公務員試験 合格・内定者の声

~実績で選ぶなら、公務員も伊藤塾~
2019年度国家総合職【法律区分】合格・内定実績
※2019/8/30現在、内々定の確認をもって2019年の実績を掲載しています。

まずは、伊藤塾にご相談ください。

合格・内定の軌跡

2019年公務員試験
内定者の声

2019年公務員試験を受験され、見事内定が決定された伊藤塾塾生の皆様から、メッセージが続々届いています! 
司法試験入門講座出身編 2019年国家総合職試験 内定者の声はこちら

伊藤塾は「有料講座受講生のみ」を、内定者として紹介しています

用語:「これ完」学習効果の高い過去問を精査し収録した伊藤塾オリジナル過去問集「これで完成演習」の略称
「カウンセリング」予約制による講師・専門スタッフによる質問・相談制度です。

国家公務員総合職

内定先:外務省

K.Wさん 東京大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(教養区分)


伊藤塾の教養区分対策で良かったことはことはまず、 総合政策論文で答案を形式通りに書くことの重要性を学べたことです。本番では大変役に立ちました。またそれ以外では基礎能力対策で、過去問等のテキストが一通りそろっており、安心して対策をすることができました。日本と世界で、一人でも多くの方が幸せになってもらえるよう頑張っていきたいと思います。

内定先:中央省庁

M.Yさん 東京大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


大学3年生の秋からという遅いスタートでしたが、 伊藤塾の講義は、要点がまとまっていたので、基本書などを使わず、最短で実力をつけることができ、内定を勝ち取れたと思います。特に専門科目の行政法と民法の講義は、要点がまとまっており、本当に助かりました。

内定先:中央省庁

S.Sさん 上智大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


伊藤塾の法律の講義は内容がしっかりしていたため、多肢択一式、記述式いずれも得意になり、得点源にすることができました。 少人数のゼミにも参加し、きめ細やかな指導が受けられたのもプラスになりました。伊藤塾では講師と受講生の距離が近いです。何でも気軽に質問できたので、大きなつまずきもなく学習をすすめらました。

内定先:外務省

H.Tさん 東京大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(教養区分)


帰国子女ではないですが、幼少より外務官僚に憧れており、首尾一貫できて本当に良かったと思います。これから国益のために仕事をしていきます。教養区分で合格しましたが、 グループ討議や政策論文でも、論理構成の立て方からプレゼンテーションの方法まで、非常に細かく指導いただきました。ありがとうございます。

内定先:国土交通省

T.Yさん 慶應義塾大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


内定をもらいすごく嬉しいというのが率直な気持ちです。国土交通省は国民の生活に密接した省なので国民の目線に立って業務を行っていきたいです。
カウンセリングの中で官庁訪問にむけて、 志望動機の組み立て方や伝え方を基礎から教えてくださったことがとても助かりました。省庁の選択にあたっては、省庁を訪れて実際の雰囲気を知ることがとても大切です。自分のイメージと合う省庁をしっかりと選択できよかったです。

内定先:経済産業省

Hさん 京都大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


試験勉強・試験・官庁訪問と約1年にわたる長期戦でしたが、 最後まであきらめずに初志貫徹できたのは、省庁の方々、友人達や家族、そして伊藤塾のおかげです。官庁訪問では、「自分が実現したい社会はどのようなものであり、かつそれをどのようにして実現することができるのか」に関して、多くの職員の方のお話を伺うことで、自分の中で固めることができたと思います。最後の最後までどの役所に勤めるか悩みましたが、 講師の方に相談にのって頂いたおかげで悔いのない選択をすることができました。これからも日本社会を良くすることができる職員になれるよう、自分自身を更に向上させていきたいと思います。

内定先:財務省

Gさん 東京大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


官庁訪問で特に役立ったのは、講師カウンセリングでした。特に相澤講師のカウンセリングでは、政策に関して自分がどういうことをやっていくのかが明確になりました。今後はいろいろな経験を積んで成長していきたいです。

内定先:総務省

Mさん 私立大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(教養区分)


無事に内定をもらうことができほっとしています。官庁訪問は思っていたよりもいろいろな人と話すことができて楽しかったです。教養区分で合格できたため官庁訪問に向けての焦りもありませんでした。 教養区分2次試験に向けて行った伊藤塾の模擬面接では、本番さながらにつっこまれ、自分は対策ができていなかったことを実感させられました。本番前に気付くことができ良かったです。志望動機や興味関心事項は早いうちから考えておくことをオススメします。これからはいろんな人とコミュニケーションをとりながら、いろんなことを吸収し、教えを受けることを忘れずに勤めていきたいです。

内定先:厚生労働省

Tさん 大阪大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


人を助けるために法学部で学び、その集大成として、国家全体を見て人を助けられる立場に立つことができたことに感無量の気持ちです。 伊藤塾では、法学の基礎から実践まですべてを学ぶことができました。また、伊藤塾で出会った友人に教え、教えられたことが数多くあり、コミュニティの形成という点でも非常にありがたい存在でした。行政官として国家全体の行政に携わることになりますが、一人ひとりの事案を注意深く観察し、解決策を模索する法曹のマインドを忘れず、常に机上の空論になっていないかを謙虚に考え続ける社会人として生きていきます。

内定先:財務省

Y.Rさん 東京大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


伊藤塾の講義は 試験に特化しつつも、周辺の知識もしっかりと教えてくれるので、効率よい学習をすることができました。特に行政法担当講師のおかげで、記述対策が容易に理解できました。記述する際の道筋などもしっかり教えてくれるので、とてもわかりやすかったです。

内定先:国土交通省

T.Yさん 大阪大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


長年夢見てきた中央省庁に内定をもらうことができ、感慨深い思いです。この一年を振り返ってみると、思ったよりは大変だったなというのが正直な実感でした。
試験も官庁訪問も一人で抱え込むのは大変です。伊藤塾では、普段の講義も素晴らしいですが、それ以上に ゼミや官庁訪問対策で講師にサポートしていただいたことがたいへん大きかったです。ゼミで共に勉強した友人は、試験から官庁訪問に至るまで支え合った戦友になりました。
これから、この国が1ミリでも良くなるように一生懸命働いていきたいと思います。

内定先:国土交通省

Dさん 東京大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


官庁訪問の前に面接カードの添削やカウンセリングを利用しました。 添削は的確で、書き直しする箇所をしっかり教えてもらえました。またカウンセリングでは、志望動機の作成方法を教えてもらい、官庁訪問で大変役立ちました。

内定先:国土交通省

T.Mさん 中央大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


官庁訪問の際に気をつけていたことは、しっかりとした志望動機を伝えることです。伊藤塾の官庁訪問カウンセリングを受ける中で明確な志望動機が固まっていないと感じました。その気付きによって、実際の官庁訪問ではたとえ失敗したと思っても、最後まで頑張ることができ、おかげで内定を勝ち取れたと思います。

内定先:中央省庁

T.Aさん 東京大学 教養学部 4年
最終合格:国家総合職(教養区分)


伊藤塾の講座で最も良かったのは、人事院面接や官庁訪問をはじめとする面接対策がです。厳しく質問されたおかげで、本番では全く動じることなく面接を終えることが出来ました。また グループ討議では周囲のレベルが高いこともあり、有意義な対策をとることができました

内定先:中央省庁

Rさん 京都大学 文学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


第一志望のところから内定をいただくことができて、ほっとしています。官庁訪問では緊張状態が二週間続くので、やはり何よりも重要なのは体調管理と気持ちの切り替えであると感じました。 伊藤塾の内定者報告会などで事前に官庁訪問の様子をイメージできたので、ある程度気持ちに余裕をもって臨めたかなと思います。
それでも、「自分は本当は何がしたいのだろうか?」「ここに入ってやっていけるのか?」などと、思い悩む場面もありました。官庁訪問では、自分と対話するのはもちろんですが、家族とよく話し合ったり、ときには面接官の方に相談させていただいたりして、 自分の選択を最後にもう一度、深く考え直す機会を与えてもらったと感じます。何年経っても「この選択をして良かった」と言い切れるように、頑張っていきたいと思います。

内定先:中央省庁

S.Yさん 東京大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


論文の添削・Web講義・カウンセリング・模擬面接と、伊藤塾には一貫してお世話になりました。とくにテキストは内容は網羅されていて漏れがなく、読めばすべてわかるようになっていたため学習を進めやすかったです。また、民間企業の就職活動を行っていなかったため面接経験があまりなかったのですが、模擬面接で細かく指導していただいたおかげで面接に挑むことができました。
様々な意見を聞き社会をいい方向へ導いていけるよう頑張りたいです。

内定先:農林水産省

T.Sさん 名古屋大学 理学部 4年
最終合格:国家総合職(教養区分)


東京に拠点をおく受験指導校で本当に十分な情報・サービスを受けられるのだろうか、という不安もありましたが、振り返ってみるとそのような不安は全くの杞憂に終わりました。
官庁訪問に関する情報の提供はもちろん、 テレビ電話を通した政策討議演習、電話・テレビ通話による講師とのカウンセリング、スタッフからの迅速な連絡…など挙げればキリがないくらいに地方在住の私にとっても充実した官庁訪問対策がありました。
実際の官庁訪問においても講師に言われたことを活かして話したことが評価に繋がることもありました。また短いようで長く辛い官庁訪問も、中日となる土曜日に講師とのカウンセリングがあったからこそ乗り越えれられたのだと思います。

内定先:総務省(地方自治)

Kさん 東京大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


伊藤塾の講座で最も良かった講義は、専門記述対策でした。 論文の書き方が体系だっていたため、答案の作成力がしっかり身につきました。また、面接対策も良かったです。模擬面接を数回受けましたが、とても厳しく質問されたおかげで、本番の面接試験が楽に思えました。

内定先:文部科学省

S.Sさん 国公立大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


内定をもらうまでは安心出来ませんでしたが、今は積み重ねて来たことが実って本当に良かったと思っています。試験の中でも官庁訪問対策が未知の部分が多かったので、 伊藤塾の面接対策、面接カード対策を自分自身満足するまで利用させて頂きました。そのおかげで実際の官庁訪問では慌てることなく対応出来たことが、今回内定を勝ち取れた要因です。

内定先:中央省庁

F.Nさん 中央大学 法学部 4年
最終合格:国家総合職(法律区分)


当初司法試験の学習をしていたため、 大学3年生の9月に参加した業務説明会がきっかけで国家総合職を視野に入れ始め、本腰を入れて勉強を始めたのは12月からでした。1次試験は法律科目は司法試験で勉強していたこともありカバーすることができましたが、2次試験から官庁訪問にかけては伊藤塾のカウンセリングを利用しながらの対策になりました。 官庁訪問中も講師に相談ができるようになっていたことは、とても心強かったです。合間の土日で講師に直接お会いして相談したことで、心が生き返りました。

内定先:出入国在留管理庁

Nさん 私立大学 卒業
最終合格:国家総合職(院卒・行政区分)


1次試験の法律科目や2次試験の専門試験(記述式)については、伊藤塾の司法試験入門講座やその他伊藤塾司法試験対策講座の学習で充分合格できる内容のものでした。
私が もっともありがたいと感じたものは人物試験における模擬面接や討議試験対策でした。模擬面接はかなり圧迫気味に行っていただき本番がむしろ楽に感じましたし、集団討論は理屈を立てるだけでなく、相手の話を聞きながら討議の流れを進めたり戻したりする難しさを体験できました。
出入国在留管理庁の仕事はこれから大きくまた増えていくと思います。現実に見合った政策を立てるため現場を常に押さえ、どんな方にどんな支援が必要か見失わないように仕事をしていきたいと思います。

地方公務員

予定進路先:大阪市役所

Sさん 大阪大学 工学部 4年


最終合格の要因は、伊藤塾のあらゆるサポートのおかげだと強く実感しています。
公務員試験の受験を志したのは昨年の夏頃です。伊藤塾を選んだ理由は法律系に強いということを聞いていたからです。法律の勉強を一切したことがない状態から始めたのですが、講義がとてもわかりやすく短期間でしっかりと身につけることができました。
また、ゼミに参加することで、集団討論の練習を繰り返し行うことができたことも良かったです。集団討論の形式に慣れるということだけでなく、現在、自治体が抱える問題について考える機会を得たおかげで、行政の仕事に対する理解を深めることができ、面接にも活かすことができたと思います。
合格・内定の秘訣は伊藤塾を上手に活用し、常に自分の現状を把握し続けることだと思います。

予定進路先:神戸市役所

N.Nさん 大阪大学 法学部 4年


公務員試験では就活における要領の良さだけでなく、自分を支えるために独自の強みを持つことが不可欠だったと改めて思います。
ゼミに参加することで、短答試験や論文試験など、むやみに数をこなすのではなく大事なポイントを押さえて、効率的にメリハリをもって勉強することができました。また教室やモニターを通しての面接練習や、面接カードの添削を何度も指導して下さり、自信をもって本番に臨むことができました。
司法試験入門講座では憲法や民法、行政法などを学んでいたので、それらの知識は公務員試験で出題される法律科目の問題でそのまま役に立ちました。

予定進路先:市役所

Sさん 早稲田大学 法学部 4年


講義を受講することで問題が解けるようになりました。忙しい時にはWebのスピード再生が良かったです。ゼミの受講が講師と話しをするきっかけとなり、その後、カウンセリングを利用するようになりました。面接カードの添削等も行っていただき、良かったです。

予定進路先:京都市役所

S.Rさん 同志社大学 法学部 4年


地方上級試験は面接に重きを置いている印象があったので、伊藤塾でのカウンセリングや模擬面接が非常に役に立ちました。今現時点で自信がない受験生でもこれからの頑張り次第で十分戦えるので、めげずに頑張ってほしいです。

予定進路先:沖縄県庁

O.Mさん 一橋大学 社会学部 卒業


伊藤塾の面接対策は本番をリアルに想定して行うので、実際沖縄県庁での面接の際には落ち着いて考えながら自分の考えを相手に伝えることができました。その結果、高順位での内定を獲ることが出来ました。

予定進路先:大阪府庁

W.Nさん 大阪大学 法学部 4年


伊藤塾を選んでよかった点は、忙しい大学生活を送っていた私でも、Web講義とゼミによって効率的に学習できたこと、論文・面接対策のフォローがしっかりしており、面接の最盛期の7月でも、模擬面接や面接カード添削を一つひとつ丁寧にしてくださったこと、また総じて受講生のレベルが高く、優秀な学生の皆さんと一緒に勉強できたことがモチベーションアップに繋がったことです。

予定進路先:京都市役所

M.Kさん 同志社大学 法学部 4年


伊藤塾の面接対策では、公務員面接に向けて何をすべきか、丁寧かつ簡潔にまとめられており、大変参考になりました。
公務員就活は民間就活とは違って長いスパンで走り続けることになります。しかしそれを乗り越えた先には、民間企業とは圧倒的に色合いの違う、やりがい感じる仕事に就けると思います。是非頑張ってみてください!

予定進路先:岐阜県庁

N.Mさん 慶應義塾大学 商学部 卒業


プレ模擬面接では、面接の方向性について自分が勘違いしていたところを指摘していただくなど、対策について道筋を示してくださったお陰で最終的に内定に至りました。ありがとうございます。

予定進路先:県庁

N.Hさん 私立大学 法学部 4年


大学の友人に伊藤塾を選んでいる人が多く、話を聞くと評判が良かったことが、伊藤塾を選んだ理由です。受講料も他の受験指導校と比べて安いと感じました。月に2回くらいのペースでのゼミを受講し、教養論文を書いたり、グループワークをしたりすることで、二次試験や最終試験の対策をしっかりとすることができました。

予定進路先:岡山県庁

M.Yさん 同志社大学 法学部 4年


伊藤塾での勉強は、過去問をベースにした問題集を繰り返し解く形になるので無駄なく勉強することができます。ゼミでは、本番同様の緊張感で論文や集団討論の練習ができとても役に立ちます。合格するにあたっては、伊藤塾の講師やスタッフが全力でサポートしてくださるので、自分も全力で頑張れば結果はついてくると思います。

予定進路先:東京都庁

S.Aさん 私立大学 4年


大学の授業時間の関係でWeb受講を選択したのですが、伊藤塾にはWeb受講生も利用できる小教室や寺子屋、ゼミといった対面式の講義も多く用意されていたのは大きなメリットでした。この対面式の講義で他の受験生と同じ空間にいる時間をつくることができ、緊張感を保つことに役立ちました。

国家公務員一般職

予定進路先:国家一般職

T.Kさん 早稲田大学 4年


選んだ理由は受講料の安さでしたが、司法試験の専門である伊藤塾、法律系科目の学習は万全でした。民間の就職活動などをせずに公務員試験一本でしたので、模擬面接等で面接の応え方などを教えていただいたことが有益でした。

予定進路先:国家一般職

K.Mさん 駒沢大学 法学部 卒業


何度も面接の練習をさせていただいて、本当にお世話になりました。面接は何度も行ううちに、だんだんと自分がどう見られているかを客観視できるようになったように思えました。

予定進路先:国家一般職

K.Tさん 広島大学 法学部 4年


司法試験入門講座で予備試験対策の勉強しかしてこなかったのですが、その内容で裁判所と国家一般職の受験は十分でした。面接対策のフォローも役に立ちました。

予定進路先:国家一般職

Y.Mさん 名古屋大学 法学部 4年


通学受講ではなかったのですが、その分、電話で色々な情報を得ることができて、都度都度相談にも乗っていただけたのが良かったです。

予定進路先:国家一般職(近畿地方整備局)

S.Aさん 国立大学 社会学部 4年


元々司法試験入門講座を受講していましたが、勉強が上手くいかず、他の進路を考えていた二回生くらいの時に公務員ゼミに参加したのがきっかけです。そこで講師のお話を聞き、社会問題に取り組んでいくことのできる公務員に魅力を感じ、公務員試験を受験することに決めました。ゼミで自分の学習状況の確認をできること、様々な社会問題について討論することで自分の意見を持つことができました。

予定進路先:国家一般職

S.Tさん 京都大学 法学部 4年


伊藤塾では公務員試験のみならず、その先の官庁訪問対策も行ってくれたため、それが生きたと思います。本当にありがとうございました。

予定進路先:国家一般職・特許庁

T.Kさん 明治大学 法学部 4年


民間企業という選択肢もある中、私は、身の回りの生活を支え、動かしている、法律や制度といった基盤そのものを作ったり動かしていくことのできる公務員、中でも国家公務員として、より大きなスケールの下で働きたいと考えました。公務員試験の対策をしていくにあたり、私は「受講生へのサポートがより手厚い、受講生との距離感がより近い」伊藤塾という受験指導校を選びました。他の予備校の話を聞いていると、授業はわかりやすくても、その他の面でのサポートが薄い、ということを度々聞きました。そこで、私は「講師陣や職員の方によるサポートが手厚い」とすすめられた伊藤塾を選びました。そして、進路が決まった今振り返ってみても、そのイメージに裏切られることはなく、伊藤塾を選んで正解だと思っています。

そのほかの公務員試験

予定進路先:裁判所一般職

K.Tさん 大阪大学 法学部 4年


裁判所の試験は専門科目が難しいと聞いており、法律に強いイメージのあった伊藤塾を選びました。Web講義なので自分のペースで勉強ができる点が良かったです。サークルや授業の隙間時間を使って効率的に受講をすることができました。ゼミにも参加していたので、早い段階からディスカッションや論文対策を進めることができ、また、レベルの高い受講生と定期的に会うことができたことが、モチベーションの維持にもつながりました。
合格・内定の秘訣は地道な努力を継続すること。問題集を何度も繰り返し解いて一問でも多く自分の知識にしたり、志望先の官庁・自治体などについてしっかりと調べて志望動機を固めるなど、受験生の誰もがやっていることをより丁寧・確実に行っていくことが大事だと思います。

予定進路先:国税専門官・大阪国税局

H.Tさん 同志社大学 法学部 卒業


法律科目の勉強が大変役に立ちました。わかりやすく教えてもらえ、分からないところもすぐに質問することができるなど、勉強できる環境は大変整っていました。勉強だけでなく面接対策も充実していたのも、大変良かったです。