伊藤塾が選ばれる理由 -公務員試験-

各省庁・行政機関へ内定者を多数輩出!

公務員試験は就職試験。であるなら、本当に意味を持つのは内定実績です。
伊藤塾には、最終合格はもとより、内定獲得の実績を誇ります。国家総合職試験最終合格者の うち、内定者55 名※1 が伊藤塾生でした! また、国家総合職のうち法律区分に限れば、実に 5 人に 1人が伊藤塾出身※2 でした。

 

配点比率が高い法律科目に強い!

公務員試験においては、法律科目の攻略が合否を分けうることにお気づきでしょうか。特に国家総合職試験では総配点の15分の8が法律科目を占めます。そのうえ昨今、司法試験学習経験者の受験も増えており、試験も難化傾向にあります。もちろん地方上級・国家一般職試験でも、法律科目の重要性は変わりません。
法律学習においては基礎知識はもちろんのこと、記述式試験で要求される思考力や表現力を鍛えることも必須です。 伊藤塾は、司法試験をはじめとした法律資格の指導実績・合格実績が圧倒的に豊富。短期間で効率的に、実務でも通用する法律の基礎を身につけるためのノウハウがあります。

ムダがない対策で併願にも幅広く対応できる!

公務員試験は資格試験ではなく、あくまで就職試験です。そのため例年、合格者の多くが複数の試験種を併願受験しています。併願受験では、多くの試験科目を出題ポイントを外すことなく、かつ 効率的に学習する必要があります。
伊藤塾では、考え方の基礎をしっかり学ぶことで問題対応力を強化。重複する分野はコンパクトに、併願することを前提に学習を進めていくことが可能です。また、面接への不安を取り除けるよう、面接対策講義のほか、 面接カードの随時添削、繰り返し受けられる模擬面接なども、試験種ごとに実施しています。

 

一人ひとりにカスタマイズされた論文添削&面接指導

最終合格のためには、科目学習と並行して、論文と面接についても万全の対策を講じておく必要があります。
論文式試験は、答案添削を通して問題解析能力を育成。出題のフレームを理解している講師が添削するため,出題者の意図を外さない,合格答案に近づけます。単に欠点を指摘するだけでなく優れた点や伸ばすべき点にも触れる丁寧な指導を行なっています。
また面接対策では、合格水準に達するまで繰り返し受けられる指導(面接カード添削および模擬面接)を通じて、面接の理論やセオリーを会得できることに加え、動機の再分析や深い自己分析を図ります。
受講生一人ひとりに合わせた個別指導。伊藤塾が塾たる所以です。

WEB で「いつでも どこでも 何度でも」学べる!

校舎へ通う必要のないWEB(通信)受講は、「いつでも」「どこでも」「何度でも」利用が可能。通学時間ゼロで、良質な講義を受講できます。ライフスタイルを変えることなく、自分の都合で進めることができるので、学校や仕事との両立を考えている方に最適です。
不安や悩みは、担当講師・専任スタッフに打ち明けてください。どんな悩みでもとことん向き合い、懇切に速やかに、解決へと導きます。
ほかにもインターネットを介した質問受けや添削指導など、フレキシブルで親身なフォローは受講形態を問わず利用でき、インターネット受講の方でも煩わしさを感じることなく、無理のない学習を続けることができます。

 

※1 2016 年の実績。伊藤塾有料講座受講生。会計検査院、外務省、経済産業省、警察庁、公安調査庁、厚生労働省、国税庁、国土交通省、財務省、人事院、総務省、内閣府、法務省、防衛省、文部科学省の内定者(内定辞退含む)の合計。
※2 2016 年の実績。伊藤塾有料講座受講生。総合職法律区分内定予定人数約 200 名のうち、伊藤塾の内定者43名。