模試の解説講義。
特に記述の解説講義が忙しい私の時間の節約になりました

山口 冬馬さん(20代)

◆受験回数  2回
◆主な受講講座
直前対策講座》プレ模試、全国公開模擬試験

私はこうして司法書士を目指す決意をしました

私は法学部に所属していたので法律を学んだという証拠が欲しくて司法書士試験を目指しました。最初は行政書士試験の勉強をしていましたが、その勉強をしていく中で法律を勉強することの楽しさややりがいに気づき、もっと法律の勉強がしたいと思い挑戦しました。

伊藤塾を活用した学習方法

伊藤塾の「公開模擬試験」は本試験の時間配分の練習や自分の知識で本試験のどこまで対応でき、苦手な分野を見つけ、それを改善するために受講しました。
合格に役立ったと感じるのは解説動画です。択一の解説動画もわかりやすかったのですが、私が特に役立ったのが記述問題の解説動画でした。とてもわかりやすく要点がまとめられており良かったです。わからなかったところやもう少し詳しく知りたいけれどテキストや問題集に戻っていると時間がもったいないようなそこまで重要ではない論点も解説してくれており、とても助かりました。
解説冊子も充実しており自分が苦手な論点やまだ覚えきれていない個所などを見つけることができ、テキストや問題集の学習に役立ちました。
公開模擬試験は1回の問題につき3回解くことを心がけ、毎回時間を計り時間内に終わらせるようにしていました。最初は時間に間に合わないこともありましたが、やり方を変えて何とか間に合うようにしていました。3回繰り返す度に毎回解説冊子の見方を変え、1回目はすべての問題の解説に目を通していました。これはたとえ自分の答えが正しかったとしても理由が間違っていたのでは意味がないと思ったので、理由まで正しいか確認するためです。2回目は自分がわからなかった問題やもう一度見ておきたい問題を確認するようにしていました。3回目は2回目と同じようにやりました。3回目でも間違えてしまった問題はテキストや問題集にもう一度戻り理解できるようにし、苦手な分野をなくすようにしていました。
伊藤塾の解説動画は本当にわかりやすく論点もまとめられているのでとても学習に役立つと思います。解説冊子だけでは理解できない部分まで動画でカバーしていて、さらに短く論点がまとめられていてとても学習に役立つのではないかと思います。

不安や疑問の解消とモチベーションアップ

学習をしていると合格できなかったらどうしようという不安が一番強くありました。空き時間のほぼ全てを試験勉強に費やしていたので、もし合格できなかったらこれまでやってきたことが無駄になってしまうような気がして不安で仕方ありませんでした。
また、難しい法律用語も多かったり、何度テキストを読んでも理解できないようなこともたくさんあり、さらにそれを理解できたとしても学習範囲が広いので、もう一度理解したはずの問題を解いても解けなかったりと何度も諦めたくなりました。
しかし、もしここでやめてし まったらこれまでの努力が無駄になるような気がして、やめたくても怖くてやめることができなかったというのが本心です。やめる勇気もないからやるしかないという気持ちで勉強しているときもありました。
しかし、今では勉強をやめなくてよかったと思っています。それは合格できたからだけではなく、自分自身この経験が自信につながったと感じるからです。

伊藤塾の各講師についての感想・各講師へのメッセージ

解説動画は択一式では本試験でとるべき点数の目安を示してくれて、自分が本試験合格レベルにどれくらい足りないのか、ここから何を学習していけばいいのかがわかりました。
記述式では問題をどう解いていけば効率的なのか、どこから取り組むのが正しいのか、本試験と比べた今回の模擬試験の難易度などを示してくれて助かりました。
伊藤塾の講師の皆様の解説は本当にわかりやすく、ただわかりやすいだけでなく論点が短くまとめられており、動画自体は短いのに、動画の時間以上のことを学べるという不思議な感じすらしました。

自身の受験経験を踏まえた、成功例、失敗談など

私は最初、過去問を解く際にとにかく早く解き、それを何周も繰り返すという方法をとっていました。解説をざっと見てわからなかったら、その部分は考えずまた2周目でやるというものです。
しかしこれは失敗だったと思います。たしかに解答自体は覚えられるのですが、一番大事な「なぜその解答になるのか」という理由がわからないということになってしまったからです。
そこでやり方を変え、わからない問題についてはわかるまでテキストや問題集、講義などに戻り、問題を理解してから次の問題に行くようにしました。最初は時間がかかるのですが、慣れてくると早く解けてきて、さらに理由もわかるように なるのでやり方を変えてみてよかったと思いました。

現在学習中、またこれから学習を始める方へのメッセージ

私は司法書士試験に挑戦してみてよかったと思います。
受験期はとても辛かったですがそれ以上にこれまで勉強したことにより自分の成長を実感でき、自信が生まれたと感じるからです。
大学の勉強や就職活動と司法書士試験の勉強を両立させることは本当に大変だと思います。諦めそうになる時もあると思います。
しかし、努力で合格できない試験ではありません。実際私ももともと勉強が嫌いでしたが、努力でなんとか合格することができました。
皆さんが合格できることを心から祈っています。
最後まで諦めずに頑張ってください。