真の法律家・行政官を育成する「伊藤塾」
  {} カート

トップ > 資格・試験一覧 > 司法試験 ( 司法試験予備試験 / 法科大学院 ) > 対策講座案内 > 入門講座特集 > 1年間で予備試験合格をしたい方向けプラン|司法試験入門講座 

<1年で予備試験に最終合格>
短期で予備試験に合格しても、
その後の司法試験を突破しなければなりません。
そのために1年予備合格は元より、
さらに先を見据えた基礎力を培うことが重要です。
◆1年で予備試験に最終合格
短期で予備試験に合格しても、その後の司法試験を突破しなければなりません。そのために1年予備合格は元より、さらに先を見据えた基礎力を培うことが重要です。

 
 
 

1年間で予備試験合格レベルに達するには、基礎知識のインプットと、論文のアウトプットの力の養成を同時に進める必要があります。
中途半端な知識や穴の開いた知識では、たとえ予備試験を通過できたとしても、司法試験で足踏みしてしまうこともあります。
そのため予備試験合格だけではなく、司法試験合格まで見据えて、基礎段階で必要十分な知識・実力を身につけることが、まさに「最短・最速での合格」につながります。

<1年間で予備試験合格をしたい方向け> モデル受講プラン

★予備試験 2020年合格目標 すべてのコース
改正民法 完全対応
 論文マスターに
予備試験過去問 完全搭載

司法試験(予備試験1年合格)コース 本科生

司法試験までを視野に、1年間の学習で予備試験合格を目指すプラン。
十分な学習時間を確保できる方が、学習ペースを保ちながら、短期間で結果を出すための速修カリキュラムです。

司法試験(予備試験1年合格)コース 本科生

※画像クリックで拡大表示されます

学習1年で予備試験最終合格へ

基礎マスターと論文マスターを、並行して学習することにより、予備試験の1年合格を目指すことができます。学習のペースを身につけるための基礎マスター憲法・民法・刑法はライブ講義のスケジュールに添って、その他の講座/科目はWebで進捗にあわせて受講していきます。
予備試験合格から司法試験合格への高い合格率を支える「盤石な基礎」を養う基礎マスターと、上位合格を支える「表現力・論述力」を培う論文マスターで、文字通り最短・最速での司法試験合格への道を開きます。学習期間を短縮する分だけ学習時間の確保は必要となります。集中して短期合格を目指す方や、1年で結果を何としても出したい方にオススメのコースです。

カリキュラムを消化できるか不安な方は… 2年コースからの変更も可能です。
1年合格コースのカリキュラムを消化しきれるか心配な方は、まずは通常の2年コースでスタートすることも一つの手です。
学習初期段階の体系マスター・基礎マスター憲法・民法・刑法を消化しながら、さらに余力があると判断した段階で、2年コースの2年目に行われる論文マスターを前倒しし、結果的に予備試験1年合格コースに切り替えることも可能です。
変更の期限は2019年11月30日までとなります。詳しくは伊藤塾スタッフにお問い合せください。
▼2年コース
司法試験 入門講座 司法試験(予備試験・難関法科大学院共通)コースLinkIcon
(標準2年のカリキュラムで、予備試験合格・難関法科大学院既修者コース合格を目指す王道プラン)

J.Jさん
一橋大学法学部4年在学中

【伊藤塾受講講座】司法試験入門講座本科生、予備試験短答答練など
 

伊藤塾に入塾して初めて受けた予備試験でしたが、ここまで来られたのはひとえに「手を広げ過ぎない」ということを忠実に守れたからだと考えています。
基礎マスター、論文マスターのテキストにある知識の精度をひたすらに上げる。それが単純ではあれど効果的でありました。

その他、伊藤塾生の合格者の声をもっと読む >

司法試験 合格者インタビュー

大学在学中に司法試験に向け学習を開始し司法試験合格を果たしたみなさまや、就職後夢をあきらめられず学習を開始され合格された方へインタビューを行ないました。
法曹を目指したきっかけ、大学生活・アルバイトや仕事との両立、勉強仲間について、実際の勉強時間は?通学派?ネット派? 又、就職についてなど、これから司法試験に向けての学習開始を考えているみなさまにとって、有益な話が満載です。

仕事をしながら合格!司法試験合格者インタビュー


大学在学中合格!司法試験合格者インタビュー



<大岩さん 予備試験に1年合格!>

まずはイベントに参加する
Webで講義を無料体験する
進路相談・受講相談する