2013/7/21 参議院選挙 違憲無効訴訟について

最高裁「違憲状態」判決。一人一票を言及する「違憲無効」意見も!

皆さんも投票に行かれたと思いますが、2013年7月21日に参議院議員選挙が行なわれました。
2010年7月11日(日)に行なわれた参議院選挙に対して、2012年10月17日(水)最高裁で「違憲状態」判決が下されたにも関わらず、相変わらず投票価値の不平等は大きく、鳥取県を1票とした場合、北海道や兵庫県では0.21票分しかない状態でした。
そこで翌7月22日に、歴史的な快挙として全国47選挙区で、選挙の無効を請求する訴訟が提起されました。
 
今までの選挙無効訴訟では、当該選挙区の選挙を無効とすると、当該選挙区からの代表者がいなくなり、かえってかわいそうだということを一つの理由として、違憲状態ではあるが選挙を無効とはしない、いわゆる「事情判決の法理」がとられていました。
この事情判決は憲法98条1項最高法規に反する法理です。
そこで、この事情判決を阻止するため、今回の訴訟では47選挙区の全てで訴訟を提起し、2013年12月、全ての選挙区で「違憲」もしくは「違憲状態」と判断されました。
 
2014年11月26日、最高裁大法廷は、「違憲状態」との判決にとどめたものの、山本裁判官は「一票の価値の平等は,他に優先する唯一かつ絶対的な基準として真っ先に守られるべきもの」として、違憲無効とする、一票の価値に言及した個別意見を出されました。
 
下記リンクより、判決文、骨子、個別意見などが読めます。
最高裁 大法廷 判決文・個別意見 掲載中(一人一票実現国民会議ホームページ 2013年参院選訴訟について)LinkIcon

2013/7/22(月)全国8高裁・6支部で提訴された裁判の結果

裁判所 弁論期日 判決言渡し期日 判決 備考
札幌高裁 2013/9/9 (月)
第2回:10/16(水)
2013/12/6(金) 違憲状態  
仙台高裁 2013/9/20 (金)
第2回:10/25(金)
2013/12/20(金) 違憲状態  
仙台高裁
秋田支部
2013/9/25 (水) 
第2回:10/24(木)
2013/12/26(木) 違憲状態  
東京高裁 2013/9/27 (金)
第2回:10/28(月)
2013/12/20(金) 違憲状態  
名古屋高裁 2013/9/25 (水)
第2回:10/28(月)
2013/12/18(水) 違憲状態  
名古屋高裁
金沢支部
2013/9/17 (火)
第2回:10/24(木)
2013/12/16(月) 違憲状態  
大阪高裁 2013/9/18 (水)
第2回:10/25(金)
2013/12/18(水) 違憲、請求棄却  
広島高裁 2013/9/19 (木) 
第2回:10/21(月)
2013/12/5(木) 違憲状態   
広島高裁
松江支部
2013/9/26 (木) 
第2回:10/24(木)
2013/12/25(水) 違憲状態   
広島高裁
岡山支部
2013/9/12 (木)
第2回:10/22(火)
2013/11/28(木) 選挙を無効とする 
<一人一票判決>
 
高松高裁 2013/9/20 (金)
第2回:10/25(金)
2013/12/16(月) 違憲状態   
福岡高裁 2013/9/13 (金)
第2回:10/21(月)
2013/12/19(木) 違憲状態   
福岡高裁
宮崎支部
2013/9/11 (水)
第2回:10/17(木)
2013/12/20(金) 違憲状態   
福岡高裁
那覇支部
2013/9/11 (水)
第2回:10/17(木)
2013/12/17(火) 違憲状態   
2013年12月26日 14:00現在

・あなたの選挙権は0.6票の価値しかないかも!!?
あなたの選挙権が何票の価値か調べてみましょう。(一人一票実現国民会議ホームページ
・当訴訟の代理人 升永英俊弁護士のブログで最新情報を!(升永ブログ「一人一票」を実現しよう!  )