真の法律家・行政官を育成する「伊藤塾」
  {} カート
< 予備試験最終合格を目標にスタート >
予備試験は基礎的な部分が重点的に問われます。
順調にいけば、初めての予備試験受験で
論文式試験・口述試験まで進むことも十分可能です。

 
 
 

大学入学前もしくは大学1年生から学習スタートすれば、大学2年で初めての短答式試験に合格、大学3年で2回目の短答式試験とその後の論文式試験・口述試験合格、大学4年での司法試験合格は現実的な目標となります。
予備試験は基礎的な部分が重点的に問われますので、1年目の基礎段階の学習が順調にいけば、初めての予備試験受験で論文式試験・口述試験まで進むことも十分可能ですから、「学習1年目で予備試験合格!」を目指しスタートしましょう。

<大学1年生向け> モデル受講プラン

予備試験2019年合格目標

司法試験(予備試験・難関法科大学院共通)コース 本科生

司法試験までを視野に、難関法科大学院・大学早期卒業・予備試験合格を目指すプラン。
早期学習開始で学部成績アップはもちろん飛び級・特待生(学費免除)合格による法科大学院進学も可能です。

<大学1年生向け> 学習計画

学習計画その1
大学在学中の司法試験合格を目指す

大学1年生から学習を開始すると、大学3年での予備試験合格、大学4年での司法試験合格を目指すことができます。実務で活躍できる法律家になるためには、法律知識はもちろん、法律以外の専門知識や様々な人生経験などの付加価値を身につけることが大切です。大学在学中に司法試験に合格すれば、知識や能力を高めるための時間的余裕が生まれます。
1年生から勉強というと、勉強漬けの学生生活と思われがちですが、実際はその逆。早く始める分だけ、一日にかかる勉強の負担は小さくなり、サークルやアルバイト等との両立が可能となります。

 
 

学習計画その2
大学4年次に公務員試験を目指せる

公務員試験は、司法試験と試験日程がずれているため、大学4年次に司法試験と並んで受験することが可能です。公務員試験も、配点の半分以上が法律科目となるため、早く勉強を開始しているからこそ、多くの方が将来を定める大学3年時点での公務員試験への学習のシフトで、大きなアドバンテージを持って試験や官庁訪問に臨むことができます。
大学の学部試験も、法律科目はもちろん、法律学習で身につけた論理的思考力・表現力によって、法律科目以外も大学1年次から優秀な成績を収めることができるので、どの道へ進むとしても将来の選択の幅が大きく広がります。

 
 


E.Uさん
東北大学法学部3年在学中
<予備試験合格> 

【伊藤塾受講講座】司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練など

予備試験に最終合格し、自分を褒めたいことといえば、大学入学後すぐに勉強を開始したことです。
やはり大学生は自由に使える時間が圧倒的に多いので、在学中に司法試験に合格することが一番楽な道だと思います。
そのため、皆さんにも早期の勉強の開始をお勧めしたいです。

※2016年予備試験合格者の皆様については、司法試験受験直前期のため、
ご本人の学習環境に配慮して、実名・イニシャルでの公表を控えさせていただきます。

その他、伊藤塾生の合格者の声をもっと読む >

まずはイベントに参加する
進路相談・受講相談する
講座に申し込む
この春大学新1年生になる皆様と保護者の方へこの春大学新1年生になる皆様と保護者の方へ