講師紹介 髙橋 智宏

学習戦略なくして合格なし。
「効率的な学習戦略」を徹底する。それが短期合格には不可欠です。

髙橋 智宏(たかはし ともひろ)講師

2012年度司法書士試験合格。2013年第12回簡裁訴訟代理等能力認定考査合格。
一発・在学中・最年少で司法書士試験合格を果たし、合格直後から講義・教材制作・カウンセリング・ゼミなど多岐に渡って受験指導を行う。
制度趣旨から展開する理論的な説明と、視覚的な理解に訴える「図解」を用いた説明による講義は「頭に残りやすい講義」と受講生から好評を博している。特に、パワーポイントを駆使した図解には「一目で瞬時に理解できるように」とのこだわりを持っており、多彩な図解を用いてイメージのつかみやすい講義を展開させている。また、「『脱』過去問丸暗記主義」を掲げ、「過去問を何度も解いているのに合格できない。」と悩む受験生に意識改革を与え、合格に導いている。
講義のほか、一人ひとりの弱点を失点パターンから分析した上でアドバイスを行う個別カウンセリングも人気を博しており、その親身な姿勢と的確なアドバイスから、定期的にカウンセリングを利用する人も多い。

「がむしゃらに、ひたむきに、効率よく」。
一緒に絶対合格に向けて頑張っていきましょう!

司法書士試験の学習において、やってはいけないのは「なんとなく」学習することです。
「何を、どのように、どんな順序で学習すべきなのか」。この学習戦略を明確にしなければ確実な合格を掴むことはできません。
また、「学習戦略を組み立てて学習をする場合」と「なんとなく学習をする場合」では、仮にやることが同じであったとしても、前者の方が目的意識を持って学習する分、学習効率は後者の何倍も高いものになります。
私は、「分かりやすさ」の追求とともに、短期合格を徹底的に意識した学習戦略をお伝えしています。
例えば、年内には、「制度趣旨」からの理解を徹底し、演習を通して過去問レベルの知識を使いこなせるようにすることで、そのために「過去問の結論をただ覚えるだけ」の学習から脱却し(「脱」過去問題丸暗記主義)、基準点到達レベルへ引き上げること。
また、年明け・直前期には、基準点からの上乗せ点を獲得するために、①ライバルと差を付けやすい「手薄になりがちな細かめの分野(Bランク分野)」、②午後択一式の上乗せ点の得点源となり得る「登記法」、この2つを集中的に攻略することで、総合合格点突破レベルへ引き上げるなどです。
司法書士試験は、適切な学習戦略のもと、ひたむきな努力を継続すれば、確実に合格を掴むことができます。
「がむしゃらに,ひたむきに,効率よく」,
一緒に絶対合格に向けて頑張っていきましょう!

担当講座

●司法書士入門講座
●これでわかる!基礎完成講座シリーズ