真の法律家・行政官を育成する「伊藤塾」
  {} カート
< 法科大学院全額免除合格を目標にスタート >
適性試験対策やステートメント・語学スコアの準備など、
法律科目の対策以外にもやるべきことがあります。
基礎段階、1年目の学習が合否を分ける重要な時期です。

 
 
 

法科大学院への進学を選択する場合は、適性試験対策やステートメント・語学スコアの準備など、法律科目の対策以外にもやるべきことがありますので、常に今すべきことを確認しながら学習をしていきましょう。予備試験ルートを選択する場合は、周りが就職や進学を決めていくなかで勉強をすることになりますので、気持ちを強く持つことが重要です。
いずれにしても基礎段階、1年目の学習が合否を分ける重要な時期であることには変わりありません。決断したら1日も早く学習をスタートしましょう。

<大学3・4年生向け> モデル受講プラン

モデルプランA
法科大学院2019年入学目標

法科大学院入学コース 本科生

法律初学者にも十分配慮した伊藤塾カリキュラムによる効率的学習で、まずは法科大学院既修者コース合格を目指すプラン。

モデルプランB
予備試験2018年合格目標

司法試験(予備試験)速修コース 本科生(2016年開講講座)

2018年の予備試験合格を目標に、標準2年カリキュラムを1年で学んでいくコースです。
比較的受験対策に十分な学習時間を確保できる方が、学習開始から早いペースで受講を進めていくのに最適です。

モデルプランC
予備試験2018年合格目標/法科大学院2019年入学目標

呉・基礎本クラス1年速修コース(2016年開講講座)

2018年予備試験合格、2018年実施/2019年入学目標の法科大学院入試を目標に、標準2年カリキュラムを1年で学んでいくコースです。前半、憲法・民法・行政法については、インプット講義と論文の書き方の講義を並行して受講。そこで知識取得と使い方のイメージがついたら後半、商法・民事訴訟法・刑事訴訟法はその両方を有機的に結合した「完全マスター」としてコンパクトに履修していきます。

R.Dさん
中央大学法学部4年在学中
<合格した法科大学院>
慶應義塾大学法科大学院(既修)/早稲田大学法科大学院(既修)/中央大学法科大学院(既修・全額免除学生)
 

【伊藤塾受講講座】司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニングなど
入塾までは大学の単位を取れる程度にしか勉強をしていなかったので、法律の知識はほぼゼロと言っていいほどでした。短期で合格するためには本当に効果的な勉強が必要なので、圧倒的な合格実績を誇る伊藤塾にお世話になることに決めました。論文マスターに関しては、法科大学院入試まで時間がなかったので、答案の型や論証を頭に叩き込むことだけを考えて、講義を聴きました。