明日の行政書士講座

未来の行政書士のつくりかた教えます!
【ご参加無料】



第115回

開業7年目で年間売上1億円超えをした行政書士が熱く語る!
~願望は必ず達成される!情熱的に信念を持ってススメ!~

小出 秀人先生
20/1/25(土) 15:00~17:00 伊藤塾 東京校

小出 秀人氏

神奈川県行政書士会相談役

〈講師プロフィール〉
1980年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
1982年 神奈川県庁行政上級職として入庁
1986年 神奈川県庁土木部退庁
1986年 行政書士小出事務所開設
1997年 神奈川県行政書士会副会長
2000年 神奈川建設関連行政書士協会代表
2002年 神奈川県行政書士会相談役
2009年 神奈川県行政書士会副会長
2019年5月 神奈川県行政書士会相談役
      黄綬褒章受章
現在に至る
 

講師からのメッセージ

「 熱くなれ 未来を絡め取れ 」 7年目で年商1億


集合的無意識を刺激しろ。願いを叶えるためには、恒常的に、情熱的に、具体的に祈ることが肝要である。

祈りの裏打ちは抜山蓋世の行動である。夢の達成までは、つまらないプライドを封印し、犬以下の扱いに慣れなくてはならない。二足の草鞋を脱ぎ捨て一足にしなければならない。一足の草鞋が擦り切れたら裸足になれ。マメが潰れて血が流れるころには、ベルルッテイの靴が似合う男になる。クリスチャン・ルブタンが似合う女になる。
ブラックカード、しかも、チタニウムを見せびらかし、ルイ13世を後輩に奢れ。何杯でも奢れ。

人を超えろ。残念ながら人の運命は決まっているが、その運命を信じる勇気を持たねばならない。運命が悲惨なものであると分かったら詮方ない。次の転生に期待すれば良いだけだ。ツァラトストゥラは、ロープから落ちた曲芸師を手厚く葬った。

開催概要

日時:2020年1月25日(土) 15:00~17:00
場所:伊藤塾 東京校
参加費:無料 *どなたでもご参加いただけます。


第116回

合格者から実務家へ
~0から1に変わる瞬間~

金子 宣子先生、鳥羽 政臣先生、平野 川子先生
山口 拓朗先生(進行役)
20/2/8(土) 18:30~20:30 伊藤塾 東京校


 

金子 宣子氏
(金子行政書士事務所)

(講師プロフィール)
・開業年月:2019年8月
・取扱業務:遺言・相続、法人設立、許認可

司法書士事務所、行政書士事務所に3年半ほど補助者勤務し、実務経験を積みました。現在も司法書士事務所に勤務しながら自宅開業し、兼業行政書士としてスタート。合格してどうするか迷っている方のヒントになれば嬉しいです。
 


 

鳥羽 政臣氏
(行政書士イデアル法務事務所)

(講師プロフィール)
・開業年月:2019年7月
・取扱業務:建設業許可

行政書士になる前のバックグラウンドは十人十色ですが、なった後は勤務形態を問わず誰しもが実務家と経営者の2つの顔を持つことになります。
皆さんのそれぞれの「0から1」を発見していただく機会になればとても嬉しいです。
 
行政書士イデアル法務事務所


 

平野 川子氏
(行政書士事務所 勤務)

(講師プロフィール)
・開業年月:2019年6月(使用人登録)
・取扱業務:遺言・相続、国際業務

行政書士登録して7ヶ月が過ぎました。初めて自分の職印を使って職務上請求をしたときの責任と重みは忘れることはないでしょう。
これまでの人生経験を活かして行政書士として自分に何ができるか模索中です。
 


 

山口 拓朗氏
(行政書士山口拓朗事務所)

進行役
 

講師からのメッセージ

 行政書士実務家として最初の1年目はいったい何をすればよいのか?


試験の合格は実務家として歩み始めるための出発点!
現在実務家として大活躍されている先生方にも、みんな最初の1件目があります。
慣れない中で一生懸命クライアントの為に頑張った1件目は、今後の自分の自信にも繋がる忘れられない経験ですよね。

登壇される実務家1年生の3名は、つい最近その大事なご経験をされた方々です。これから登録される皆さんにとっては、ほんのちょっと未来の姿ですね!

0から1に変わる瞬間、彼らは何を見て、何を思い、何を考えたのか?なかなか他では聞くチャンスのない「実務家1年生達のリアルな声」にフォーカスした本講座。是非お楽しみください!

開催概要

日時:2020年2月8日(土) 18:30~20:30
場所:伊藤塾 東京校
参加費:無料 *どなたでもご参加いただけます。

過去の「明日の行政書士講座」

過去の開催の内容を動画でご覧いただけます。
ご覧になりたい方はこちらLinkIcon