司法試験(司法試験予備試験/法科大学院)

トップ > 資格・試験一覧 > 司法試験 ( 司法試験予備試験 / 法科大学院 ) > 対策講座案内 > 2020年合格目標 演習書で学ぶ司法試験合格答案

{"koza_id":"19A23021"}

{"koza_id":"19A23021","pageName":"2020年合格目標 演習書で学ぶ司法試験合格答案"}

    民法・民事訴訟法以外:2016年3月~2017年2月  民事訴訟法:2018年8~9月 民法:2019年8月 [特別編]伝聞法則:2019年10月

担当講師

{"koza_id":"18A23021"}


開催場所

{"koza_id":"18A23021"}


◆受験生定番書籍で重要分野をスピードインプット!
『基本書/百選で学ぶ重要分野完成講義』 とのセットがお得♪
 *『基本書/百選で学ぶ重要分野完成講義』詳細はこちら


日程

全科目 今すぐ受講できます <配信終了日 X05クラス 2021/5/31>
教材発送:なし(民法のみ、伊藤塾オリジナル教材「問題研究 民法」を申込手続完了1週間程度で発送)

講座内容

 
短時間で科目の全範囲の頻出分野を実践レベルへ仕上げる。
苦手分野の克服、過去問にない重要テーマ修得にも最適。


受験生に人気のある演習書。上手く使えている方は、そう多くはないのではないでしょうか。
本講座は、演習書を使って、より効率的な試験対策の方法を伝える講座です。
掲載問題を体系および科目特性を踏まえ分類し直し、学習の便宜を図ります。分類によりそれぞれの問題から学ぶべき事項が明確になり、目的意識をもった学習が可能になります。
本試験と同水準の良質な演習問題を題材に、「事案分析・論点抽出→規範定立→あてはめ(事実摘示・評価)→結論」という、本試験で必要な答案作成力を総合的に高めていきながら、普段の自学自習にも役立つよう、合格のために必要な学習の方向性や深さをお伝えします。
司法試験に合格する人はどのように演習書を使い、合格していくのか。本講座を受講することで、そのノウハウがあなたのものになります。    

           
POINT1 
1科目1冊の演習書で、本試験対策に直結する総合的なインプット・アウトプットの仕方が同時に学べる       
POINT2 
解説は通説・判例ベース。テーマごとに知識を体系化し、答案化した形で仕上げていくので、無理なく実践的な論文対策ができる       
POINT3 
自力で演習書を読むだけでは把握しづらい「事案のポイント」「論述のポイント」を指摘。手元の演習書が、効率的な繰り返し学習の素材へと進化。         
POINT4 
中~長文事例問題について、豊富な演習量を確保。     
司法試験型の問題の効果的なトレーニング   
POINT5
過去の理解(「 司法試験論文過去問マスター」)、本試験問題と合格答案分析(「 司法試験合格答案徹底分析講義」)を確実なものにするための足がかりとして有益。  

【時間】 
憲法18時間+1、行政法18時間、民法21時間、会社法18時間、民事訴訟法18時間+1、刑法18時間、刑事訴訟法15時間
【担当】 秋島 成宏 講師 
【使用教材】  *各自でご用意ください。
憲法      
「事例研究 憲法 [第2版]」 (日本評論社)
行政法     
「事例研究 行政法 [第3版]」 (日本評論社)
会社法     
「ロースクール演習 会社法 [第4版]」 (法学書院)
民事訴訟法  
「ロースクール演習 民事訴訟法 [第2版]」 (法学書院)
刑法      
「刑法事例演習教材 [第2版]」(有斐閣) 
刑事訴訟法  
「ロースクール演習 刑事訴訟法 [第2版]」(法学書院)
民法    
「事例で学ぶ民法演習」(成文堂) ※
+民法については、伊藤塾オリジナル教材「問題研究 民法」を発送、受講料に含まれます。

 -------------------------------------------------------
 ※使用教材:「事例で学ぶ民法演習」(成文堂)については、
 2019年9月末現在、各書店等でも在庫希少となっているようです。
 「演習本で学ぶ司法試験合格答案 民法」(秋島成宏講師)のご購入検討中の方で、
 お手元に同書籍がない場合は、まず入手できるかを各自ご確認ください。
 -------------------------------------------------------

  

NEW [特別編]伝聞法則

重要論点でありながら、多くの受験生が苦手としている「伝聞法則」について、演習書の具体的な事例を用いながら、わかりやすく解説していきます。
また、テキストの第5章「司法試験過去問編」には、司法試験で出題された「伝聞法則」部分の解答例が掲載されていますが、それとは別に、講師が作成した論述例を用意し、より実践的な司法試験対策を行います。
本テキストと講義を理解すれば、司法試験の「伝聞法則」についての対策は万全です。
 【時間】8時間
 【使用教材】
  「事例でわかる伝聞法則」(弘文堂)※各自でご用意ください。
 *講師作成答案(PDF掲載)つき
※[特別編]伝聞法則は、7科目セットには含まれません。


《講師レジュメについて》*PDF掲載(発送はございません。)
◆講師作成答案/参考答案
演習価値が高い問題をセレクトして、講師作成答案または参考答案を提示(各科目につき計10~15問程度掲載しています。すべての問題につき掲載しているわけではありません)。
講師作成答案は、現場で書くことのできる実践的な答案を講師自ら作成。インプットとアウトプットの両面から、合格レベルの答案へアプローチします。
参考答案は、実際の受験生が作成した答案を素材に、評価できるポイント・修正すべきポイントを指摘。合格答案へ至る道筋・伸びシロをより具体的に体感することができます。

◆パワーポイントレジュメ
演習書掲載のすべての問題につき、答案の書き方、事案・論述のポイントとなる事項を簡潔に整理。演習書1冊を1時間、1問5分で復習できるように、基本事項も押さえて、類似・応用問題にも対応できる指針を示す。

 
 

▲画像クリックで拡大表示

\受講された皆様の声をご紹介します♪/
◆書籍の選び方が絶妙
演習書を自分で解いて答え合わせをすることは時間と労力がかかるので、その分を大幅に省略できる点が非常によかったと思います。演習書や基本書の選択が秀逸なのに加えて講義の水準が非常に高く、講義を聴いているだけで実力がついてくるのを実感できました。このような講座を心から待ち望んでいました。本当に感謝しています。
わかりやすさが群を抜いている
秋島講師は、「受験生が答案作成において躓きがちな点、勘違いしやすい点、書き落としがちな点」について熟知されており、講義においてそこを指摘してくださる点が特によかったです。環境により独学せざるをえない受験生でもその部分を知ることができるという点で大変役立ちました。時間内でできるだけ多くの問題を扱ってくださったのも、よかった点です。


{"koza_id":"19A23021"}

このコースで受けられるサービス

{"koza_id":"19A23021"}