つらい時も、忙しい時も、少しでもやり続ける!
努力の積み重ねで確実に合格できる試験です

H.Kさん(50代)

◆受験回数 3回
◆主な受講講座
入門講座》入門講座本科生(山村クラス
中上級講座》中上級コース、演習コース

私はこうして司法書士を目指す決意をしました

大学時代から卒業して数年間、旧司法試験の受験を続けていました。しかし、なかなか合格できず、20代までと決めていたので、29歳の時に、司法試験はあきらめて一般の会社に就職しました。
その後、結婚や子育ての日々を過ごしていましたが、子どもも大きくなり、自分の時間を持てることになり、また、長年の夢であった法曹の勉強をしたいと考え、資格試験の勉強をはじめました。そして、宅建、行政書士に合格し、次は司法書士を目指すという決意で勉強をはじめました。

伊藤塾を活用した学習方法

①入門講座に関して

2015年11月の行政書士試験の終了後、司法書士試験の勉強のため受験指導校を探しました。インターネットなどで、他の大手受験指導校も含めてガイダンスを聞いて比較検討しました。その中で、山村拓也講師のガイダンスにおけるわかりやすさと熱意を感じて、この講師の講義を受けたいと思い、伊藤塾に2015年12月に入塾しました。その時はすでに、2016年度目標の講義は進んでいたため、Web受講に決めました。実際に勉強をはじめたのは2016年1月からで、試験まで半年しかないため、マイナー科目を除いた科目をやり遂げることを考え、2016年の試験にお試し受験として臨みました。試験の後、「入門講座」の1年間のネット更新制度を使い、全て聞き終えることができました。
私はフルタイムの会社員であったため、時間が十分とれないので、「入門講座」は、山村講師の講義を聞いて、その講義部分をすぐに復習し、また講義を聞き、復習というスタイルでした。この時期は、手を広げず、山村講師から言われたことのみを続けるということが大事だと思います。

②中上級講座に関して

2017年の試験では、午前・午後とも基準点に1点届かない結果であり、勉強方法を見直す必要性を感じました。同じものを何度も繰り返すことでしか知識は定着しないと思っていましたので、コンパクトなテキストで講義回数も短く何度も繰り返せる講座はないかと考えていたところ、宇津木卓磨講師の「中上級コース」のガイダンスを聞き、カリキュラムをみてこれだと思い、2017年の「中上級コース」を受講しました。宇津木講師の講義はポイントをついて、非常にわかりやすく、また、パワーポイントレジェメも有効なツールとなりました。私は、パワーポイントレジェメは全て切り抜いてテキストの該当部分に貼りつけ、何度も見返しました。テキストもコンパクトで復習がしやすく、20回位はテキストを確認しました。

③「演習コース」に関して

はじめは、記述式の書き方が全くわからない状態でしたが、山村講師の答案構成の書き方を学び、その答案構成を最後まで続けて、記述式を安定して得点がとれるようになりました。やはり、ひとつの型を学び、それを自分流にアレンジしてやり続けることにより実力がついてくると思います、やり続けることで、次第に自分の型がまとまっていき、点数が安定化すると思います。

不安や疑問の解消とモチベーションアップ

私はフルタイムの会社員であったため、いかに時間を作りだすかを考えました。やはり仕事終わりは疲れて集中もできなくなってしまうため、朝の時間を有効活用しました。毎日4時30分に起床し、すぐに家を出て、近くのファミリーレストランで会社にいくまで勉強しました。歩いている間や通勤でバスなどに乗っている間も、周りに気をつけながら勉強をつづけました。時間は自分で作るものですので、特に会社員の方は、自分の生活スタイルの中で勉強できる時間はどこかということを良く考えて、場合によっては生活スタイルの見直しも必要だと思います。

伊藤塾の各講師についての感想・各講師へのメッセージ

宇津木卓磨講師

私が合格できたのは、宇津木講師の「中上級コース」を受講したことが大きいと思っております。メリハリの効いたわかりやすい講義とレジェメを使った説明など、何度もなるほどと思ったことを記憶しております。大変ありがとうございました。また、テキストもコンパクトで復習もしやすく、特に社会人の方におすすめの講座だと思います。

山村拓也講師

「入門講座」と「記述式答案構成力養成答練」でお世話になりました。山村講師の情熱をもった講義で、また山村講師の話し口調がすごく聴きやすく、特に初心者の方にとっておすすめの講座だと思います。いつも受講生の気持ちに寄り添って頂いて、大変ありがとうございました。

現在学習中、またこれから学習を始める方へのメッセージ

この試験は、努力の積み重ねで確実に合格に近づける試験です。その意味で、つらい時でも、忙しい時でも、少しずつでもやり続けることが一番大事だと思います。
特に社会人の方は、日常の仕事でいろいろあると思いますが、自らの成長や目標につながることができ、勉強ができるありがたい環境にいることを感謝しながら、少しずつでも続けることが大事だと思います。