受験に費やした時間は決して無駄な時間ではなかった!
高城講師の「諦めるな、継続が大事だ」を最後まで忘れず合格へ

H.Hさん(30代)

◆受験回数 6回
◆主な受講講座
入門講座》入門講座本科生(高城クラス)
直前対策講座》全国公開模擬試験

伊藤塾を活用した学習方法

私は、6年目で合格しました。
初年度は、右も左も前後もわからないまま高城クラスで1年間受講をして臨んだのを覚えています。高城真之介講師を選んだのは、無料体験講義での第一印象でした。
私が司法書士の具体的な仕事内容を知ったのは、勉強をはじめて数ヶ月後。これほど無知な状態でしたし、さらに法学部出身者でもなく、まともに勉強をしたことがない私にとっては、今思うと高すぎる壁でした。他の資格は一切勉強したこともなく、当然何も持っていない私は、一年では勉強方法も確立せず、進んでいるという自覚を得ることもできないという状態でした。こんな私が長期受験になっても諦めずに続けることができたのは、初年度の高城講師の「諦めるな、継続が大事だ」という教えがあったからだと思います。司法書士試験は、初年度にそんな状態でも継続して勉強していれば合格者のレベルになることはできる試験だと思います。
仕事をしながら勉強していた私は、2年目以降は伊藤塾の過去問集や必出シリーズを集め、忘れないような長期的な記憶にしていくことを心がけ、その結果、基本は少しずつ確実に積み重ねることができました。
2年目以降は、いわゆる通学や、インターネットでの講義を視聴することもなく、いわゆる独学でした。しかし、今年になって思うのは、独学でも常にだれかのお世話になっていたということです。問題集は制作者の意図が詰まっていますし、制作スタッフや、仕事仲間の何気ない一言の応援、もっと言うと六法を編成してくれた方、印刷してくれた方、勉強机を運送してくれた方、いろんな方がいたからこそ私はこの場で勉強させて貰えている。6年目にしてそんなことを自覚し、感謝することができ、ここまでやっていただいたのだから合格しないわけにはいかないと感じました。このころには、『独学』とは言えないようになっていました。
少しずつ勉強方法も理解し、勉強させて貰えていることへの責任を自覚できるようになり、資格試験の実力という意味でも今年は合格レベルに自分がいることをはっきり自覚して、今年で最後にすると決めて臨むことができました。試験前の様々なアンケートや調査に於いても、今年は合格すると言い切って書いていました。そして、高城講師への合格の報告を間に合わせることができ、とても幸せです。
 
勉強に費やした6年間で、合格という結果以上のものを得ることができたと思います。
高城講師をはじめとして、伊藤塾スタッフ、その他関わっていただいた全ての人に感謝しています。