高齢化に伴う社会問題に司法書士は必要な存在。
合格すれば失敗や苦労は大きな武器になる

M.Nさん(30代)

◆受験回数 5回
◆主な受講講座
入門講座》入門講座本科生(山村クラス
中上級講座》中級コース、演習コース
直前対策講座》プレ模試、全国公開模擬試験

私はこうして司法書士を目指す決意をしました

就職して働く中で独立を意識しはじめた折に司法書士という資格を知りました。そして、司法書士の仕事ついて調べると高齢化に伴う社会的な問題や予防法務に携われることに魅力を感じ、目指そうと思ったのがきっかけです。伊藤塾を選んだ理由は、司法試験に強い受験指導校だったため、同じ法律専門職の司法書士試験にも強いだろうと思ったからです。

伊藤塾を活用した学習方法

択一の勉強方法は多くの合格者が言及する通りの単純なものでテキストと過去問の往復です。言い方を変えればこれ以上のことは働きながらの勉強ではできないと思っていましたし実際できませんでした。時間がない中で効率よく合格するためには自分に合ったテキストを繰り返すことが合格への近道になると思います。基準点を超えるだけであればテキストだけで誰でも可能だと思いますが、上乗せ点勝負の試験傾向からするとプラスアルファの知識を答練などで仕入れていかないと難しいと感じていましたので、合格した年はプラスアルファの知識を積極的に修得しようと努めていました。
記述の勉強方法の中心は雛形の修得です。雛形が書けるようになっていることを前提として、午後は時間との戦いになります。時間に追われる中でも正確に答案を完成させなければならず、やはり答案構成が重要になってきます。この答案構成は、山村拓也講師のものを参考に、答練などで時間内に解答するために必要最小限のものに実践しながら改良していきました。合格するためにはさらにミスをしないための工夫が必要で、答練や模試の注意書きをどうやって答案に反映させるかということを意識しながら取り組みました。この点は失敗しながら改善していくしかないと思います。前年の注意書きを覚えておけば本番で違うところだけに集中できると言われることもありますが、覚えるまではいかなくてもある程度頭に入れておいたほうがミスが減るのは事実だと思います。0.5点を貪欲に取りに行くという意味においては非常に有用で、模試や答練を通して本試験を見越した準備をすることができました。こういったことができるのは模試や答練が本試験に近い内容だからできたのだと思います。

不安や疑問の解消とモチベーションアップ

学習においての一番の不安は合格に近づいているのかが目に見えないということです。この点に関しては答練での想定基準点や模試の合格推定点を上回っているのかでしか判断できないため、あまり考えすぎないようにして淡々とやるべきことに集中するしかありませんでした。そうやっているうちに模試で合格推定が得られると自信がついてやる気がさらに出てきました。結局合格に近づいているという実感が得られれば続けることに苦痛は感じなくなると思いますので、うまくいかない原因を自分なりに分析してそれをなくすために行動していくしかないのではないでしょうか。

伊藤塾の各講師についての感想・各講師へのメッセージ

山村拓也講師

初級講座の時に答案構成のやり方を教えていただけたのは非常に大きかったと思います。記述が得意になれたのは山村講師のおかげです。連想と検証など最初のうちはよくわからなくても合格が近づいてくるとその大切さが身に染みて理解できるようになりました。

北谷馨講師

択一で伸び悩んでいた時に光が見えたのは講座テキストのおかげです。また説明もわかりやすくて講義を通じて理解が深まりました。質問受け件数3万件以上は伊達ではないと思います。

自身の受験経験を踏まえた、成功例、失敗談など

学習開始時の失敗は復習をしなかったことと過去問をただ解いたにとどめてしまったことです。過去問は肢別に全て判断できるまでやりこむべきだと思います。そのうえでテキストに戻って繰り返すことが王道だと気づくのに時間がかかってしまいました。また、上乗せ点のために必要な範囲で手を広げることも積極的に行っておくべきでした。守るところと攻めるところのメリハリを利かせて学習することが司法書士試験攻略の肝だと思います。

現在学習中、またこれから学習を始める方へのメッセージ

働きながら合格を目指す場合は、時間が限られているため当然ですが、何かを犠牲にしなければなりません。それは合格するまでマイナスの感情となるかもしれませんが、合格してしまえば取るに足らないことになります。失敗したことで得られた知見を次に活かすことができたらそれは大きな武器になると思います。行動することでしか結果は変えることができないということは自明の理ですから、日々自分ができる精一杯の努力をして合格した瞬間のうれしさをぜひ皆さんも味わってください。