2018年司法書士試験 合格者座談会
中上級コースの上手な活用法

今日は中上級コース択一合格アドバンス講座択一プログレス演習講座記述式ケーススタディ講座択一実戦力養成答練記述式答案構成力養成答練)を受講して合格されたみなさんにお集まりいただき、中上級コースの上手な活用法と、合格のために重要なポイントをお話いただきました。

宇津木講師と2018年合格者の皆さん

伊藤塾講師
宇津木 卓磨

伊藤美樹さん


山本結加さん


中里裕樹さん

小柳薫さん

高橋啓介さん
司法書士合格者座談会「中上級コースの上手な活用法」実施しました!

中上級コースを受講したきっかけを教えてください

小柳さん:前年度、基準点をクリアしたのに総合点で不合格でした。全体的にバランスよく得点力アップが必要だと思い、短期間で一通り確認できる講座を検討していました。


中里さん:以前はインターネットだけの安価な講座で勉強していました。しかし問題を解いてみると半分も解けませんでした。そこでしっかり勉強しなおそうと中上級コースをペースメーカーとして受講しました。

髙橋さん:入門講座を受講して、その後は独学同然でしたが実力が伸びず、年内から講義と演習があって、自分の学習のペースメイクが出来ると思い受講しました。

中上級コースのなかで印象に残っている講座はありますか

小柳さん:記述対策が苦手だったので「記述式ケーススタディ講座」が役に立ちました。何度も繰り返し勉強していると、似ている論点と自分が出来ていない論点が明確になって自信につながり、試験当日の緊張感が全然違いました。

中里さん:私も「記述式ケーススタディ講座」がよかったです。それまでの勉強では荒削りな覚え方しかしていませんでしたが、試験に重要な基礎の部分が理解できました。

伊藤さん:「択一合格アドバンス講座」のテキストは重要なところが要点的にまとまっていて、講義の中でも重要なところを指摘してくれるので復習がしやすかったです。

髙橋さん:「択一合格アドバンス講座」は講師が重要なところを指摘し、それに加えて自分で何回も間違えるところを強調してマーカーをひきました。試験直前期に、合格に必要な情報をすべて集約出来たのがとてもよかったです。


宇津木講師:合格する方は情報の一元化が得意な方が多いですね。皆さんは情報の一元化を意識していましたか?

伊藤さん:とても意識していました。答練で間違えた箇所はすぐにテキストで確認し、テキストに書き加えて合格に必要な情報を増やしていました。

過去問についてはどのようにして勉強しましたか

伊藤さん:過去問は中上級コースのカリキュラムに合わせて、最初はペースもゆっくり解いていました。年が明け演習が始まってからは、もう少しペースを上げて解きました。過去問とテキストを行ったり来たり繰り返すので必然的にAランクの知識は定着し、自信が持てました。また間違えた箇所は修正しながら確認していきました。


宇津木講師:過去問をあまり解かなかった方はいらっしゃいますか?
 
中里さん:試験直近の1年間は過去問を解きませんでした。過去問は講座の受講で9割位正解できるようになっていましたが、ちょっと形式を変えられると解けず、答練や模試でも半分位しか正解できないときがあり、過去問だけの知識では合格できないと思いました。。過去問は答えを覚えてしまうこともあり、それならば未知の問題を解いたほうが合格に近づくと思いました。

小柳さん:試験直前期は少し過去問を解きましたが、それ以外は暇な時や余力のある時に勉強するくらいでした。私は午後の択一対策を悩んでいて、過去問は自分の解答のスピードを測るために勉強しました。1問を何分で解答できるか、そんな感じでスピード感をあげるために過去問を使って、新しい知識は答練を使って勉強しました。

山本さん:私は主要科目以外を過去問で勉強しました。これは講師のアドバイスでそのとおりにやりました。

宇津木講師:5、6年前であれば、過去問をひたすら解く学習法でもそれなりに効果はありましたが、近年は試験傾向が変わってきて、過去問の勉強だけでは解けない問題も増えてきました。試験傾向を分析すると、過去問が有効な科目と有効ではない科目に分かれてきます。そこで講義では、科目によっては過去問をしっかり勉強することが重要であることをお話しています。

髙橋さん:中上級コースを受講してから実力がはっきり上がったと思います。特に総合力が伸びてきました。今までの勉強で学んできた、基本的な部分が、中上級コースを受講したことで合格レベルに達したという実感があります。

択一式の復習で特に気をつけていたことはありますか。

伊藤さん:やはり情報を一元化することです。自分で気になる箇所は中上級コースのテキストに書き込み、そこにパワーポイントの資料も張り付けました。そうするとテキストに一元化されて、テキストで復習できるので身軽になりました。
 
宇津木講師:そう考えると情報の一元化はとても大事ですね。

伊藤さん:自分でも楽でした。これ見てあれ見てというよりは一元化できてよかったです。勉強していると情報も増えて問題も積み重なっていくので、あれどこだったけ、と考える時間がもったいないです。これだけ見ればすぐにわかるという状況を目指しました。

中里さん:私も情報の一元化は完璧というくらい意識して集約していきました。

合格された今年は去年と何が一番変わりましたか

小柳さん: 今年は「択一合格アドバンス講座」の講義の受け方を変えました。講義は講師の目を見て、言われたことは絶対一文字も漏らさず書き込み、それを帰宅して復習しました。講義中に講師が“ここは覚えてください”と言われたところは講義の中で覚えるようにしました。このように講義中に行うことと、自宅で行うことをうまく分けて勉強しました。受講の仕方を変えると、今まで3時間の授業の復習が、3時間かかっていたのが、半分程の時間で終わり、浮いた時間を他の勉強に充てることができました。

意識としても、来年合格すると決めたので、今までは試験対策として覚えようとしたものを、合格後に実務で必要だから今憶えてしまおうと考えるようになりました。試験対策ではなく、合格後を見据えて勉強したら精神的に楽になりました。

宇津木講師: 山本さんはどうですか。


山本さん: 最後まで合格するという自信はもてず、総合点ぎりぎりかなという気持ちでした。年末までプライベートの予定を入れて、もし不合格だったらそのせいにしようと・・(笑)
でも成績は“爆発的にあがったな”という感じがしていました。

宇津木講師: 講義を受講して、それを復習しただけで爆発的に伸びたのですか?

山本さん: 効果的な復習の仕方はよくわかりませんでした。いつもライブ講義を受講して、翌日にインターネットでもう一回受講するのが私の復習方法でした。あまり意味がないのでは、と言う人もいましたが(笑)。
ライブ講義中、理解できなかったり、書き込みできなかった箇所を二度目の受講で確認していました。ほかに何をしていいかわからなかったので、次に何をやればいいか、講師に毎回お聴きしていました。


宇津木講師: 講義はあくまで一つの背中を押す手段なので、そのさきは人それぞれですから各自が効果的な学習を考えていけばいいのです。でも復習は必須ですよ。
 
伊藤さん: 今年受講した「択一合格アドバンス講座」は本当にメリハリがついていたので、やらなくてよいところと、絶対に憶えるところがはっきり分かりました。講師が、“受験生がここはよく間違うから”と丁寧に説明し、“ここを重点的にやればよい”と言ってくれるので精神的に楽になりました。講義は1回だけ聴いて、後はテキストだけで復習をしていましたが、復習がやりやすい講義の構成だと思いました。

宇津木講師: 嬉しいですね。

髙橋さん: 今年は情報の一元化に行きつきました。講師がマーカーと言われたところと、自分が間違ったところを確認すると、情報がかなり絞られました。講師が重要と言うところと、自分の得手不得手で絞っていけば、試験直前期にそこだけを繰り返せば合格できると思いました。結局、講義がそこに繋がっていったような気がします。

中里さん: 私も同じですが、合格するための情報量が多いので、講師が合格に必要と範囲を指定してくれたところを集中して勉強しました。ここは参考程度と言われたところは、読み飛ばしたこともありました。そうすると精神的にだいぶ楽になりました。メリハリをつけて、情報を絞り込めたところは昨年と明らかに違いました。

山本さん: 勉強の仕方が分からなかったので、講師に質問してやるべきところを全部教えてもらいました。復習のしかたも言われたとおり行い、それが終わったら、次は何をしたらよいか聴くとまた別の方法を示してくれました。そのようにして言われたことをひたすらまじめに勉強したら合格していた、という感じです。

宇津木講師: 嬉しいですね。やはり合格していく方は素直に学習法等のアドバイスを聴いてくれる方が非常に多いです。

それでは最後に今勉強している人たちに一言お願いします

伊藤さん: 淡々と勉強を続けることが大事だと思います。スランプもありますが講師が言うように“仕事”と思って習慣のようにこなす。その継続が毎日積み重なって合格したのだと思います。

中里さん: 情報の一元化と繰り返し学習が王道だと思います。繰り返し学習は多少分からなくても、最後まで通して勉強することが大切だと思います。1回最後まで繰り返すと次からは楽になります。

小柳さん: 辛い時期があって、自分には無理だと思っていましたが、無事合格しました。今、苦しんでいる人も、方法論か、勉強法か、何かで躓いているので講師に相談をして修正すれば必ず合格に繋がっていきます。

髙橋さん: 合格者にはそれぞれ自分の勝ち方があります。それぞれ違うのでその人なりの方程式を見つけるということが大事です。それはやはり継続していかないとわかりません。しかしそれを見つけられれば、あとは流れに沿って勉強すれば合格できます。

山本さん: 受験回数が多くなった人には、頑固な人、頑なに拒む人が結構いらっしゃいます。でも講師に言われた事を信じてやってみてもいいと思います。合わなければ修正すればいいし、講師に言われたとおりで、私でも合格できたのでがんばっていただきたいです。

宇津木講師:みなさん、今日は貴重なお話ありがとうございます。入門段階の次の講座として中上級コースを担当していますが、みなさんが私の講義を受講して、自分なりにアレンジして勉強して合格されました。共通点も多くありましたので、これから合格される方も参考にしていただけると幸いです。

学習経験者の方

2020年合格目標
司法書士中上級講座

初めて法律の学習を始める方

2021年合格目標
司法書士入門講座

合格体験記冊子版を資料請求
受講相談する
受講相談する