司法書士という選択
―予備試験・司法試験からの転進―

予備試験・司法試験の学習経験が活かせる理由

重要科目が重複する

司法書士試験の11科目(全70問)の択一式試験問題のうち、憲法(3問)、民法(20問)、刑法(3問)、民事訴訟法(5問)、及び商法(9問)が、司法試験と共通します。司法試験合格に向けた学習経験のある方であれば、憲法、民法及び刑法について、十分なアドバンテージがありますから、特別な試験対策は必要ありません。
民事訴訟法については、簡易裁判所の訴訟手続、少額訴訟及び督促手続などの略式訴訟手続の他、特別な試験対策は必要ありません
商法については、司法書士試験では、会社法、商法総則及び商行為が出題されます。手形法及び小切手法は出題されません
会社法については、司法書士試験では細かい事項も問われること、商業登記法を理解する上で基礎となる法律であることなどから、新たな試験対策が必要です。しかし、司法試験で学習してきた会社法の知識を土台として学習していくので、比較的短期間で対応することが可能です。
 
以上から、皆さんがこれまで司法試験の受験学習で培った知識・技能は、そのまま司法書士試験の受験に大きく活かすことができます。

今までの学習経験を活かし司法書士試験に合格

金子 義勝さん

私は、大学を卒業後、民間企業にて技術系の会社員として働いておりましたが、司法試験に挑戦したいと考え、退職し、法科大学院へ進学しました。しかし、力及ばず司法試験には合格することができませんでした。その後、法律の専門家になることを一度は諦めかけ、再び技術系の会社員として働きはじめましたが、やはり法律に携わる仕事がしたいと考え、特別な受験資格がなくても受験可能な司法書士を目指す決意をしました。

関根 康彦さん

2010年に法科大学院を修了し、3回司法試験を受験しましたが夢かなわず三振という結果になりました。しかし、「法律家になりたい」という夢を諦めきれず、司法書士試験というチャレンジを再びはじめました。
伊藤塾を選んだ理由は、司法試験の受験勉強で伊藤塾の講座を受講しており、大変わかりやすい講義でしたので、司法書士試験の受験勉強でも伊藤塾の講座を受講することに決めました。

田中 文恵さん

大学卒業後に司法試験を数回受験しましたが、力及ばず、断念。その後、就職したものの、モヤモヤした気持ちを抱えたまま11年が経過。やはり、専門的なことを身につけて、やりがいのある仕事をしたいと思い、退職し、司法書士を目指すことにしました。

司法試験から司法書士へ~法律家になる夢をかなえる~
伊藤塾司法書士試験科noteで合格者の声を掲載中!

司法書士試験を攻略しよう

ポイント1.登記法の攻略

●280点満点の約半分の142点が不動産登記法、商業登記法(択一式・記述式)。登記法の攻略が鍵になる。
●登記法の中で特に総論部分のイメージがしにくく、独学での理解はなかなか厳しい。
●司法書士試験においては不動産登記法は民法と、商業登記法は商法と密接に関連している。関連した両科目は、同一の教材、講師で受講することで効率が上がる。
⇒関連項目の学習で理解度アップ
 

ポイント2.記述式の攻略

●記述式の基準点を突破するためには、上位者(択一式の基準点を突破した人の半分)の内に入らければならない。
●多くの合格者に支持されている山村拓也講師の記述式答案構成力メソッドを早い段階より学ぶことで、記述式が得意科目となる。
●ある程度予想される分野の絞込みが必要。伊藤塾の記述式対策で予想される出題範囲は網羅できる。
⇒答案構成力メソッドで「記述式対策」も万全!
 

ポイント3.合格点の存在

●まずは基準点(択一式午前、択一式午後、記述式)を突破する。そのためには苦手科目を作らない学習が必要。
●合格点にはそれぞれの基準点を足したものに15~18点(択一式 5問~6問分)の上積み点が必要。択一式で上積み点を取るか、記述式で取るかの戦略をたてることが重要。
●民法においては17問以上(20問中)の正解が必要となる。司法書士試験特有の頻出分野(物権の比重が高い。例えば根抵当権など。他にも親族・相続も細かい箇所の出題がある)の対策も必要。

 

司法試験・予備試験 受験生のための司法書士試験対策講座

2022年合格目標
司法試験・予備試験受験生パック

POINT.今までの学習経験を活かし、新たに学習が必要となる科目に絞って受講することができる!

コース名 受講形態 一般受講料 2021年司法試験受験生
特別割引受講料《9/30まで30%OFF》
2022年合格目標
司法試験・予備試験受験生パック
Web(通信) 222,000円 155,400円

2022年合格目標
司法書士入門講座 本科生 一括配信コース

POINT.お申込後に全科目を一気に受講することができます。全科目を網羅しているので、既学習科目における司法書士試験特有の分野の学習もしっかり行うことができるコースです。

コース名 受講形態 一般受講料 2021年司法試験受験生
特別割引受講料《9/30まで30%OFF》
2022年合格目標
司法書士入門講座 本科生 一括配信コース
Web(通信) 476,000円 333,200円