司法試験(司法試験予備試験/法科大学院)

{"koza_id":"22A11065"}

{"koza_id":"22A11065","pageName":"120点台から伸ばす予備試験短答対策講座"}

担当講師

{"koza_id":"22A11065"}


開催場所

{"koza_id":"20A34012"}


▼「120点台から伸ばす予備試験短答対策講座」を含むおすすめ各答練パック キャンペーン中!

講座情報メニュー


日程

LinkIcon Web受講日程はこちら  配信期限:2023/7/31

2022年4月~7月予定

講座内容

点数の伸び悩みから脱却し、確実に短答を突破したいあなたに!

知識のインプットは一通り完了し,短答式試験の過去問はしっかり解いているはずなのに、受験生平均点付近(一般教養科目の点数を含む)で点数が伸び悩んでいる方へ、そこから脱するための学習方法を確立するきっかけを提供する講座です。

本講座では、短答で繰り返し出題されている重要テーマを扱った問題を厳選して扱いますが、さらにはいわゆる「現場思考」の問題、しかも「論文式試験で用いるような基本的な考え方」で差がつく問題も扱いますので、論文対策にも大変有益です。短答プロパーの知識も重要なものはしっかりと扱います。

本講座で、考えて解ける問題を増やし、論文学習とも相乗効果を生む効果的学習法を確立しましょう。

\こんな方におすすめ!/
短答の点数が伸び悩んでいる方
一通り知識のインプットは終えている方
短答の解き方や出題ポイントがわからない方
短答の勉強を論文に活用する方法がわからない方


カリキュラム

【科目/回数】 全46時間
憲法・行政法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法 各6時間
民法 10時間

【担当講師】 秋島 成宏 講師


使用教材

  • 伊藤塾オリジナル問題・解説(秋島講師セレクト・類題リストつき) *受講料に含まれます。

(Web(通信)受講 教材発送:あり テキストデータ掲載:あり)

▽教材サンプル
1
短答式試験で繰り返し問われている重要テーマを扱った問題
2
問題を解くのに必要にして十分な知識・思考過程の記述
3
重要な法改正について、旧法との相違を明示

{"koza_id":"22A11065"}

このコースで受けられるサービス

{"koza_id":"22A11065"}