学生時代にあきらめた司法書士という夢を再開し
1回で合格!入門講座で学んだ知識はやはり本物だった

H.Hさん(30代)

◆受験回数 1回
◆主な受講講座
入門講座》入門講座本科生
直前対策講座》プレ模試、全国公開模擬試験

私はこうして司法書士を目指す決意をしました

大学では法学部に在籍しており、登記という制度に興味を持ったことがきっかけで司法書士になりたいと思うようになりました。大学在学時に資格取得は叶わず、働きながら資格取得を目指すことにしましたが、働きはじめると毎日が忙しく、全く勉強しないまま数年が過ぎました。しかし、司法書士として社会に貢献したいという思いが改めて強くなったため、昨年退職し、この一年は専業で勉強しました。
大学の授業の補助教材として伊藤塾のテキストを使用しておりましたが、とてもわかりやすく、また友人からのすすめもあり、大学在学時に伊藤塾の「入門講座」を受講させていただきました。

伊藤塾を活用した学習の方法

伊藤塾の講師は、皆さん情熱的で温かい講義をしてくださるイメージがあります。その当時は私の努力不足で一度諦めることになってしまったのですが、受講生のモチベーションを上げてくれる講義のおかげで、一年以上にわたる講座を最後まで受講することができたと思っています。
昨年、勉強を再開した際は、受験指導校の講座は受講せず独学で勉強しました。専業・独学で勉強することは不安もありましたが、大学在学時に「入門講座」で培った基礎があったので今回合格することができたと思っています。今年は講座の受講はせず、模試のみ受験指導校を使いましたが、伊藤塾の模試は本当に受けて良かったです。合格した先輩方から、模試は二社以上受けた方がよいということを聞いていたので、今年は伊藤塾を含め二社の模試を受講しましたが、伊藤塾の模試は一番本試験に近い内容だったという実感があります。また、解説冊子もとても役に立ちました。適度に図表があるため、わかりやすく、直前期に頭の中を整理するのに最適でした。

不安や疑問の解消とモチベーションアップ

大学在学時に合格することができず、卒業後に働きながら勉強しようと思っていましたがそれもなかなか難しく、五年前に一度司法書士試験を諦めました。将来の道は司法書士ひとつではないと何度も思いましたし、諦めた後の五年間に結婚や引っ越しなどもあり、自分の将来について改めて何度も考えました。しかし、心の奥ではずっとこの試験のことが引っかかっていました。
合格した今は、昨年勉強を再開することにして本当によかったと思っています。この試験勉強は中途半端な気持ちでは続けることができないですが、合格したときは全てが報われたような気持ちになりました。

自身の受験経験を踏まえた成功例・失敗例

私は一年専業主婦でしたので、日々の家事を除くと、毎日たくさんの時間を確保することができました。しかし、専業受験生は兼業受験生と比べると時間に困ることはないかもしれないですが、プレッシャーはとても大きいと思います。私も特に直前期は辛い時期が多かったです。そんな時は休んだり、自分の好きな本を読んだり、運動をしたり、好きなものを食べたりするようにしていました。

現在学習中、またこれから学習を始める方へのメッセージ

私は一度勉強を諦めましたが、心の中のどこかでは司法書士として社会に貢献したいという思いがありました。この試験は一発で合格する方もいますし、10年かけて勉強されて合格する方もいます。しかし、勉強をはじめたにもかかわらず、途中で諦めてしまう方が一番多いと思います。私もその一人でした。司法書士以外にもたくさんの道があるので、自分に合った選択をすることも大事なことだと思います。しかし、私のように一度諦めたにもかかわらず、何年も心のどこかにこの試験が引っかかっている方。ぜひもう一度この試験勉強をはじめてみてください。一度諦めた司法書士試験の勉強をもう一度再開することに決めた時は、最初に司法書士試験を目指すことに決めた時の何倍もこの試験に対する思いがあると思います。きっと、司法書士試験に合格し、司法書士として社会に貢献することができると思います。