山本悠揮講師
 
 ⑦ 予備試験対策として 選択科目対策講義

予備試験対策として『選択科目対策講義』無料配信提供予定です。
伊藤塾が誇る最強の講師陣が各科目を担当し、予備試験で必要とされる基礎知識を体系的に講義していきます。短期間で効率よく盤石の基礎力を習得するための講座といえます。また、直近の司法試験の過去問と上位合格者の再現答案等を素材にして、予備試験で必要とされる科目特有の論文の書き方についても解説していきます。

 ⑧ 伊藤塾生学習支援システム

リーガルトレーニングつきコースをお申込の方がご利用いただけます。(利用期間~2026/8/31)
期間経過後については、別途利用料をお支払いいただくと継続してご利用いただけます。



全法科大学院の97%の法律情報データベースを担う【株式会社TKC】との提携にて実現!!
司法試験入門講座では、予備試験短答式試験合格のためのWeb演習システムに加え、全国の法科大学院生が利用している信頼と実績のリーガルデータベースをあわせて、「伊藤塾生学習支援システム」として、通勤/通学中でも、外出先でも、スキマ時間を効果的に活用できる学習サポートを実現します。
特徴1 短答式過去問題演習システム
いつでも、どこでも、過去問Web演習の決定版
特徴2 基礎力確認演習システム
体系的に基礎知識を確認。弱点のない「盤石な基礎」を形成
特徴3 重要判例学習システム
「判例百選」「重要判例解説」に収録されている重要判例の読み込みに効果を発揮する学習ツール


使用教材

▼基礎マスター使用教材「入門講義テキスト」 < 司法試験合格者のテキスト活用例>

[1] 憶えておくべき定義・趣旨・要件・効果を明示
法律を学習するうえでは、条文に定められた語句の定義・趣旨・要件・効果を正確に理解し記憶することが必要です。これは基本であるとともに、合否に大きく影響する点でもあるため、基礎マスターの段階から力点を置いています。また、意識的に学習できるように視覚効果にも配慮しています。
 
[2] 充実の論点解説
法律を解釈するうえで議論となる点を「論点」と呼び、法律学習では、この「論点の理解」が不可欠です。講義では論点の解説にとどまらず、試験で「考える」こと、「書く」ことを意識し掘り下げます。また、問いに対して結論・理由を提示する形式で、内容の充実とともに見やすさ、わかりやすさを追求しています。
 
[3] 図や表を使用してわかりやすく!
複雑な法理論の対立や法制度・システム全体の構造は、図や表を使って理解するのが一番です。論点の理解に際しても、具体的な事例を図に描いてイメージすることが大切です。当事者の法律関係やその主張を図に書いて時系列で整理してみると、一見複雑な事例も正確に読み解けるようになります。
 
[4]《情報の一元化》のプラットフォーム 26穴ルーズリーフ形式を採用
講義で使用する主要なテキストは、26穴ルーズリーフ形式を採用しています。
取り外し、差し込みが自由にできるので、他の講義で使用したテキストから抜き取った重要部分や、自分で作成したノートなどを綴じ込むことが可能です。法律の学習において最も重要な《情報の一元化》のプラットフォームとなります。
 
[5] 全ページに書き込みやすい余白を配置 自分だけの教材を作成
テキストの各ページに余白を設けて、書き込みをしやすい工夫をしています。
重要度のランクづけや、講義途中のメモ、予習・復習の際に気づいたことなどをどんどん書き込んでいくことによって、最終合格まで使える、オリジナルの最強ツールを作ることが可能です。

▼論文マスター使用教材「問題研究」

[1] 未知の問題にも対応できる盤石な基礎を養うための問題をセレクト
答案作成を養成するのに適した問題を厳選。この問題集で答案構成や答案作成の練習を行い、講義を受講することで実践的な合格答案作成力を養成します。予備試験・司法試験でも問われる旧司法試験の問題を中心にセレクトし、未知の問題にも対応できる盤石な基礎を養います。予備試験の過去問も搭載。
 
[2] 最新の判例・議論を反映した答案例
答案例は、最新の判例及び現在のスタンダードな学説に則り、最新の試験動向に合わせた論述を展開したものになっています。
 
[3] 表現にこだわった答案例
答案例は、論述内容を説得的に表現する力を養えるよう、接続詞の選択、論理の流れなど、論理的かつポイントを押さえた簡潔な論述にこだわったものとなっています。
 
[4] 26穴ルーズリーフ形式を採用
[5] 書き込みやすい余白を設置

▼論文マスター使用教材「論文ナビゲートテキスト」
*基礎マスター段階で自習教材として配付しています。

法律の知識を修得する基礎マスターと、答案作成能力を修得する論文マスターを架橋するための教材です。重要基本概念の趣旨・定義・要件・効果・論証表現例など、論文答案を作成する上で押さえておくべき点が、効率よくまとめられています。


合格者の声

「基礎・基本が大切」という塾長の言葉、まさにその通りでした
D.Sさん 塾講師
 予備試験合格時 塾講師
「基礎・基本が大切」と伊藤塾長をはじめ講師の皆様が仰っていました。まさにその通りでした。もっとも基礎マスターの初期段階で試験に耐えうる基礎・基本を身につけることは困難です。そのため、完璧とすることには囚われず、着実に基礎マスターの受講を進めながらも、早めにアウトプットの論文マスターに着手することが肝要だと思います。自分も基礎マスター受講当時は基礎・基本とされる定義・規範・論点その他さまざまな知識があやふやな状態でしたが、論文マスターを受講し、各知識がどのように活用されるものなのかを理解することで、これらの定着度が格段に向上しました。


受講料

コース名 一般受講料
本科生+リーガルトレーニング 1,367,700円
本科生 1,188,600円

※本講座は、別途入塾料10,000円が必要となります。あらかじめご了承ください。
 

割引情報

<早期割引キャンペーン> 期間限定最大6万円OFF!

講座名 クーポンコード 割引額
本科生+リーガルトレーニング 23a13031 2024/3/31まで6万円 OFF
本科生 23a13041 2024/3/31まで3万円 OFF

<学び直し応援キャンペーン>
将来を見据えた皆様の「学び直し」を応援します!
【3/31(日)まで20%OFF!】 >>詳細はこちらをご確認ください。

<再受講割引制度>
過去に伊藤塾で入門講座を受講された方で、最新の講義で学習しなおしたいという方は40%OFF!>>お申込方法の詳細はこちらをご確認ください。

◇ 再受講割引制度 [通常より割引率10%UP] 50%割引キャンペーン 3/31(日)まで実施中♪

☆入門講座単科にも再受講割引制度がご利用いただけます。
対象講座 基礎マスター、論文マスター、呉基礎本クラス基礎マスター、呉 基礎本クラス論文マスター、呉 基礎本クラス完全マスター
対象者  伊藤塾で対象講座と同等の講座を受講したことのある方
割引率  30%
*対象となる方には、マイページ[特典一覧>キャンペーンのお知らせ]で詳細をご案内しております。
ご案内が確認できない、ご自身が対象となるかわからないなど、ご質問・ご不明点がございましたら、伊藤塾までお問い合わせください。

<司法試験入門講座 プロフェッショナル応援キャンペーン>
☆実務家の皆様を応援します! >>詳細はこちら

  • クーポンはWEB上で決済いただいた際に指定いただかない場合、割引価格を適用できません。
  • クーポンコードは決済画面で必要となります。お手元に番号を控えて購入手続へ進んでください。
  • 伊藤塾マイページ会員の皆様に、さらにお得なクーポンをご案内している場合がございます。マイページへログインしてご確認ください。

ページの上へ

{"koza_id":"22A00001_9"}

このコースで受けられるサービス

{"koza_id":"22A00001_9"}